第441回 令和5年 秋の全国交通安全運動 後編

2023/09/22
昨日9月21日から来週土曜日9月30日までは
「令和5年 秋の全国交通安全運動」期間。

今週は警察庁 交通局 交通企画課 安全係 保谷祐輔さんをお迎えして
その大切なポイントをお伝えする後編をお伝えしました。





あらためて今回の重点ポイントは3つ。

こどもと高齢者を始めとする歩行者の安全の確保

夕暮れ時と夜間の交通事故防止及び飲酒運転等の根絶

自転車等のヘルメット着用と交通ルール遵守の徹底



1つ目は、先週お聞きしたので、
今週は2つ目と3つ目のポイントについて。

2つ目の「夕暮れ時と夜間の交通事故防止及び飲酒運転等の根絶」。
日没が急激に早まる秋口以降は日没前後1時間の薄暮時間帯に交通死亡事故が増加します。
特に日没後1時間の死者が多く、昼間と比較して、特に歩行者が道路を横断中に死亡する事故が
多い傾向にあります。

それを防ぐには、やはり早めのライト点灯。
自動車の前照灯(ヘッドライト)を早めに点灯して、
対向車や前に車がいない場合はハイビームを活用して視界を確保して下さい。





飲酒運転については、今年上半期の死亡事故件数は59件。
前年同期比で4件増えました。
「飲酒運転を絶対にしない、させない」強い意志を持ち、飲酒運転を根絶しましょう。

自動車で知人や家族と飲食店などへ行く場合は、
お酒を飲まない「ハンドルキーパー」の人を決め、
その人が運転をして仲間などを自宅まで送り届ける
「ハンドルキーパー運動」を実践しましょう。





重点ポイントの3つ目。
「自転車等のヘルメット着用と交通ルール遵守の徹底」。

今年4月から 全ての自転車利用者にヘルメットの着用が努力義務となりました。
今年上半期の自転車に乗っていて死傷された方のヘルメット着用率はわずかに12.2%。
前年同期比で2.1ポイント上昇しましたが、それでも全体のおよそ1割に過ぎません。

昨年の自転車が関連した死亡事故を見ると、
ヘルメット着用時と比べて着用していない時は致死率が2.6倍。
命を守るためにヘルメットは必ずかぶりましょう。





そして、最近目立っているのが自転車に乗る人の交通ルール違反。
自転車はあくまで「車両」なので原則は車道の左側を通行すること。
      
歩道を通行できる場合も歩行者優先。
車道寄りの部分を徐行しなければいけません。
夜間のライト点灯や飲酒運転の禁止など交通ルールを守り、
安全運転を心掛けましょう。

自転車そのものではありませんが、7月から16歳以上であれば、
運転免許が無くても乗れるようになった電動キックボードも
交通ルールを知っていないと危険です。

電動キックボードには細かい制限があります。
それらが満たされて、初めて法律上の「特定小型原動機付自転車」と認められ、
街を自転車とほぼ同等に走行できることになります。

電動キックボードを利用している方やこれから利用しようとしている方は
インターネットなどで、いちどルールをチェックしてみて下さい。

歩行者、自動車運転者、自転車等の利用者、
それぞれが交通ルールを守り、相手の立場を思いやる、交通社会にしましょう。

特にハンドルを握るドライバーの方は、これからの季節、
歩行者の安全に配慮した運転を心がけて下さい。