第81回 浜松私立三ケ日西小学校 自転車部

2016/10/20
1年に1度、夏休みの8月に開催される
児童・生徒の自転車事故防止が目的の競技会があります。
全日本交通安全協会と警察庁が主催する「交通安全子供自転車全国大会」。
歴史は古く、今年で51回目を数えました。

その最新大会で団体優勝したのが
静岡県浜松私立三ケ日西小学校 自転車部です。



「交通安全子供自転車全国大会」は47都道府県の代表校が参加。
メンバー4人が「団体」と「個人」で自転車交通安全のレベルを競います。

順位は減点方式。
団体は4人合計の減点が最も少ない学校が優勝。
個人は各児童の減点が順位に繋がります。
競技は大きく2つのテストから成ります。


1)学科テスト
       
  交通規則・道路標識・自転車の安全な乗り方について
  30分で60問の出題に答えます


2)実技テスト

  実技テストには2種類あって

 【安全走行テスト】         
 
  自転車の正しい乗り方と安全な走行の評価
 「信号機のある交差点の右折と左折」「横断歩道の通過」等のポイントで
  安全確認や右左折の合図、停止の合図等を正しく行っているか審査します


 【技能走行テスト】
  自転車の乗り方の習熟度の評価
 「S字走行」「ジグザグ走行」「デコボコ道走行」などを行います





4年生で自転車部に入ったという4人。
大会前は朝、休み時間やお昼休み、放課後、
1日4時間近くも練習・勉強をしたそうです。

三ケ日西小学校は「交通安全子供自転車全国大会」に
これまでも幾度となく出場していますが団体優勝は無し。
学校と児童のみなさんにとっても大きな目標。
それを実現するために。

全国で三ケ日西小学校 自転車部のみなさんほど
交通安全を考えたことがある小学生はいないでしょう。
そんなは彼らは同じ世代の子供たちへ・・・

◯ 誰にもわかりやすい一時停止の標識から守っていってほしい

◯ 時々、2人乗りやヘルメットをかぶらず自転車に乗る人を見かける
  お母さん、お父さんに注意してほしいし、その人自身も気をつけてほしい

◯ 急いでいる時でも信号無視をしたら危ない

◯ 手放し運転、片手運転をやめてほしい

そんなメッセージを送ってくれました。
子供の頃の交通安全についての体験は将来に生きることでしょう。