森永乳業 presents 平原綾香のヒーリング・ヴィーナス

平原綾香

森永乳業 INFORMATION 詳細はこちら

ON AIR REPORT 毎週ゲストをお招きして、その方ならではのパーソナルな“音楽の世界”を辿ります。

07/22天童よしみさんのいろいろな声が聴けるアルバム『VOICE』

2018/7/22 update
平原綾香さん・天童よしみさん
毎週ゲストをお招きして、その方ならではのパーソナルな“音楽の世界”を辿らせていただきます。
今週はゲストに天童よしみさんをお迎えしました。天童さんとは何度かテレビで共演したことがあります。こうしてゆっくりと話すことは初めてなので、天童さんも楽しみにしてくださったとのことです。今日はニューアルバム『VOICE』にまつわる話を中心にお伺いしました。

J−POPや歌謡曲、オペラに至るまで、12の名曲たちを収めたまさに珠玉のカバーアルバムですよね。聴かせていただいたんですが、1曲目から大感動でした。『やっぱ好きやねん』、良かったですね〜。
「たかじんさんの最後の曲をね、わたしはどうしてもレコーディングしたくて、やっと収録することができました。」

こちら、紅白でも歌われましたし、ちょっと前ですけれども『わが心の大阪メロディー』で父、平原まことがコラボレーションさせていただき、親戚中大騒ぎで、あの天童さんと一緒に出演するというので、何回観たことでしょう。
「平原先生のサックスが鳴くところがあるんですよ。独特のところが。2箇所ぐらい、グイーンと鳴くところがあるんですけど、そこがもうね、わたしも泣きそうになりました。もう本当に、素晴らしい思い出になりました。昔からお世話になっていて、やっと実現できて良かったなと思います。」

中島みゆきさんの『糸』や安全地帯の『ワインレッドの心』など、天童さんが歌ったらどんな感じになるんだろうと、ドキドキしながら聴きました。
「みなさんそう感じられるでしょうね。演歌、歌謡曲の天童よしみがどんな風に歌うのだろうというのはまず言われることだし、そこら辺もにらみつつ、大好きな歌を集めました。」

天童さんご自身で選曲されたんですか?
「恋い焦がれていた曲たちです。ずっと思い続けていた歌が12曲揃ったので、わたし自身はレコーディングしながらも、こんなに楽しくていいのかなと思いましたね。」

レコーディングって1日何曲やるんですか?
「調子が良ければ、3曲ぐらいいけますね。」

勢いがあって、それぞれの曲の良さも引き立てつつ、でもやっぱり天童よしみさんという歌声がドンとそこにあります。
「名曲に関しては、やっぱりみなさんが知っているということもあるし、でも、オリジナルとは全然違うわけだし、みなさんが聴いた時に、こんな感じだったのに、どうもちょっと違うって、比べるということもすごく意識はするんですよ。わたしがCDを買って、カバーアルバムを聴いた時に、この曲はこんな風が良かったかなと個人的な思いがあるし、そこを大切にしないといけないとわたしは思うんです。
アレンジに関しても、信頼におけるわたしのコンサートツアーやライブを担当してくれている面々がスタジオに入ってくれています。サックスの庵原良司さんがアレンジを担当してくれたりとか、ドラムのそうる透さんが思い切りパンチを出してくれて、ものすごく迫力がある、アルバムに仕上がったかなと。」

実際に歌ってみて、想像以上に、歌いにくいっていうと変ですけど、これ、もう1回歌いたいという曲はありましたか?
「ありますね。『ハバネラ、恋は野の鳥』ですね。この曲、情熱的なカルメンの想いみたいなものが出されていて、前にテレビで歌わせていただいたことがほんの少しあって、そこから何年か経って、今回ね、もう1回レコーディングさせてもらったわけですよ。その時も、テレビで歌った時も、こういう風にすればよかったかなって、やっぱりちょっと後悔が残ったりして。みなさん、良かったって言ってくれるんですけど、自分なりにちょっと違ったかなと思ったりして。オペラですと、キーを思い切りあげないといけないんですけど、ファルセットは何箇所かぐらいで止めておきました。全部ファルセットだと聴いてもらう方に、違うなと思われるかもしれないということで、キーをちょっと下げてみたんです。」

そこがすごく面白くて、オペラなんだけど、『ハバネラ』ってカルメンっていうすごく強い女性で、曲がったことは絶対しないというそういう意志がこのキーだから出ていたかなって。ファルセットよりも、出てるかな。わたしもこの『ハバネラ』はカバーしたことがあります。
「綾香さんはいっぱい歌っていらっしゃいますよね。この歌は語りですよね。今回はキーを思い切り下げて、一番最後の“ご用心”という歌詞のところに、すごく気を使いました。“ご用心”のおさめ方、着地点、そこがすごく難しかったので。全体的に、着地点を意識した歌になりました。」

8月1日に東京 品川ステラボールで天童さんの歌声が生で聴けるコンサートが開催されます。『天童よしみスペシャルコンサートVOICE〜全国のみんなー!おいでよ!よしみの世界へ!〜』と題し、全国各地の映画館に生中継されます。天童さんにとってライブビューイングは、初の試みです。
詳しくは天童よしみさんのオフィシャルサイトをチェックしてください。
来週もお楽しみに!

皆さんからのメッセージをご紹介♪
ラジオネーム ともらんむじさん
「大好きな綾香さんを空港で見かけたことがあります。恥ずかしくて声をかけることができなかったのですが、声の感じからは想像もできないほど華奢で、小柄でビックリ。
今思い出しても、話しかければよかったなぁと後悔しております。今度お会い出来たら、このエピソードとともに絶対声かけさせていただきます! 子供たちが生まれた時からいつも聴かせていた綾香さんの曲たち、そんな子供たちも上の息子は中学生です。その息子が『Jupiter』が大好きで、ピアノで弾いてくれるほどです。 これからも素敵な曲を送り続けて下さいね!」

平原さん
「見られていたんだ!こういうの恥ずかしいよね。言って!って感じ。そんなに華奢じゃないけど、背は思ったいたより小さいってよく言われますね。
息子さん、『Jupiter』が好きでピアノが弾けるってすごいですね!今度、会ったら話しかけてください。ずっと見られているのも、ドキドキしますね。
前に、横浜で知らないおじいちゃんから、“君、スターシーガールでしょ!”って言われて、“ううん。わたし、スターシーガールじゃない。”と返したんだけど、
“スターシーガール好きなんだよ〜” “おじいちゃん、違うんだけど…。” “じゃ、またね”って言って、去っていきました。誰と間違えていたんだろうと、当時、スターシーガールっていうのを調べたんですけど、どこにも出ていないんです。
あのおじいちゃんは、宇宙人だったのかもしれないっていう風に、今は落ち着いています。」

番組では皆さんからのメッセージをお待ちしています!「アナタにとって○○な曲」のリクエストも大歓迎です。例えば・・・、大切な曲や癒される曲、元気が出る曲や泣ける曲、初めてCDを買った曲、カラオケで良く歌う曲、結婚式でかけたい曲など、○○に当てはまるキーワードは、何でもOKです!
  • mixiでシェアする