水曜日から「令和 4 年 春の全国交通安全運動」が始まりました。
期間は4 月 15 日(金)まで。

今週は警察庁 交通局交通企画課の三浦 征大さんを迎えて
大切なポイントをお伝えする後編。
3つある重点ポイントのうち残る2つについて伺いました。





まずは「歩行者保護や飲酒運転根絶等の安全運転意識の向上」について 。
去年、交通事故で亡くなった方で一番多いのは歩行者。その多くは道路横断中。
ドライバーは歩行者保護の意識を持って運転する必要があります。

未だに信号のない横断歩道に渡ろうとしている歩行者がいるのに
一時停止しないクルマが多いことが指摘されています。
横断しようとする歩行者がいないことが明らかな場合を除いて
横断歩道の手前ではすぐ停止できる速度で運転しなければいけません。
その上で、横断しようとしている歩行者がいれば歩行者優先。
横断歩道の前で停止して歩行者に先に渡ってもらいましょう。





また、この「安全運転意識の向上」という重点ポイントには妨害運転、
いわゆる「あおり運転」を防止する呼びかけも含まれています。
運転をする際は心に余裕と「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持ちましょう。
それから「あおり運転」は自転車も違反対象になることを覚えておいてください。





それから去年、千葉県八街市で起きた飲酒運転による重大事故は記憶に新しいところ。
お酒を少しでも飲んだら、絶対に運転してはいけません。





最後の重点ポイントは「自転車の交通ルール遵守の徹底と安全確保」。
コロナ禍で通勤・通学の自転車利用者が増えました。
暖かくなって自転車で遊びに行く機会も多いと思うので気をつけて下さい。

自転車は便利な乗り物ですが自動車と衝突した場合は自分がケガをしたり
歩行者と衝突した場合は相手にケガをさせてしまうこともあります。





そして、自転車乗用中の死者・重傷者の大半は自動車との事故ですが
昨年は自転車側の約7割に交通違反がありました。

自転車は車道通行が原則。
道路標識があるなど、例外的に歩道を通行する場合には徐行する。
歩行者の通行を妨げる時は一時停止をしなければなりません。
夜間はライトをつける。自転車も車両ですので飲酒運転は禁止。
信号無視、一時不停止、安全不確認なども交通違反となります。
交通ルールとマナーを守って利用しましょう。

自転車乗用中に亡くなった方の多くは頭部に致命傷を負っています。
去年も死傷者の約 9 割がヘルメット非着用でした。
「大人も子供も自転車とヘルメットはセット」。
自身の命を守るためヘルメット着用を心がけて下さい。

ライトやブレーキ等の点検・整備はもちろんのこと
万が一の場合に備えた、自転車保険等の加入も大切です。





これから季節は春から夏へと向かいます。
くれぐれも交通安全には気をつけて楽しい毎日を過ごしましょう。

来週水曜日4 月 6 日から 令和4年 春の全国交通安全運動がスタートします。
期間は 15 日、金曜日までの 10 日間。
今週と来週は、警察庁 交通局交通企画課 三浦 征大さんにお話を伺い
その大切なポイントをお伝えします。





去年の交通事故発生状況は警察庁が統計を保有する昭和 23 年以降の最少。
亡くなった方は前年からは 203 人減って2,636人。
5年連続で最少記録を更新しました。
重傷者数は 27,204 人でこちらも前年に比べ約 600 人減っています。
減少傾向にありますが、まだ多くの人が事故に遭っていることを忘れてはいけません。





今年の「春の全国交通安全運動」の重点ポイントは3つ。


1、 子供を始めとする歩行者の安全確保

2、 歩行者保護や飲酒運転根絶等の安全運転意識の向上

3、 自転車の交通ルール遵守の徹底と安全確保



1つめの「子供を始めとする歩行者の安全確保」について
入学・進学シーズン、お子さんの事故を心配している方も多いでしょう。
交通事故で亡くなったり・重傷を負ったりした小学生は全国で 709 人。
その約6割が歩行中で、さらに歩行中に事故に遭った小学生の約4割が 登下校時でした。
子どもの歩行中の事故には「飛出し」によるものが多いという特徴もあります。

学年別に見ると 1 年生と 2 年生に多く、時間で見ると午後 2 時台から 5 時台。
時期としては新学期から少し経った6月にかけて事故が増える傾向があります。
低学年だと 新年度の新しい環境に慣れた頃に
気が緩んでしまうということがあるのかもしれません。





保護者は安全な道路の横断の仕方をしっかり教えてください。
近くに横断歩道があれば必ず横断歩道を渡ること。
そして、横断歩道では必ず立ち止まり、手を上げる、
ドライバーに顔を向けるなど、横断す る意思を明確に伝えること。
次に、右や左から車が来ないか、よく確認してから渡ること。
青信号でも、車が止まってい ることを必ず確認して下さい。
横断中も周りに気をつけることをお子さんに繰り返し教えてください。





子ども以外の歩行者の事故では歩行中に事故で亡くなった方の8割近くが高齢者。
この割合は増加傾向に あります。特に多いのが道路横断中です。
高齢者の場合は他の世代に比べて、横断歩道ではない場所での横断や
走行車両の直前直後の横断など横断違反があった割合が高くなっています。
身のまわりに高齢者がいる方は、注意を促しましょう。





交通事故全体でも亡くなった方の半数以上が高齢者です。
歩行中に限らず、運転中でも自分では気付かない体の機能の変化もあり
ご家族も一緒に交通ルールや安全運転について話し合ってみてください。

来週は令和4年 春の全国交通安全運動
あと2つの重点ポイントについてお伝えします。

警察庁とJAFが、2021年10月18日から12月3日まで、
全国の一般道路781カ所、高速道路105カ所で実施した
シートベルト着用調査の結果を発表しました。

今週は、そのデータを紹介しつつ、
自動車評論家 諸星 陽一さんにお話しを伺い
シートベルト装着の大切さをお伝えしました。





今回の着用率は


【運転者】

 一般道路 99.1%(微増)
 高速道路 99.6%(前年同期比 -0.1%)


【助手席同乗者】

 一般道路 96.7%(前年同期比 +0.2%)
 高速道路 98.9%(前年同期比 -0.4%)


【後部座席同乗者】

 一般道路 42.9%(前年同期比 +2.6%)
 高速道路 75.7%(前年同期比 -0.1%)



運転席と助手席の着用率はほぼ100%。
それに対して、後部座席はまだまだかなり低いことがわかります。





自分は事故とは無縁。
そう思いこんでハンドルを握っている人もいるのでしょう。
だから、家族や友人・知人を乗せた時、
シートベルト装着を促さないのかもしれません。
でも、事故に遭遇してしまってからでは遅いのです。

後席でシートベルトをしていないとどうなるか?
前のシートにぶつかって前の人を押しつぶす可能性があります。
もしくは車の窓を破って外に飛び出して
後ろから来た車に轢かれて亡くなってしまう…という事故も報告されています。





シートベルトの着用と非着用の危険度の差は
警察庁交通局が平成28年に発表したデータによると
交通事故死傷者数に占める死者数が
全座席の平均値で非着用時は着用時に比べて14.5倍。
運転席では57倍にもなっています。

万が一の時のため、目的地がすぐ近くだとしても、
クルマを運転する時は自分だけでなく
同乗者すべてにシートベルト着用を呼びかけましょう。

そして、正しくシートベルトを締めていることが大切です。
間違った装着では、その機能が発揮されません。





そして、もう1つ、気をつけていただきたいのがタクシーに乗った時。
自分がドライバーではない。乗る時間は短い。面倒だ。
いろんな理由でシートベルトをしない人が多いと思います。
しかし、リスクは同じです。

シートベルトは道路交通法上の免責事由に
本当に該当していて装着がままならない時を除いてどんな時でも締める。
それが自分と大切な人の命を守ることに繋がります。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 124 | 125 | 126 || Next»