日曜アートサロン和錆  Every Sunday 6:00-6:30

この番組は、毎週さまざまなゲストをお迎えして、
アートと過ごす幸せなひと時について、お伺いします。

supported by 朝日電機株式会社

TOKYO FM

  • mixiでシェアする
2017.02.26
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、先週に引き続き、篠笛奏者のことさんです。





【こと】
篠笛・神楽笛奏者。広島市出身。 
北広島町 苅屋形神楽団の団員である父親の影響を受け、 
5歳から神楽笛を始め、15歳で苅屋形神楽団に入団。 
以来、県内各地での神楽競演大会にて数々の賞を受ける。 
19歳から篠笛を独学できわめ、和楽器奏者との共演のみならず、
ピアノやギターなど様々な楽器とのコラボレーションを展開。
日本の伝統音楽や童謡のほかオリジナル曲の制作・演奏にもとりくみ、
昨年リリースしたオリジナルアルバム『Evolution』では、篠笛の新たな可能性を追求し、注目を集める。
また、自身のオリジナルアルバムをリリースする一方で、ジャンルを超えたイベントでの演奏にも多数参加。
夏川りみや二階堂和美のアルバムや映画の劇中音楽、
ゲーム・アニメ音楽にも携わり、話題を集める。
現在、東京を拠点に国内外にて独自のスタイルで活動を続けている。



今週は、昨年秋にリリースしたアルバム『Evolution』のプロモーションビデオ撮影の裏話や、海外での篠笛演奏経験の話など、篠笛の魅力について存分にお話を伺いました。


【ゲスト情報】

「篠笛奏者 こと の ホームページ」


次回のゲストは、デザイナー・クリエイターの平野傑さんをお迎えしてお話を伺っていきます。
どうぞお楽しみに。
  • mixiでシェアする
2017.02.19
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、篠笛奏者のことさんです。





【こと】
篠笛・神楽笛奏者。広島市出身。 
北広島町 苅屋形神楽団の団員である父親の影響を受け、 
5歳から神楽笛を始め、15歳で苅屋形神楽団に入団。 
以来、県内各地での神楽競演大会にて数々の賞を受ける。 
19歳から篠笛を独学できわめ、和楽器奏者との共演のみならず、
ピアノやギターなど様々な楽器とのコラボレーションを展開。
日本の伝統音楽や童謡のほかオリジナル曲の制作・演奏にもとりくみ、
昨年リリースしたオリジナルアルバム『Evolution』では、篠笛の新たな可能性を追求し、注目を集める。
また、自身のオリジナルアルバムをリリースする一方で、ジャンルを超えたイベントでの演奏にも多数参加。
夏川りみや二階堂和美のアルバムや映画の劇中音楽、
ゲーム・アニメ音楽にも携わり、話題を集める。
現在、東京を拠点に国内外にて独自のスタイルで活動を続けている。



今週は、ことさんが篠笛に出会ったきっかけや、篠笛の魅力、アルバム『Eevolution』についてお話を伺いました。
さらに、スタジオでは篠笛の生演奏も披露していただきました。
篠笛界に革命を起こす若き演奏家・ことさんに、篠笛の奥深い世界をご紹介いただきました。

【ゲスト情報】

「篠笛奏者 こと の ホームページ」


次回も引き続き、篠笛奏者のことさんをお迎えしてお話を伺っていきます。
どうぞお楽しみに。
  • mixiでシェアする
2017.02.17
2月19日、26日のゲストは、篠笛奏者のことさんをお迎えしてお話を伺っていきます。
どうぞお楽しみに。




【ゲスト情報】

「篠笛奏者 こと の ホームページ」
  • mixiでシェアする
2017.02.12
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、先週に引き続き、美術史家で東京造形大学教授の池上英洋さんです。





【池上英洋】
美術史家。東京藝術大学卒業、同大学院終了。
その後、イタリアのボローニャ大学、アメリカ、香港などで研究を重ね、
現在は東京造形大学で教授を務める。
レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめ、中世からバロック時代の芸術家の分析を通じて、杜会構造や思想背景を明らかにする方法に定評がある。
『ダ・ヴィンチの遺言』、『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界』ほか、著書多数。
テレビ出演や講演を通じて、イタリアを中心とする西洋美術史、文化史をわかりやすく解説。
さらに、2007年には『レオナルド・ダ・ヴィンチー天才の実像』展での日本側監修や、現在公開中のドキュメンタリー映画『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』のレビュー執筆など、幅広いジャンルで活躍している。




今週は、レオナルド・ダ・ヴィンチを語る上で欠かせない作品を紹介していただきました。
そして、美術史家という仕事を通じて、池上さんが”伝えたいこと”、”絵画鑑賞の楽しみ方”について伺いました。


【ゲスト情報】

「池上英洋の第弐研究室」公式ブログ


ドキュメンタリー映画『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』は絶賛公開中です!
映画『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』公式サイト

次回は、篠笛奏者のことさんをお迎えしてお話を伺っていきます。
どうぞお楽しみに。
  • mixiでシェアする
2017.02.05
「日曜アートサロン 和錆」では、毎週さまざまなゲストをお迎えして
”アートと過ごす刺激的なひととき”について語っていただきます。

今週ゲストにお迎えしたのは、美術史家で東京造形大学教授の池上英洋さんです。





【池上英洋】
美術史家。東京藝術大学卒業、同大学院終了。
その後、イタリアのボローニャ大学、アメリカ、香港などで研究を重ね、
現在は東京造形大学で教授を務める。
レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめ、中世からバロック時代の芸術家の分析を通じて、杜会構造や思想背景を明らかにする方法に定評がある。
『ダ・ヴィンチの遺言』、『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界』ほか、著書多数。
テレビ出演や講演を通じて、イタリアを中心とする西洋美術史、文化史をわかりやすく解説。
さらに、2007年には『レオナルド・ダ・ヴィンチー天才の実像』展での日本側監修や、現在公開中のドキュメンタリー映画『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』のレビュー執筆など、幅広いジャンルで活躍している。




レオナルドの魅力と謎に迫ったドキュメンタリー映画『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』が現在公開中。
今週は、そんな話題の映画をさらに楽しむための特別講義を開催しました!

映画の魅力を伝えてくれたのは、一枚の絵に恋をしたのがきっかけで美術史家への道を志したという池上英洋さん、レオナルド・ダ・ヴィンチの奥深い世界の迷宮案内をしていただきました。


【ゲスト情報】

「池上英洋の第弐研究室」公式ブログ


ドキュメンタリー映画『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』は絶賛公開中です!
映画『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』公式サイト

次回も引き続き、美術史家で東京造形大学教授の池上英洋さんをお迎えしてお話を伺っていきます。
どうぞお楽しみに。
  • mixiでシェアする
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»

to top