木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2019年08月25日Flow 第五十六回目

今月から毎月最終週のFlowは、みなさんからのメッセージを紹介していきます!

神奈川県 <aya>さん 37歳 女性
2年目は毎月最終週は拓哉サンの1人トークと言うことで、
お仕事の現場の裏話なんかも聞きたいな〜〜って思います。
先日まで撮影されていた「教場」では、
たくさんの生徒役の若い役者さん達と共演されてましたよね!
今までの現場と違ったことや新鮮だったこと等、面白いエピソードがあれば
ぜひお聞きしたいです!よろしくお願いします♪


木村:こちらは、フジテレビ開局60周年を記念したドラマ「教場」という、長岡弘樹さんの書いた小説をドラマ化させていただいたんですけど。
舞台は警察学校で、小説を読ませていただいて“面白い”というのと、“これを実際にどう具現化するんだろう?”という思いが、自分を奮い立たせてくれたというか。
自分がどこか欲していた、“やってみたかった”というシチュエーションが、2つ同時に舞い降りてきました。
一つは学校の先生なんですよ、物語の中では「教官」という呼び方をされるんですけど、警察学校というシステムの中では先生なんですよ。
「マスカレード・ホテル」という作品で、立場上は捜査員でしたが89%がホテルマンだったので、バリバリの警察官っていう、その2つがいっぺんに自分に降ってきたなという感じは非常に強かったですね。

風間公親という教官をやらせてもらったんですけど、“彼に睨まれたら最後”というような、彼らのことを思うが故に彼がとる行動、言動があるんですけど。
それがあまりにも衝撃的で、今すごくクローズアップされているパワハラだったり、いろんなハラスメントってあるじゃないですか。
今の世の中の現状があって、この作品を作るんだっていう…撮影していても、良い違和感を感じていましたね。

メールに「若い役者さんたちと共演されてましたよね」とありましたけど。
自分が教壇に立つ立場で、そのクラスの机には工藤阿須加がいたり、川口春奈がいたり、林遣都がいたり、葵わかなちゃんがいたり、井之脇海君がいたり、そしてなにわ男子、関西ジャニーズJr.から西畑大吾がいたり、富田望生ちゃんがいたり、味方良介がいたり、村井良大がいたり、三浦翔平がいたり、大島優子がいたりしまして。
もう、本当にすごい現場でしたよ。

やっぱり一般的な学校ではないので、警察学校っていう、生徒たちを世の中の実際の現場に送り出すのに適した人材に育て上げていくのが警察学校なので。
ストイックに仕上げていく現場だったので、さっき名前を挙げさせていただいた皆さんはじめ、プラス、30名くらいの方等が、徹底てきに!できるまで!繰り返し訓練を受けてましたね。

翔平がみんなをリードしてくれて、撮影が始まる前に決起集会じゃないけど「行きませんか?」って言われて、ご飯食べに行ったんですよ。
食べに行った時に、「今受けている訓練、実際自分たちにどれぐらい吸収出来てると思う?」っていう話題になって、「ちょっとヤバイと思います」とか、いろんな意見がその場で生まれて。
食事をしに行った翌日も訓練がリハーサルとして組まれていて、その次の日、僕は「NALU」の撮影の予定だったんですけど、波がなくて。撮影が飛んだんですよ。
明日俺動けるし、「俺行くわ」って言って、皆さんが訓練を受けているでっかいスタジオに行って。風間の衣装を全部身に付けて、皆さんの訓練に立ち会いました。
その前日に、みんなからのいろんな意見もあったので、「全て習得できた状態を10だとしたら、今のみんなのレベルって自覚としていくつだと思う?」ってい話をしたら、シーンとなって。
そしたら翔平がパッと手を上げて「いくつ?」って聞いたら、「2だと思います」って言って、次に大島優子ちゃんも手を挙げてくれて、「2もいってないと思います」って。
でも、残された訓練の回数も決まってるし、その訓練が終わってしまったら撮影が始まってしまうので。
じゃあ、みんなそういう自覚があるんだとしたら、「今日の訓練のうちに5まで上げよう」っていう話をして。
そこから一気にスイッチが入って、訓練を続けましたね。

撮影をしていて、本当に独特な空気感、他の現場ではまずないなっていう空気感が現場に常にあったし。
かといって、ただ厳しいっていうだけではなくて、現場は非常に明るかったし、やっぱりみんな若い出演者のエネルギーっていうか。
それがパッションとして、良い意味でぶつかっていたし、そのぶつかり合いがすごく推進力になっていたなって、現場にいて感じましたね。

フジテレビ開局60周年を記念したドラマ「教場」なんですけど、2020年の新春にオンエアが予定されているということなので
是非みなさん、それまで首を長くして待っていてほしいと思います!

M1.Yellow / Coldplay

top_back