コロナ禍の中で交通事故の増加が指摘されています。
特に二輪、オートバイの事故が増えているとか。

今週は増える二輪の事故についてお伝えしました。
お話を聞いたのはモーターサイクルジャーナリストで
ライディングアカデミー東京 校長 佐川健太郎さんでした。





日報で出ている警視庁の交通人身事故発生状況によると
今年は11月3日現在で112人が亡くなっています。
そのうち、状況別で乗り物に乗っていた人は自動二輪車が33人と最多。

また、北海道では今年、
9月初旬の段階で88人の交通事故死亡者が出ています。
そのうちバイクに乗っていた方が22人で4分の1。

確かに二輪の事故は増えています。
ライダーのみなさんには気をつけてほしいところです。





佐川さんの考えによると、二輪事故増加の背景にあるのは
コロナ禍のストレスをバイクで解消したいという気持ち。

4月以降の外出自粛の後、交通事故全体は減りました。
その後、二輪の事故がグッと増えたのが6月以降。
自粛疲れ、溜まったフラストレーションを
バイクで発散する人が増えたのではないかと見ています。

バイクは最も三密から遠いところにあるもの。
周囲もツーリング流行りになっているとか。
ただ、あまりに気分が開放的になると、
危険がともなってしまうのかもしれません。





そして、事故が増えている背景には、
オートバイを取り巻く状況もあるのではないかと佐川さんは考えています。

厳格だった二輪免許の取得は1996年に緩和されました。
それまでは、かなりのトレーニングを積んで
確固とした運転スキルと安全マインドを持った人しか
大型二輪ライダーになれませんでした。
それが、あまりスキルがない、安全マインドが足りない人でも
簡単に大型バイクに乗れるようになってしまったのです。

一方で今、バイクはとても高性能化しています。
ひと昔前のレーシングマシン並みと言われるほど。
そうしたマシンにお金さえあれば誰でも乗れてしまう。

最近、話題になっている40代50代の
いわゆる「リターンライダー」と呼ばれる人たちがいますが、
昔取った杵柄で高性能な大型バイクを、いきなり乗りこなすのは難しい。
また、実際のところ、リターンではなくて熟年ビギナーの方も多いそうで
加齢による体力や視力の衰えもあり
事故に繋がることはありえますねと佐川さん。

自分が当てはまると思った方は気をつけて下さい。 
身近にリターンライダーがいる方は何かの折りに注意を促して下さい。





今のバイクもABSが標準装備され、安全性能が高まっています。
事故防止のためには、バイクテクニックを磨くというのもありますが、
それ以前に大事なのは安全マインドを徹底して高めること。
コロナ禍でいろんなストレスに苛まれている方も多いでしょう。

でも、バイクは皆さん好きで乗っていると思うので
趣味のバイクで命を落とすようなことはあってはいけません。
危険予知と防衛運転を徹底して、笑顔で家族や友人の元に帰っていただきたい。
謙虚で誇り高いライダーであって欲しいと思いますと
佐川さんはバイク仲間へ、そう注意を語って下さいました。



ライディングアカデミー 東京 公式サイト
https://www.r-academy.com