木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

Flowからのお知らせ

  • みなさ〜〜ん!いっぱいお知らせで〜〜す!!

    ★現在、無料動画配信サービス「GYAO!」では、「 One and Only 」MusicVideo short ver.が公開中です!
    ぜひ、ご覧ください!

    サンセットベンチ」MusicVideo short ver.も絶賛公開中です!
    こちらも、ご覧ください!

    ★「 木村さ〜〜ん!特ば〜〜ん!2 」もチェックお願いします!

    ★さらに、GYAO!では「木村拓哉 特集」ページもあります!
    こちらもぜひぜひ、ご覧ください!

    ★拓哉キャプテンのライブツアーも決定!

    東京大阪ライブツアー
    TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow 」開催決定!

    ■2/8. 2/9 国立代々木競技場 第一体育館
    ■2/19 .2/20 大阪城ホール

    さらに追加公演が決定!

    ■2/11(祝・火)国立代々木競技場 第一体育館


    さて今回のFlowは……

    拓哉キャプテンと“親交”のある方から“はじめまして”な方まで、
    様々なステキなゲストをお迎えしてお送りする「Flow」!

    今月のゲストはアルバム『Go with the Flow』にも参加していただきました、槇原敬之さんが登場!
    今回は槇原さんが音楽を志したきっかけをお伺いします!

    そして!!
    「Flow」と「木村さ〜〜ん!」の番組公式ツイッター「@flowsaaaan」がスタートしました!
    ハッシュタグ「 #フロウさん 」を使って、
    番組の感想や木村さんにやってほしい事などを呟いて、みんなで繋がりましょう!

    そして!そして!
    TOKYO FMをキーステーションに全国38局ネットでお送りしているFlow!
    各局、地方の名物D.Jやパーソナリティーとも電話で「トークセッション」をしたいと思います!
    「うちの地方には、こんな名物ラジオDJがいる!」
    「拓哉キャプテンと是非話して欲しいラジオパーソナリティーがいる!」などなど、みなさんからの推薦も“メール”でお待ちしています!

ON AIR REPORT

2020年01月12日

Flow 第七十六回目「拓哉キャプテン × 槇原敬之」Part1

今月のゲストは、シンガーソングライターの槇原敬之さんです。

槇原さんは、昨年10月にデビュー30周年! 数々のヒット曲を世に送り出してきたへヒットメイカー!
先週リリースされたキャプテンのソロアルバム『Go with the Flow』に収録された楽曲、『UNIQUE』の作詞・作曲・編曲として携わっています。


木村:先週リリースさせていただいた、僕のアルバム『Go with the Flow』に楽曲を提供くださいまして、ありがとうございます!

槇原:こちらこそ、楽しかったですよ。
歌うことは視野にあったわけですよね?

木村:最初はなかったですね。

槇原:歌うことに関してはイヤだなとか、なかったわけじゃないですか。

木村:歌番組などに出演させてもらった時に、それこそ槇原さんとご一緒させていただいたFNS歌謡祭とか、ミュージックステーションとか
そういうところに自分たちが行った時に、槇原さんがいたり、B'zがいたり、“本物じゃん!”っていう(笑)。

槇原:ちょうど良かったから言っておくけど、僕らは僕らでSMAPを見て、“本物じゃん!”って(笑)。
テレビの人としては達人なわけですよ、しかもFNSは歌謡祭だからみんな思っていましたよ。
話が脱線しちゃうけど、僕は木村拓哉っていう男に感謝しているんですよ。

木村:なんでですか?

槇原:紅白歌合戦で、「世界に一つだけの花」を歌う時に呼んでもらったんですよ。
本来なら、あれはSMAPの曲なので僕は呼んでもらう必要もなくて、職人的に曲を作っていて、それを発表するのがライブだったりするので…テレビって、様子が分からないんですよ。

木村:はい。

槇原:だけど、その時に北島三郎さんの背中を見ながらまごまご歌っていたら、キムタクさんが来て、僕の背中を押して「行こう!」と言って、前に出してくれたんですよ。そのときに“良いやつだな〜”と思って、泣きそうになっちゃったよ(笑)。
自分も、“これ、俺が書いてるんだぜ!”っていう感じではないので、だから、あれをやってもらって僕の中では伝説ですよ。
「木村拓哉は言いやつだよ」って、言いまくってるの(笑)御礼を言いたかったんですよ。

木村:いやいや、そんなそんな(笑)。

槇原:SMAPがテレビ出て歌うなんて“むしろ輝くよね!”って思っていたんですよ、踊りだってできますし。

木村:そうですかね、踊りは…なんちゃってで踊っていましたけど(笑)。

槇原:踊れるっていうのも、僕らからしたら華があるんですよ。
突然華がない僕らがFNS歌謡祭に呼ばれて、どうしたら良いかな?っていう中で燦然と輝くわけですよ。

木村:そんなことないですよ。

槇原:ドラマ、映画を観ていて“本当にすごいな”という流れでのアルバムっていうのは、機を待っていたのかねっていう話になって、錚々たるメンバーが書いているじゃないですか?

木村:いや、そのうちの1人ですから(笑)。
僕もこの場を借りて、クレームでも何でもないんですけど、“待ってくれよ”って思ったのが、皆さんが“こうやって歌ってみれば?”っていうデモみたいなのが届くんですけど
みんな本人が歌ってくれているから、完成品が届くんですよ(笑)。届いた本物を、俺のフィルターを通して大丈夫なのかな?っていうのが、自分の中でありましたね。

槇原:全然大丈夫ですよ。みんな、木村拓哉の声を頭に描いて作っているんだけど、稲葉さんなんか特にそうですけど、デモテープでどうしても稲葉さんになっちゃうだけの話しで、それで良いんですよ。僕もそうですもん。

木村:そうなんですか。

槇原:ずっと歌ってらっしゃる方だったら、頭の中にその人の声に置き換えて作ったりします。
本来なら、僕に依頼してくるわけだから、僕の節が炸裂してるものが欲しいのかな? とも思うんですけど、これが微妙なところもあって、僕が歌うから成立する感じっていうのもあるんですよ。

木村:うんうん。

槇原:だから、極力、人に書くときはそれを排除しないと、その人の魅力が出なくなってしまったりとか…そういう場合もあるということを数年間で学び、“これは木村拓哉が歌う”前提で、というのはけっこう頭の中にありますね。

M1. UNIQUE/木村拓哉

続きをみる

top_back