木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2019年01月27日Flow 第二十六回目「拓哉キャプテン × LOVE PSYCHEDELICO」Part2

今週ゲストにお迎えしたのは、先週に引き続き、LOVE PSYCHEDELICOのおふたり!

結成から20年以上の活動の中で、2人の間でどんな変化があったのか!?
キャプテンが、じっくりとお話を伺いました!


木村:ギターは何本持っているんですか?

NAOKI:30本…くらいかな?

KUMI:アコギも入れたら、40〜50本くらいあるんじゃない? マンドリンとかバンジョーも入れると。
私は20本くらいかな。

木村:すげーな(笑)。

KUMI:でも、レコーディングで使う用とか、ツアーに行く用とか、そんな多い方じゃないよね。

木村:話してる感覚、スニーカーですよね(笑)。
海外でも、香港、上海、台湾とかアジア圏でのロックフェスとかやってるじゃないですか?

NAOKI:うんうん。

木村:LOVE PSYCHEDELICOっていうのは、中国圏では「愛的魔幻」になるんですね。

KUMI:LOVEが「愛」なのは分かるけど、やっぱり「魔幻」はサイケデリックなのかね。

木村:5月からツアー始まるんですよね?

KUMI:そうです、アコースティックツアーです。
単独でライブをやったことはあるんだけど、2人だけのアコースティックの今回ツアーは初めてで、全国回ります。

木村:アコースティックツアーってどんな感じになるんですか?

KUMI:今回は2人っきりでやる。

NAOKI:どちらかがマンドリン持って、とか。

KUMI:わりといろいろ楽器を持ち替えたりしますね、エレキだったり、アコギだったり、マンドリンギターだったり。

木村:リハはどれくらいやるんですか?

NAOKI:リハっていうか、自分たちのスタジオで「あの曲やろうよ」みたいな感じで構成しちゃうんですよね。
いわゆるリハーサルみたいな、ゲネプロみたいなものは最後に2〜3日本番直前にやるくらいで。それ以外は空き時間でセッションしながら。

木村:すごい覚えてるのが、「スタジオ作ったから今度来てよ」って言ってくれて、まだそれ実現してないんですけど。

NAOKI:また何かやろうよ、「This Is Love」以降やってないからさ。

木村:音楽ですか?

NAOKI:ええ。

木村:そういう、タイミングがあったら。

NAOKI:そんな政治家みたいな答え方しないでさ(笑)。

木村:そうじゃなくて(笑)。音楽欲って、無いとなかなか触らないし、声も出さないじゃないですか?

KUMI:うんうん。

木村:こないだも、ちらっと思ったんだけど。さんまさんとずっとやらせて頂いてるお正月番組で、さんまさんが「今回はこれやな! 木村これ頼むわ!」みたいな感じで、無茶ぶりで、ギター一本で歌を歌わされるんですよ。
今年は内容が内容だったから、「まぁ〜、加山雄三やな! 頼むわ!」って、打ち合わせが終わっちゃって。
もう無茶ぶりに俺は答えるしかないから、“加山雄三さん、ちょっと待てよ…?”って、歌ってみて、わりと難しくて。
歌う度に思うんだけど、“歌筋”を使ってないと衰えますよね? それを、そういうタイミングで自覚する自分がいたりして。

NAOKI:前にお腹に力入ったはずのところが、入らないみたいな。

KUMI:あとは口とかね、顔もあるよね、“歌筋”(笑)。

NAOKI:使いましょう、まず、スタジオで遊びましょう。

木村:わかりました(笑)、お邪魔するタイミングをちゃんと作ります(笑)。

M1.Place Of Love / LOVE PSYCHEDELICO
M2.Venus / Shocking Blue

top_back