日曜アートサロン和錆  Every Sunday 6:00-6:30

この番組は、毎週さまざまなゲストをお迎えして、
アートと過ごす幸せなひと時について、お伺いします。

supported by 朝日電機株式会社

TOKYO FM

  • mixiでシェアする
2017.04.28
4月30日、5月7日のゲストは、誰とでも3分でうちとけるコツを武器に、お茶の間のチアリーダーとして大活躍中のタレント・女優の鈴木あきえさんをお迎えしてお話を伺っていきます。
どうぞお楽しみに。




【ゲスト情報】

「鈴木あきえオフィシャルブログ「エンガワとさつまいも」」
  • mixiでシェアする
2017.04.23
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、先週に引き続き、漫画家でコラムニストの辛酸なめ子さんです。



【辛酸なめ子】
1974年東京都生まれ、埼玉県育ち。漫画家、コラムニスト。
芦田愛菜の受験で一躍注目を集めた名門校、女子学院中学校・高等学校を経て、
武蔵野美術大学短期大学部 デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。
学生時代から多彩な活動を始め、マルチメディア作品にも早くから取り組む。
テレビ・ラジオにも出演し、独特の語り口で現代社会を斬る。
これまでの著書に『女の人生すごろく』『開運修行』『女子校育ち』
『妙齢美容修行』『諸行無常のワイドショー』
『大人のコミュニケーション術 渡る世間は罠だらけ』ほか多数。
抜群の取材力とオリジナルの視点で様々なジャンルの事象や人間の性に迫り、問題提起する、自称“メディア・アクティビスト”でもある。



今週は、最新著書『あの世の歩き方』の”読み方・使い方”について伺いました。
また、死後の世界を実際に見てきた人や、研究されている人に会って
取材されてきた辛酸なめ子さんに「あの世」とはどんな場所なのか、教えていただきました。

【ゲスト情報】

「辛酸なめ子 公式ツイッター」

「次元上昇日記 辛酸 なめ子 - 幻冬舎plus」

「辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」 - マキノ出版」

次回は、誰とでも3分でうちとけるコツを武器に、お茶の間のチアリーダーとして大活躍中の鈴木あきえさんをお迎えしてお話を伺っていきます。
どうぞお楽しみに。
  • mixiでシェアする
2017.04.16
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、漫画家でコラムニストの辛酸なめ子さんです。



【辛酸なめ子】
1974年東京都生まれ、埼玉県育ち。漫画家、コラムニスト。
芦田愛菜の受験で一躍注目を集めた名門校、女子学院中学校・高等学校を経て、
武蔵野美術大学短期大学部 デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。
学生時代から多彩な活動を始め、マルチメディア作品にも早くから取り組む。
テレビ・ラジオにも出演し、独特の語り口で現代社会を斬る。
これまでの著書に『女の人生すごろく』『開運修行』『女子校育ち』
『妙齢美容修行』『諸行無常のワイドショー』
『大人のコミュニケーション術 渡る世間は罠だらけ』ほか多数。
抜群の取材力とオリジナルの視点で様々なジャンルの事象や人間の性に迫り、問題提起する、自称“メディア・アクティビスト”でもある。



今週は、”あの世”……死後の世界にまつわるお話を伺いました。
日曜の早朝からあの世の話…なかなか画期的な内容になっています。

怪談蒐集家でプロデューサーの寺井広樹さんと辛酸さんの共著、『あの世の歩き方』。
死後の世界に関する最新研究について、スペシャリストたちへの取材をもとにまとめた1冊をお持ちいただき、お話を伺って行きました。

【ゲスト情報】

「辛酸なめ子 公式ツイッター」

「次元上昇日記 辛酸 なめ子 - 幻冬舎plus」

「辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」 - マキノ出版」

次回も引き続き、漫画家でコラムニストの辛酸なめ子さんをお迎えしてお話を伺っていきます。
どうぞお楽しみに。
  • mixiでシェアする
2017.04.14
4月16日、23日のゲストは、漫画家でコラムニストの辛酸なめ子さんをお迎えしてお話を伺っていきます。
どうぞお楽しみに。




【ゲスト情報】

「辛酸なめ子 公式ツイッター」

「次元上昇日記 辛酸 なめ子 - 幻冬舎plus」
  • mixiでシェアする
2017.04.09
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、先週に引き続き、マンガ原作者・コラムニストの早川光さんです。



【早川 光(はやかわ・ひかり)】
1961年東京都新宿区生まれ。マンガ原作者、コラムニスト。
24歳にして『すし 江戸前を食べる』を上梓して以来、
『鮨 水谷の悦楽』『日本一江戸前鮨がわかる本』など鮨関連の著書多数。
原作を手がけた漫画『江戸前鮨職人きららの仕事』は熱狂的なファンを獲得し、テレビドラマ化もされて話題になる。
また、BS12では『早川光の最高に旨い寿司』のナビゲーターをつとめ、
今、最も鮨に精通した書き手として、おもに江戸前鮨の案内人として活動中。
そのほか食に関するマンガの原作者として、『ダシマスター』『アントルメティエ』などを手がけている。



今週は、早川さんがお鮨に魅了されたきっかけについて伺いました。
さらには、鮨屋初心者の方に向けて、お店選びをするときの基準、ポイントなど基本を教えていただきました。

【ゲスト情報】

「早川光のブログ」

次回は、漫画家でコラムニストの辛酸なめ子さんをお迎えしてお話を伺っていきます。
どうぞお楽しみに。
  • mixiでシェアする
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || Next»

to top