例年なら、学校は夏休みに入っている時期。
でも、今年はコロナ対策で休校があったため、夏休みが短縮。
まだ1学期が終わっていない学校も多いでしょう。

それでも、もうすぐやってくる夏休み。
昨日からは連休も始まっています。
子供たちに交通安全を心がけてほしい!ということで
今週は『夏休みに交通事故に遭わないために』をお届けしました。





JAF東京支部 事業課 交通環境係 高木 孝さんによると
夏休みに子どもの事故が増えているというデータはないそうです。
でも、平常時と比べて外に出る機会が増えるので
道路を横断する機会も多くなります。
友達と過ごしたり、家族と遊びに出かけることもあるので
いつも以上に交通事故には気をつける必要があります。





例えば、夏休みに起こりがちな事故としては、
家族で親戚の家に出かけた子どもが道路の反対側に親戚の家があるので
ようやく着いたと思い、渋滞車両の間を通って駆け足で横断する。
そこで、車と衝突したというケースがあります。

安全確認をしなくてはいけないということは、
子ども知識として知っていると思いますが、
こうした場面では、はしゃいで衝動的に行動してしまうというのが子ども。
何か意識が集中すると他のことが目に入らなくなる傾向もあります。
そのあたり、お父さんやお母さんから、伝えておくようにしましょう。





夏休みは道路を横断する機会が増えるわけですが、
逆に言うと保護者の方が手本を見せるいい機会。
高木さんは、実際に外を歩いての、
家庭内の交通安全教育を薦めています。
お父さんお母さんが手本を見せて子どもに教えてあげると、
子どもが自分ごととして考えるきっかけになります。

横断歩道の信号が青になっていても
クルマが信号を無視して暴走してくるかもしれない
青信号でもきちんと安全を確認する。

道路を渡る時は「右を見て、左を見て、もう一度右を見て」
危険がないことを確かめること。

歩道で信号が赤から青に変わるのを待っている時でも
車道近く、歩道スレスレに立っているのは危険です。
大型車が左に曲がる時 内輪差に巻き込まれるかもしれない。
交差点で衝突したクルマが突っ込んでくるかもしれない。
車道から離れた位置に立って待つ。
そんなことを現場で説明しながら教えてください





「うちの子どもが事故に遭うわけはない」という考えは禁物です。
正しい行動をとっていても危険な運転をする
ドライバーがいることも伝える必要があります。

そして、ハンドルを握る善良なドライバーの皆さん。
夏休みのお出かけで慣れないところを走ることもあるでしょう。
子どもの「存在」に常に注意するべきです。

例えば路上に子どもがいない状況であっても、
飛び出してくる可能性も考えられます。
見通しの悪い交差点だったり、公園があったり、
ポイントを見極めて子どもが飛び出してくるかもしれない、
そう考えて運転していることが大切です。

予測しながら運転していれば、なるべく速度は落とすことになります。
いつでも止まれる状態なので危険が訪れても
落ち着いて対処できることに繋がります。
      
2020年の夏休み。
全国で子どもが事故に遭う交通事故を1つでも減らしましょう。


多くの警察や自治体では自転車の安全利用促進に取り組んでいます。
今週はそのうち1つ、京都府警が発行している自転車運転免許証を紹介しました。

お話を聞いたのは、京都府警警察 交通企画課
交通安全教育センター 交通安全教育係 主任 前田尚子さんでした。

対象としているのは、京都府内の4年生以上の小学生。
自動車の免許証のように学科テスト、実技テストがあります。
免許証は受けた子どもはみんな手にできて
結果をもとにABCのランク分けされ
氏名、学校名、公布日と合格証名文が書かれたカードとして授与されます。
免許証を手にすると子供たちは非常に喜ぶそうです。





京都府警の自転車運転免許がスタートしたのは平成18年。
自転車に乗る子どもの交通安全意識を高め、
事故を防止することが目的でした。

学校の授業や地域の交通安全教育の場で行われ、
府内およそ380ある小学校のうち、
9割ほど経験したことがあるそうです。





もうすぐ夏休み。
子どもは自転車に乗る時間が増えます。
夏休みは気分が高揚して、飛ばしたり、危険な運転をしがち。
交通事故に遭わないよう、また歩行者、特に小さな子どもやお年寄りを相手に、
交通事故を起こさないよう、注意してほしい・・・ということで
今回は学科の問題をクイズ形式で3つ出題してみました。



Q1)自転車は、夜ライトをつけなければならない。マルかバツか?


A1)答えは○
   車両等は夜間、道路を通行する時は灯火を点けなければならないと
   道路交通法でも定められています。


Q2)警報機や遮断機のある踏切では、自転車は一時停止をしなくても良い


A2)正解はX
   車両等は踏切を通過しようとする時は、  
   踏切の直前で停止し安全確認をした後でなければ、
   進行してはならないとなっています。
   子供達に実際に教える時には、踏切では必ず手前で一旦降りて、
   右、左の安全を確かめて自転車から降りて押して渡ると教えて下さい。


Q3)自転車で歩道を通る時、歩行者がいる場合は、
   ベルを鳴らして歩行者によけてもらう。


A3)正解はX
  歩行者の通行を妨げることとなる場合は、
  一時停止をしなければいけません。
  歩道はあくまで歩行者のためのもの。
  歩行者が優先であるということを忘れてはいけません。






クイズにすると、頭ごなしに「こうしなさい」というより、
子ども自身が考えるから、頭に残るでしょう。
交通安全について何かを教えたい時はクイズにしてみるといいと思います。
      
自転車で特に危ないのが信号や横断歩道がない、見通しの悪い交差点。
そのままのスピードで進むと交差している道路から自動車が出てくるケース。
「自転車でいちばん危ないのはどんなところだと思う?」
という問題を出してみては、いかがでしょう?


前田さんは保護者のみなさんに
こんなメッセージを発信して下さいました。

子供にとっては遊具の延長のような自転車でも
交通場面の中では車両となります。
自転車に乗ることはドライバーの一員という自覚を持って
ルールやマナーを守らなければなりません。
そのことを繰り返しお子さんに伝えて
交通事故の被害者にも加害者にもならないようにして頂きたいと思います。

また、万が一事故にあった時の対処法についてもご家庭でお話し下さい。
子供は事故にあった時の驚きでいっぱいになって、痛いという感覚も感じられず、
相手の運転者から大丈夫か尋ねられても大丈夫と言ってしまいます。
後から骨折していたなどの被害が分かることも珍しくはありません。
自転車で人や車とぶつかった時には、近くの大人の人に知らせる、
相手の人が怪我をしていたら救護する、また警察への届け出が必要
といったことも子ども達が理解できるようにお話いただきたいと思います。



今では自転車保険が条例で加入義務となっている都道府県も多数あります。
子どもは分からないことですので、お父さん・お母さんがきちんと把握して
加入義務となっていれば必ず入るようにして下さい。
義務になっていない地域でも、最近は自転車に乗っていた人が
歩行者にぶつかり、歩行者が亡くなってしまった事故で
多額の損害賠償請求が認められています。
万が一のために、自転車の保険には入っておくようにしましょう。

最後に自転車に乗っていて事故に遭ってしまった時、
多くのケースで頭を打ちます。ヘルメットは必須です。







6月30日「あおり運転」を規制する改正道路交通法が施行されました。
数年前、度重なるように報道された「あおり運転」のニュース。
人が亡くなるという事故も起きています。

今回は、東京 麹町みらい総合法律事務所 
吉田太郎弁護士に解説していただき
どんな法整備がなされたのかをお伝えしました。





今回の改正道路交通法では”あおり運転そのものを禁止する”
という書き方ではなく、他の車両の通行の妨害をする目的で
以下の10個の類型の行為をすると妨害運転になるという形で規定しています。

1)「通行区分違反」→ 逆走

2)「急ブレーキ禁止違反」→ 急ブレーキをかけて
               後ろの車を止めさせる行為

3)「車間距離の不保持」 → 前の車に距離を詰めるような運転

4)「進路変更禁止違反」 → 他の車線から急に進路変更して
               車の前に入り込むような行為

5)「追い越し違反」→ 左から追い越して車の前に入るような行為

6)「減光等義務違反」→ 後からハイビームを出して
             運転しにくくする行為

7)「警音器使用制限違反」 → にクラクションを鳴らし続ける行為

8)「安全運転義務違反」→ 例えば幅寄せ

9)「最低速度違反」→ 最低速度表示よりも遅く走り 
            後ろの車の運転をさせにくくする行為

10)「高速自動車国道等駐停車違反」→ 高速道路で車を駐停車して
                    後ろの車を困らせる行為






この10の行為によって摘発された場合には
3年以下の懲役、または50万円以下の罰金が定められました。

また、妨害運転等をするだけでなく、高速道路上で後ろの車を停車させるなど
著しい危険を生じさせた場合には5年以下の懲役、または100万円以下の罰金。
さらに罰則が重くなります。

行政処分もあり、違反点数が25点なので即免許取り消し。
2年間は免許をできません。
高速道路上で後ろの車を停車させるなど
著しい危険を生じさせた場合には違反点数は35点。
免許を取れない欠格期間は3年間となります。
クルマがが生活に欠かせない方は気をつけて下さい。





そして、今回の「あおり運転」に対する厳罰化。
実は自転車も摘発対象になっているのをご存知ですか?

自転車については、今まで酒酔い運転や信号無視、
スマホをいじりながらの運転など14項目の運転についてが
危険行為として講習を受ける対象となっていました。
14歳以上の場合は3年間に2回違反を摘発された場合、
安全講習が義務付けられています。

そこに15個目の項目として、上記自動車10類型述から
高速道路を対象にした2つと自転車の場合はハイビームがないので
ハイビームを除く、7つ行った場合は講習の対象になる形で改正されました。

1)「逆走して進路を防ぐ」

2)「幅寄せ」

3)「進路変更」

4)「不必要な急ブレーキ」

5)「ベルをしつこく鳴らす」

6)「車間距離の不保持」

7)「追い越し違反」



自動車にしろ、自転車にしろ、普通ならやるはずのない行為。
「あおり運転」を日本の社会から無くしましょう。



京都府 京田辺市で自動車の車両制作や修理、部品・用品の販売、
モータースポーツのサポートを行っている株式会社オサムファクトリー。     
ラリードライバーとして全日本ラリー選手権 総合3位の実績もある 
代表の福永修さんが4月から交通安全動画を発信し始めました。





きっかけは報道で知ったコロナ禍より後、
交通事故の死亡率が増えていること。

交通量が少なくなってスピードを出す車が増えて、
今まで怪我で済んでいたのが死亡になっているのではないか?
問題意識を持った福永さんは、プロドライバーとして事故を1つでも減らしたいと
世の中に恩返しのつもりで始めたそうです。

自身のYouTubeチャンネルの中で、福永さんはこの交通安全動画を
「オサムちゃんねる 交通安全シリーズ」とネーミング。
これまでに6本のコンテンツをアップしています。
どんなレクチャーをしているかというと

<例1>

交差点で右折するクルマと直進してきたクルマなどがぶつかる「右直事故」。
あなたのクルマは交差点に向かって走り、交差点を右折しようとしています。
対向車線は渋滞。交通を妨害することがないよう、
対向車線のクルマが、交差点に入らず止まってくれました。
青信号なので、いける!と、あなたは右折。
ところが、停車したクルマの陰から
バイクや自転車が突然出てきてぶつかってしまうという事故。








<例2>

あなたのクルマは交差点を右折しようとしています。
対向車線からクルマが来ている。
でも、まだずいぶん距離がある、
右折できると判断して、あなたは交差点に入ります。
でも、対向車はもの凄いスピードで走ってきていたのです。
そして、横断歩道には青信号になるのを待つ子供がいました。
衝突した車が子供達の集団にぶつかってしまう。









今回の電話インタビューを通して福永さんが強調していたのは、
「お父さん、お母さんには、子供に、自分の身は自分で
守ることを教えてほしい」ということ。

海外レース経験も多い福永さん、諸外国の子供と接すると、
日本の子供との交通事故に対する危機意識の“差”を感じるそう。
横断歩道で待つ時にも、危険は常にあることを教えて、
道路から離れたところで待つよう伝えるようにしましょう。

そして、福永さんはドライバーの”奢り”も指摘していました。
多くのドライバーは「事故なんて起こらない」と思ってしているもの。
そのため「大丈夫、行ける」というところから事故が起きてしまう。

道路は危ない、車は危ない。
どんな人が運転しているかも分からないし、運転のレベル、技量がバラバラ。
車を見る、自転車を見る、人を観察する、そういう注意が事故を引き起こさない、
大切なことなのかなという風に思いますとのこと。
本当に運転がうまいドライバーの提言に耳を傾けましょう。

福永修さんの「オサムちゃんねる 交通安全シリーズ」
時間がある時にYouTubeで、ご覧になってみて下さい。