もうすぐ梅雨のシーズン。
雨の日のクルマの運転は、視界が悪かったり、スリップしたりと、
通常よりも危険度が高まります。
危険を回避するべく、安全な運転を心がけるのはもちろんですが
愛車のきちんとしたメンテナンスが事故を遠ざけます。

そこで、今回は 自動車ジャーナリストの高根 英幸さんにお話を伺い
今のうちにやっておきたい「クルマの梅雨対策」についてお伝えしました。





まずはワイパーについて。
雨の日にワイパーの拭き取る力が悪いことに気づきながら
それを忘れて、また運転してしまう方は多いですが、それはNG。
晴れている時にワイパーの拭き取り具合をチェックしましょう。
線のように拭きムラが出てきたらワイパーブレードゴムの交換時期です。

ワイパーブレードは丸ごと取り替えると高額なので
カー用品店やホームセンターで売っている先端のゴムだけを交換するのがお得。
自分で交換するのも難しくないので挑戦してみてください。

その場合、断面形状には種類があります。ゴムの幅や長さもまちまち。
自分の車に適合するのはどのタイプか? 確認してから購入するようにしましょう。

交換する時は、ブレードをまず車から外して
ブレード先端のゴムを取り替えた方が作業がしやすいことを覚えて置いて下さい。





ワイパーの交換は一般にワイパーゴムが半年 〜 1年に1回。
ワイパー本体は1〜2年に1回が目安です。
屋外に停めている車は、直射日光でワイパーの劣化が進みやすいので、
もっと交換サイクルを早めた方がいいかもしれません。

そして、フロントの視界を確保するために大切なのは、
もう1つ、フロントガラスのコーティング。

フロントウィンドウはワイパーを使って視界は確保できますが、
最近のゲリラ豪雨に遭遇した時は、ワイパーが間に合わないようなことも起こります。
そんな時のためにも、フロントウィンドウのコーティングがお薦め。

近は自分でかけられるウインドコーティング剤もたくさんあって
作業性と耐久性が改善されて、使いやすく、長持ちするタイプもあります。

また、ウインドウォッシャー液でコーティング効果を出すタイプや
ボディーシャンプーで撥水効果を与える商品もありますが、共に効果はそれなり。
しっかりとコーティングをかけた方が長持ちすると高根さんはおっしゃっていました。

次にケアするのはさらにドアミラー。
撥水のように水を弾くのではなく、なじませる「親水タイプ」もあります。
これをサイドウィンドウの外側にスプレーすると雨の日は非常に見やすくなります。





そして、視界の確保につとめたら、
雨の日の事故に大きく関わるタイヤのチェック。

タイヤは走ってるうちに当然磨耗します。
そして、タイヤの残り溝が半分を切ったあたりからウェット性能は低下すると言われていて
そのウェット性能はタイヤ自体の排水性と撥水性で決まり、
排水性と撥水性はタイヤの表面のデザインとゴムの成分によって変わります。

最近は燃費を良くするために転がり抵抗の少ないエコタイヤが一般的です。
タイヤの転がり抵抗を減らす工夫と
雨の日の「ウエット性能」は相反して両立は難しいですが
日本自動車タイヤ協会がタイヤ性能を等級化したラベルがあって
転がり抵抗のグレードとウエット性能のグレードの2つを表示しています。

転がり抵抗は大文字アルファベット
ウェット性能は小文字アルファベットで表記されて
違いはありますが、ともにA/aほど評価が高く
転がり抵抗についてはさらにAの数が多いほど高評価。
これを購入するタイヤを選ぶ時の参考にしましょう。





新品のタイヤの溝は平均でおよそ7.6mm。
通常の夏用タイヤは、残り溝の深さが1.6个泙破猝廚垢襪函
タイヤの使用限界を示すスリップサインが出てきます。

そうなると法律上、使用禁止なので即交換する必要がありますが、
スリップサインが出ていなくても残っている溝の状態でブレーキの効き方に差が出ます。
溝が新品の半分、4mmぐらいになった時には交換しましょう

今から愛車の準備をしっかりして、
梅雨の時期を安全運転で乗り切って下さい。

最近、都市部でよく見かけるタイヤが太く、電気モーターとペダルがついていて、
電気モーターだけでも、ペダルを漕ぐ人力だけでも走行できる、
前輪・後輪の二輪がある乗り物、通称「モペッド」。
かなりのスピードで走るのを見かけ「危険だな」と感じたことがある方は多いでしょう
今回は若者を中心に利用が広まる、この「モペッド」についてお伝えしました。





「モペッド」は「モーター」と「ペダル」をミックスした造語ですが
NPO法人 自転車活用推進研究会  理事の疋田 智さんによると
源流は1993年に世界初の電動アシスト自転車として発売された ヤマハの「PAS」。

電動アシスト自転車は人間が足でペダルを踏む力に応じて
モーターが動力をアシストしてくれます。
人間の足の力を感知する「トルクセンサー」がついていて
マイコンがモーターの力を制御してアシストする仕組みです。
これは道路交通法上では自転車扱い。

マイコン&トルクセンサーは非常にハイテクでコストがかかります。
そのため日本から中国に渡った電動アシスト自転車は、国土は広く、
危険はないという認識でトルクセンサーとマイコンが外されました。
中国のメーカーがこれはいいと大量に生産するようになり
日本に入ってきたのが10年ぐらい前のこと。

インターネットで5万円〜20万円ほどで買えることもあり、
モペッドは東京ではここ2、3年、若者を中心に乗る人が増えています。
利用者が増えれば必然的に事故も多くなります。

疋田 さんによると自転車をモベッドが猛スピードで抜く際に衝突していったり
「モベッドは自転車だから歩道もいいんだ」という理屈で歩道を暴走し
ベビーカー引っ掛けたり、年寄りを突き倒したりという事故が起きていて
警察が問題視し始めてるというのが今の状況です。





モペッドには時速30kmで走る製品もあるので歩道を走ったら危険です。
自転車も基本的には歩道の通行は禁止ですが
モペッドが道路交通法上ではどんな車両区分になるかというと
原動機付自転車(原付スクーター)と同じ範疇に入ります。

出力が600Wあるものは原付一種で白ナンバープレート
1000Wまでは原付2種でピンクのナンバープレートをつけねばならず
ストップランプ / ウィンカー / バックミラーなどを装備し
その上で自賠責に入った上で乗るべきもの。
もちろん、歩道を走ってはいけません。

今回お話をお聞きした疋田 智さんは
現状、モペッドに乗っている方達へ声を大にして注意を促していました。





事故を起こしてしまった場合、責任の比率はほぼ100%モペッド側となります。
人の命を奪ってしまった場合、今の利用者は自賠責や任意保険に入っていないと想像され
仮に自転車保険に入っていても自転車ではないので保険金は下りません。
結果、膨大な損害賠償金の全額を自費で支払うことになります。

そうなったら「自己破産」と考えるかもしれませんが
破産法は故意や重大な過失がある場合には免責が効かないことを明示していて
おそらくほぼ全てのモペッドの事故はこれに該当することになります。

従って、賠償金は一生ついて回ることになります。
収入の4分の1は全額支払うまでは差し押さえされ、金利もつきます。
それはおそらく一生かかっても払い切れない金額です。

モペッドに乗っている方は法令に則って正しく、安全に利用しましょう。
身近にモペッドを利用する人がいる方は、注意喚起をしてあげて下さい。

日々、全国各地で、交通事故を減らすため活動する人たちがいます。
今回は東京都と福岡県からのメッセージをお伝えしました。

東京・小金井警察署の管内で子どもたちの交通安全への意識を高めるため
活躍しているのが交通安全大使の「コガネイダー」と「ブンジー」。





警視庁 小金井警察署 交通課長 田中将太さんによると
地域に密着し、管内の小金井市、国分寺市、それぞれの地域の特色を生かした
ヒーロー的な存在として誕生しました。

コガネイダーはコガネムシをモチーフにしていて
小金井市の花、桜をベルトのバックルに刻んで輝く緑と金色に身を包んでいます。
ブンジーは国分寺市のイメージキャラクター「ぶんじほたるホッチ」がモチーフ。
国分寺市の花である綺麗なさつき色に身をまとっていて可愛らしいです。

そんなコガネイダーとブンジーは警察署や市役所主催のイベントや地元の祭り、
催し物などのイベント会場で交通事故防止のPR活動や交通事故防止啓発品などを配布しています。
また、屋内のホールでのイベントで警視庁音楽隊や中学生の吹奏楽の演奏に合わせて
歌や踊りを披露したこともあります。その他、交通安全教室やイベントでは子供たちと一緒に
道路の渡り方を練習するなど、都民に寄り添った活動をしています。
最近では、4月7日に国分寺市立第四小学校で新1年生入学式終了後に合わせ
横断歩道を安全に渡る歩行訓練を実施しました。

今年3月に「YouTube 警視庁公式チャンネル」で小金井警察署交通事故撲滅ソング
「ノー・トラフィック・アクシデント」が配信されました。ぜひ、聞いてみてください。





そして、もうお1人ご紹介したのは福岡県 大野城市で
半年前から子どもの安心安全の為に活動する「通学路戦士パトーラ」に扮している村岡麗菜さん。
村岡さんは警察官ではなく一般の女性です。

通学路戦士パトーラは女性を連想させる赤・ピンク・白を基調とした色を纏ったヒーロー。
ふだんは通学路の見守り活動や、警察にも協力してもらって、子供から大人までが楽しく学べる
交通安全教室の開催などを取り組んでいます。





村岡さんが通学路戦士パトーラの活動を始めたきっかけは12年前。
京都で起きた通学路での交通事故で妊娠7ヶ月だったいとこを失った経験からです。

現在、村岡さんも子どもを持つ母親。
交通事故は日々繰り返し起こり、子供たちが犠牲になる日常を変えたいと思い
交通安全に関心がない人も交通安全に参加しようと思うきっかけを作りたくて
通学路戦士パトーラに扮することにしたそうです。

『通学路の見守り活動では子供たちが「何してるの?何のヒーロー?」と
関心を持って近寄ってきてくれるのが本当に嬉しいです』と村岡さん。
「私のように大切な人を失って、手遅れになってしまう前に、
外に出る以上、運転する以上は、事故に遭ってしまったり、
事故を起こしてしまったりする可能性があるということを意識していただけるよう
みんなで私と一緒にヒーローになりましょうという事を伝えていきたいです」と
話してくださいました。





この社会の中で多くの人は「無関係」かもしれない交通事故。
でも中には家族・親族・友人を失い、
心に傷を負ってしまった人がいることを忘れてはいけません。

そして、自動車を運転する一人一人が村岡さんのような気持ちで
この自動車社会に関わっていけば交通事故はもっと減るはず。
力を合わせて頑張りましょう!




«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 158 | 159 | 160 || Next»