木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2020年08月09日Flow 第百六回目「拓哉キャプテン × 河合郁人」Part2

今週のゲストは先週に引き続き、A.B.C-Zの河合郁人さんです。
今回も、ここでしか聴けないトーク、お楽しみに!!


木村:いつ(ジャニーズに)入った?

河合:小学校6年生ですね。

木村:早いんだな〜、みんな。

河合:12歳になる年ですね。

木村:みんな、それぐらいだもんね。

河合:そうですね。今、もっと小っちゃい子もいますよ。小学校4年生とか、たぶん、入る子で。

木村:それは今、誰が見てるの?

河合:タッキーです。

木村:そうなんだ!!

河合:そうなんです。1回、滝沢君とオーディションがあるって言われて。ジャニーさんが亡くなった後に。A.B.C-Zの舞台に子供を使いたいからって滝沢君に相談したら、「オーディション観に来ちゃいなよ」って言われて。“あ、口調似てきたな” と思って。

木村:えっ、待って! タッキーも、その口調になってきたの?

河合:(笑)。「観に来ちゃいなよ」って言われて、急遽行って、滝沢君と僕の二人でオーディション観て選びました。「この子、この子」みたいな。

木村:えっ、待って! それ、人の人生変えてるってことだよ。

河合:(笑)。いやまぁ、そうですよね。

木村:ジャニーズ大好きジャニーズが、人の人生をちょっとハンドリングしたってことだよ。

河合:そうですね。A.B.C-Z 5人の子供時代を演じて欲しかったので。学校とかあるから、ダブルキャストで自由に選んだんですけど。“こうやってジャニーさん、選んでたんだ〜” って思いました。

木村:いや! たぶん、あの人の選び方、全然。よく分かんないもん。

河合:よく分かんないんですか(笑)。

木村:「YOU 踊っちゃいなよ! 来ちゃいなよ! 来週も YOU!!」

河合:たしかに。「ちゃいなよ!」だけで。

木村:「ちゃいなよ!」

河合:「ちゃいなよ!」だけで進めてますもんね。

木村:「踊っちゃいなよ! 来ちゃいなよ!」それだけだかんね。

河合:(笑)。たしかに!

木村:「YOU お腹へってない? 食べちゃいなよ!」って、それだけ。

河合:「ちゃいなよ!」だ。

木村:牛丼か〜。

河合:マック。

木村:マック。うん。

河合:そうですね。たしかに。

木村:「スケボー滑っちゃいなよ!」って言われたから、“スケボー滑んねーとなー” っていうので、テレビ局に俺らは行ってたっていう。

河合:不思議な、魔法の言葉ですね!

木村:うん。

河合:ジャニーさんじゃないと許されないですもんね。

木村:いやー、そろそろタッキーも言い出すんじゃない。

河合:(笑)。「ちゃいなよ!」言います?

木村:(笑)。「ちゃいなよ!」言ってかないと。だって、ダメでしょ!

話題は、A.B.C-Zの名前の由来へ…。

木村:そもそも、A.B.C-Zって付けたのジャニーさんでしょ?

河合:そうです。

木村:どういう、あれなの?

河合:元々、『Acrobat Boys Club』って意味で『A.B.C』ってグループだったんですよ。

木村:Acrobat Boys ClubでA.B.C。

河合:そうなんです。

木村:で、『Z』は?

河合:Zは、10年ちょっと前にセンターの橋本が入ってきてZが付いたんですけど。その時に言われたのは、「YOU達はABCから始めよう。何でも一番最初に始めようって意味があるじゃん。」って言われて。“いや、聞いてたのと違うな” って思ったんですよ。

2人:Acrobat Boys Clubじゃないの(笑)!?

河合:それもあるんだけど、「ABCからアルファベットって意味もあるから、橋本が入ってきてアルファベットが完成したからZを付けた。でも、完成しただけじゃなくて、ZはZEROにもなるから、いつでも出発してるって意味が込められてるんだよ!」って、すごい長々説明されて。

木村:うわー、すごいね!

河合:そうなんです。「ゼットじゃないよ、ズィーだよ!」って、すごい言われました。

木村:すごいね! すごいわ! いや〜、深いね!

河合:そうなんです。でも、説明が長くなるんで、あんまりテレビとかで言わないですね。

木村:いやそれ、むしろ言ってった方がいいんじゃない。

河合:言ってった方がいいですかね?

木村:うん。

河合:確かに知らない人が多い。

木村: “A.B.C-ZのZは、終わりのZじゃないんです” っていうのは、言ってった方がいいよ。

河合:あっ、今ぐらいコンパクトにすればいいんですね。

木村:えっ!?

河合:A.B.C-ZのZは、終わりのZじゃないんだよ。

木村:うん。ZEROっていう、“いつでも初心なんだよ” っていう、きっとメッセージなんじゃないの?


そして、河合さんの今までの活動についてのお話に。

木村:郁人的には、事務所に入って結成までの活動は? 同期は誰なの?

河合:がっつり同期はいなくって、近いのだとメンバーの戸塚か、NEWSの加藤シゲアキですね。

木村:A.B.C-Zの前は主にどんな感じだったんですか?

河合:A.B.Cっていうグループが、先輩方のバックにつきまくってるグループだったので、ずーっとバックダンサーでしたね。

木村:へー。誰のバックやったの?

河合:KinKi Kids、V6、あと少年隊。PLAYZONEとかも出てましたよ。

木村:え〜っ!? PLAYZONE出てるの? すっげー! PLAYZONE出てるってねー、ほんとに踊れないと無理なんですよ。

河合:その時に、あと光一君のSHOCKとか出てるときに、バックのメインの方々がいて、その後ろで子供たちの僕がバックだったんですよ。で、ジャニーさんに「YOU達、バックのバックでいいの?」って言われて、「バックのバックじゃ嫌だ!」って言ったら、メインのバックにしていただいたりとか。“あ、でもバックなんだ” と思いながら(笑)。

木村:「バックのバックでいいの?」「それは嫌だ」「じゃ、バックのメインにしなよ」って。

河合:それで、その後も「YOU達、バック専門でいいの?」ってなって。自分達もアピールして、グループとしてちゃんと活動していきたいってなった時に、誰か入れようって入ったのが橋本なんですよ。ボーカル要員として橋本を入れて。それでA.B.C-Zになりました。

木村:そうなんだ。じゃ、結構長い間ずっとバックで。

河合:多かったですね。下積み結構長いです。

木村:でさー、Acrobat Boys Clubっていうぐらいだからアクロバット半端ないじゃん。怪我多いよね?

河合:そうなんすよね。怪我多すぎて…。

木村:骨折もしてんじゃん。2011年、ミュージカル出演中に左足を骨折って書いてありますね。

河合:はい。複雑骨折しましたね。一か月入院しました。中学生の時も左手骨折してるんですよ。

木村:それは?

河合:台からバック宙する練習してる時に、着地失敗して手を着いちゃって折れちゃったんですけど。こんだけ怪我が多いので、Acrobat Boys Clubなのに、今はバク転するのもちょっと怖いです(笑)。

木村:(笑)。みんなできるんでしょ?

河合:全員できます。木村さんもやってましたもんね。

木村:やってた。

河合:あの頃の方が皆さんできてましたよね、デビューされてる方。今、出来ない人のが多いと思います。

木村:そうかなー?

河合:最近やってます?

木村:最近、全然やってない。ロンダートから入っていいんだったら、多分できる。

河合:えー、逆にすごいっすね。

木村:なんで?その場の方が怖くない?

河合:あーっ、そうか。でも、怖くないですか? 連続っぽくなる方が。

木村:ううん。ロンダートから入った方が、俺はやりやすい。

河合:えー。見たいですね。今度コラボしません?

木村:見たいっていうなよ!

河合:A.B.C-Zと一緒にやりません?

木村:いや、つかっちゃんとかもう、次元がヤバそうだから。

M1.Za ABC〜5stars〜/A.B.C-Z

top_back