木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2020年02月23日Flow 第八十二回目

今週のFlowはみなさんからのメッセージを紹介します!

まずは、先日まで東京・大阪で行われました
ライブツアー「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」について!
たくさんの感想メッセージをいただきました。


東京都 ゆまさん 24歳 女性
Go with the flow初日に参加させていただきました。
木村さん、1人で行うライブはいかがでしたでしょうか。
不安とかストレスなことたくさんあるだろうなと思ってちょっと心配になったりもしましたが、
やっぱりプロってすごいなと思いました。ものすごいパワーがもらえました。
私は今看護師です。キャリアアップに向けて働きながら大学に通います。
頑張ろうって思えました。本当にありがとうございました。ものすごく楽しかったです!!!


千葉県 miosoraさん 36歳 女性
拓哉キャプテン、こんにちは!
2月8日のコンサートGo with the Flow参加させていただきました。
5年ぶりの木村くんの生の歌声、ステージパフォーマンスに号泣し、
全力で届けてくれる想いにたくさん笑顔になれた幸せな時間でした!
新曲はもちろん、大好きなStyle、盛り上がれるSHAKE、パワーもらえるOne Chance、
大切な夜空ノムコウ聞けたこと、本当に嬉しかったです。ありがとう!!!!!


長野県 雅樹さん 29歳 男性
拓哉キャプテン、こんにちは。アルバムをしっかり聞いて、ツアー初日に参戦!
個人的に大好きな「One Chance!」も聞けてすごく嬉しかったです。
しかも曲の最後でキャプテンが言ってくれた「辛いことや悲しいことがあっても腐んなよ!」って言葉に、最近仕事が上手くいかず腐りかけていた自分の目が覚めました。
あのライブ以来、気持ちを入れかえて頑張っています。本当ありがとうございました。
そして「NEW START」が今の僕の応援歌です。


木村:いやぁ、嬉しいですね! 本当に沢山のメッセージをいただきまして、ありがとうございます!
ライブのMCでも話をさせてもらったんですけども、1月8日にアルバム『Go with the Flow』が出て、その2週間後ぐらいかな、SnowManやSixTONESもデビューして。なので、同期なわけですよ。
再始動させていただきまして、せっかくアルバムという形を取らせてもらったんだったら騒げる場所を作りたいなっていうのは、リップサービスではなくて有言実行したかったのでやらせてもらいました。
リハーサルしてたのはステージ上で行うことのリハーサルで。初日を迎えるにあたって前日の7日に代々木第一体育館で場当たりというか、“実際のステージってこんなにカッコいいんだ。”、“こんな照明があるんだ。”とかを確認して。そこで全体像が初めて見えた感じですね。

で、まだ客席に人がいない状態で頭から最後まで通してはみたんだけど、オーディエンスがどう反応してくれて、どうアンサーを返してくれるのかっていうのは初日を迎えるまで全く見えてなかったので、東京都の<ゆま>も言ってくれてますけど、正直不安でしたね。
音楽面でサポートしてくれたビクターのスタッフに「SMAPの曲をやりたいんだけど、どう思う?」って言ったらいろんな角度で物事を見てくれて。
俺はもう一方的に「客席の人が喜んでくれるのならやりたい」って思ったんだけど、それを一緒に考えてくれたりしたね。
作り上げていく過程だったりとか実際にやるということ、腹を括る覚悟は相当必要だったけど、やっぱりあれを経験しちゃうとね。あれは特別ですよ。
あれを経験して、もうやらないって言う人はいないと思う。まぁ、初日は確かに緊張もしたし不安もあったけど、準備はしたから。その準備を100で出そうって思ってバンドメンバーともダンサーメンバーとも円陣を組みました。
僕担当のユキっていうスタッフがいるんですけど、彼が昔からその円陣のことを“気合い入れ”って言っているんですよ。
「気合入れ、何分前にします?」 って言われて、「5分前でいいんじゃん?」って言って気合入れして、各々のスタンバイ場所に散っていったね。

さんまさんも来てくれたし、やりなよって言ってくれた張本人だったり、一緒にドラマを作っていた共演者のみんなが来てくれたっていうのはすごく支えになったな。実際、やり終えてもちろん達成感もあるし、できたっていう結果は感じることができたんだけど、改めて感謝でしたね。
ライブをただやって、気持ちよかった。楽しかったっていうことより、それ以上のものがあった感じはあります。

あと、Flowだから話せるんですけど、山下達郎夫妻が観に来てくださいまして。
“そういう見方をしてくださるんだな。”って思ったんですけど、「木村くんの声って可愛い声してるんだね。ロックが好きだからどうしてもハイトーンにいきたいのかもしれないけ、木村くんの声はバリトンなんだよ」っていう感想もいただいたりとか。
だったらそういう音楽も作ってみたいな、って気持ちにもなったし。自分自身やるまではわからなかったけど、やってみていろんなことを考えることができたし、見えたし感じることができたっていうのが実際にあったので、何よりも来てくれた方たちがメッセージをくれたり、応援歌になったという事実がすごく嬉しいです。
客席の笑顔もね。あれを経験したら“もういいや。”って思える人いないと思いますよ。なので、そういう機会があったらまた騒ぎたいなと思います。


続いては、これについてのメッセージも多かったですね!

広島県 よっこんさん 39歳 女性
ドラえもん映画の公開アフレコの様子を拝見しました。
公開アフレコと通常のアフレコは気持ちとしては心構えというか
何か違う部分はあるのでしょうか? それともいつもとかわりませんか?
約30年ぶりに見るドラえもん映画が今から楽しみです♪


木村:このお話をいただいたとき、最初は「あー、なるほどね。ついにテレビ朝日さんもモニタリング系のそういう番組を始めるんですか」って思ったんです。マジで最初はそういう思いでしたよ。
これ、ハメに来てんのか?っていうのはすごい疑いましたね(笑)。でも、「これが台本です」って渡されたときに、“これ、ガチだ……。”って思って。
だって50周年ですよ。自分の人生より先輩ですからね。自分が物心ついたときには存在していたドラえもんの世界観に自分がお邪魔するっていうのはすごく不思議な気持ちでした。
メールには、『公開アフレコと通常のアフレコで気持ちとして違う部分ありますか?』って書いてあるけど、そりゃあ人が見てる前でやるっていうのはまずないことなのでね。

ジルっていう謎の男をやらせてもらってはいるんですけど、アフレコをやっていくと自分が関係しているシーンを観るわけですよ。
そこにはのび太の声が入っていたり、ドラえもんの声がすでに入っていたり、ジャイアンやスネ夫だったりが叫んでるわけですよ。
冷静に考えるとみんな驚くと思うんですけど、ドラえもんが50周年を迎えるにあたって50年間のび太はずっと10才なんです。すごくないですか?のび太でい続けてくれるから僕らはドラえもんを寄りかかる場所として観ることができてきたんだな、っていうのが作業をしていて冷静に思って。

映画の中でも50周年にも関わらず、のび太がのび太らしいわがままを言うわけですよ。「そんなことしちゃダメだ」って言われても「僕はやる!」って言って走り出すんですけど、そのときのカット割りが“待ってました!”っていう感じのカット割りでした。
自分がどういうアレンジを加えられたかどうかはわからないですけど、声優というお仕事は表情で伝えるわけでもないし、声のみでそのシーンを成立させないといけないので、改めて声優さんってすごいなってリスペクトしますよね。
『木村さ〜〜ん!』でちょっとお邪魔した学校あったじゃん。ああいうところのみんなも頑張って欲しいよね。現場でお会いする日がいつの日かあったらいいなと思います。

M1.One and Only/木村拓哉

top_back