森永乳業 presents 平原綾香のヒーリング・ヴィーナス

平原綾香

ON AIR REPORT 毎週ゲストをお招きして、その方ならではのパーソナルな“音楽の世界”を辿ります。

12/20秦基博さんがゲスト

2009/12/20 update
平原綾香

平原さんと秦さんは、去年の3月の「ライブW 卒業のうた 〜song for tomorrow〜」以来だそうです。
その時に、『なごり雪』を一緒に歌ったそうです。

平原さん「男性が歌うと、よりリアルでジーンとしました。とても新鮮でした。」
秦さん「平原さん声と重なりあう感じがステキでしたよね。」
歌で共演したお二人です。秦さんの音楽への思いをたっぷりと話してくださいました。

ヒーリング・ヴィーナスは癒しと笑いをテーマにした、まったり、ゆったりとした番組です。
音楽の話だけではなく、秦さん式リラックス法などをお聞きしたり、秦さんはどんな女性にモテそうか?!なんて、平原さん独自の視点で分析もしたりしてくれました。
秦さんの意外な一面も、ちらりとお聞きすることができたのではないかと思っています。

秦基博さんの「ヒーリング・ワード」
「歌は歌った瞬間から聴いてくれた人のものになる」
秦さんがアマチュア時代にライブハウスの店長さんに言われた言葉です。
それまで、部屋の中で、もくもくと曲を作って、自分が気持ちいい言葉ばかり書いていたそうですが、
この言葉を聴いた時、これまでの世界と全く真逆の言葉だったので、衝撃を受け、曲を作る時は、この言葉を思い出すとのことでした。

秦さん
「聴いてくれた人にとって、わかりやすい言葉なのか、自分が感じた景色と同じように感じてもらうのに、ふさわしい言葉なのかな。基本な部分で大事にしています。
メロディー先行で作ってきたんですけど、最近は歌詞から書いています。
メロディーから作る時の利点と、歌詞から作る時の利点と両方あると思うんですけどね。
一番言いたいことをどこで言うのか?言葉ってすごく大事だし、そちらを先に構築してからメロディー書く方がいいと思って。
メロディー書く方がどちらかというと得意なので、『産みの苦しみ』を味合わない方を後にしてというのもありますけどね。」

平原さんのおっしゃるとおり、歌詞を書くときも聴いてくれた人の気持ちになる。でもオリジナリティ、自分らしさを忘れない姿勢があるから、秦さんの歌は、たくさんの人の心に感動を与えられるんですね。

秦基博さん ニューシングル「アイ」を発売
秦さん
「きっかけは『愛』というテーマの楽曲を作りたいというところから、始まったんです。
いつもは作っていく過程の中で、曲の主人公、『僕』という1人称から始まるんですよ。やはりひとりでは生きてないから、他者とのつながりがあって、『君』という人が出てきて、『好き』、『いとしい』という感情が出てきて・・・という曲の作り方だったんです。
結果的にラブソングになることはあっても、最初から作ろう思って作ることはあまりなくて
『愛』というすごく普遍的なテーマを、今までのミュージシャンの人たちにとっても、『愛』いうテーマは代表曲だし、自分にとっても、そういう曲を作りたいなというのは、ずっとありました。」

タイトルがカタカナなのは?
秦さん
「ラブということをテーマにしようと思っていたのですが、この曲の主人公はずっとずっと孤独だったんで、『I am』の『I』だったり、出会いの『会い』、目に映る、映らないの『目』という『eye』だったり、いろいろな意味合いを含んだ『アイ』なのです。」

お話を聞けば聞くほど、深みが増しました。
この主人公は目に見えないから愛なんて信じないってかなり寂しげなのですが、大切な愛を見つけていく歌詞になっているそうです。

番組で『アイ』をかけさせていただきましたが、もう一度、秦さんワールドに浸りたいたいという皆さん、ぜひ、チェックして下さいね。2010.1.13 Releaseです!

秦基博さん式 癒される術を伝授
秦さん
「年がら年中、音楽のことばかり考えているので、中途半端なことだと、リフレッシュにならないじゃないですか?癒しというか・・・僕は没頭できる世界を設けるようにしているんです。
それは漫画です!雑誌とか。『ONE PIECE』とか。ゾロが好きです。」
ちなみに、平原さんはルフィが好きだそうです。
平原さんもこの気持ちすごくわかるとのこと。
特に、レコーディングした日はレコーディングした曲が頭の中をぐるぐる回って眠れないので、そんな時は漫画を読むそうです。

秦基博さんのイメージって?
平原さんは、話すると男性らしくて、守ってくれそうな感じがするけれども、年上の女性、ワンレンのお姉さんに好かれそうなイメージ、母性本能くすぐるタイプに見えるそうです。
草食男子にも見える・・・とも。
皆さんはどう思われますか?スタッフは平原さんのおっしゃっていること、わかるような気がいたします。秦さんは「兄弟は兄貴2人いて、一番下だからかも?年上の人にどこか懐に入る術を知っているからかな?」とおっしゃっていました。

★その他、ヒーリング・ヴィーナス的、秦基博さんについてわかったこと
・好きな食べ物は、ポテトサラダとしょうが焼き
・今年のクリスマスは仕事です。
例え休みでも、わざわざ混んでいる場所には行きたくない。外に出たくない。
・肌が弱いので、シャツをズボンの中にインしたいという気持ちもある。
お腹を冷やさないようにもしたい。

まだまだお伺いしたことはたくさんあったのですが、残念ながら、時間が来てしまいました。

秦基博さんからのお知らせ
全国から弾き語りの共演者募集中!です。
秦さんと共演できるなんて、またとないチャンス!秦さんより年下で、アマチュアで頑張っているアナタ!秦基博さんのオフィシャルサイトを見て下さいね。

  • mixiでシェアする