4月24日O.A. 「光」宇多田ヒカル

今朝は宇多田ヒカル「光」をお届けしました。
今からちょうど10年前、2002年のこの季節にヒットしていたこの曲。

2002年の4月の出来事を振り返ってみますと、
4月21日にフランス大統領選が行なわれました。
しかし、過半数を獲得する候補者がいなかったため
シラクとルペンの上位2名による決選投票が5月5日に行なわれ
シラクが再選をはたしました。

今年もおとといの投票によって
1位のオランド候補と2位の現職サルコジ大統領で
決選投票が行なわれることになりました。

ちなみに今の選挙制度になってから第一回目の投票で
現職の大統領が2位だったことは初めてのことです。
決選投票での逆転はあるのでしょうか?

果たして「光」はどちらに射すのでしょうか?

2012.04.24

4月23日O.A. 「Waterfalls」TLC


(iTunes)

今朝は1994年にリリースされたTLCの「Waterfalls」をお届けしました。

今朝の東京・半蔵門の空は雲がかかっていて雨が降っています。
今日みたいな天気の日にぴったりな曲ですね。

この曲は1994年にリリースされたアルバム「クレイジーセクシークール」からの3rdシングル。
「派手なものを追いかけないで堅実に生きよう」というメッセージを歌ったこの曲は
全米チャート7週連続1位、アルバムは全米で1000万枚以上のセールスという大ヒットを記録しました。

同じ1994年、日本で何が起こっていたかというと、相変わらず、政権が荒れていました。
細川護煕 → 羽田孜 → 村山富市と1年間で3人も首相が代わっています。

現在も政権は先行きが不透明ですが、日本は変わらなくてはいけない時を向えています。
私たち、ひとりひとりの生き方が問われている今、この「Waterfalls」に込められている
「派手なものを追いかけていないで堅実に生きよう」というメッセージは身にしみます。

2012.04.23

4月20日O.A. 「つつみ込むように」MISIA

今朝は1998年リリースされた
MISIAのデビューシングル「つつみ込むように」をお届けしました。

雨上がりの情景を歌ったこの歌のように
晴れたり雨が降ったり不安定な天気が続いています。

「春に三日の晴れなし」という言葉もあって、
今は、気圧が混ざり合い、天気が変わりやすい季節です。

ちなみに今日は二十四節気で言うと「穀雨」。
穀物を育成する雨が降るという意味で、
農村では種まきなどをはじめるのにちょうどいい時期で、
農作業の目安にもなっています。

日本にはたくさんの季節感のある言葉や情景があります。

「穀雨」の後は「立夏」。雨が去ったら夏が近いですね。

2012.04.20

4月19日O.A. 「Let yourself go, Let myself go」Dragon Ash

今朝は、1999年にリリースされた
Dragon Ash「Let yourself go, Let myself go」をお届けしました。

今から13年前のこの季節にヒットしていました。

1999年の4月の出来事を振り返ってみますと、
西部ライオンズ入りした松坂大輔投手が、プロ初登板で初勝利。
現在プロ14年目。

同じく今年14年目を迎えるのが石原慎太郎都知事。
都知事選に初当選したのがこの年の4月11日でした。

そんな新しい風を感じた春。
音楽界に新風を吹き込んだのが、Dragon Ash。
ラップ・ヒップホップの要素を取り入れたミクスチャーサウンドが新鮮でした。

2012.04.19

4月18日O.A. 「Love Love Show」 THE YELLOW MONKEY


(iTunes)

今朝は、1997年にリリースされた、
THE YELLOW MONKEY「Love Love Show」

1997年はFUJI ROCK FESTIVALの第一回目が開催された年でもあります。
FUJI ROCKの第一回目は、台風による豪雨で
二日目が中止になったほど大変なイベントとなりました。

そんな中、YELLOW MONKEYは初日に出演。
豪雨のためか観客の反応は良く無く、吉井さんは後に自伝の中で、
解散の理由の何パーセントかは「FUJI ROCKの挫折感」と語っています。

カラオケの定番ですよ。盛り上がりますよね!
この曲は吉井さんが作っているんですけど、
本当にカラオケで歌われることを意識したナンバーだそうです。

名曲ですね。 解散しても、こうした名曲は歌い継がれています!

2012.04.18

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 299 | 300 | 301 | 302 | 303 || Next»