みらい図鑑

VOL.246「綿入りはんてん」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

日本で古くから愛されている冬の羽織りもの、「はんてん」。

“着るおふとん”とも呼ばれる「綿入りのはんてん」は、
そのほとんどが、福岡県・筑後地方で作られています。

最盛期は、昭和の終わりから平成の初め。
産地全体で、年間250万枚を作っていましたが、その後、フリースブームが到来。
はんてんの生産量は減少していきました。

ところが、いま、これまでのイメージを覆すような、
オシャレなデザインのはんてんが、次々と生まれています。

null

作っているのは、創業100年を越える木綿織物の会社、「宮田織物」。

糸を選びから、布地のデザイン、布地織り、縫製まで、
すべて自社生産にこだわり、
熟練の職人さんが、一枚一枚、手作業で仕上げていきます。

null
null

同社代表・吉開(よしがい)ひとみさんに伺いました。

「綿を入れるときに、綿を手で一枚一枚、手で入れていくんですね。
そのあと、一針一針、手で縫っていくんです。
ふっくらしたまま長持ちするように、
しかも、綿が均一になるようにしているんですね。」

null
null


「宮田織物」が追求するのは、究極の暖かさ。
そのポイントは、綿の入れ方にあるといいます。

「綿の方向も、縦と横があるんです。
背中とかは、方向を変えながら塩梅を見て、工夫して綿を入れていきます。
それが暖かさの理由だと思います。
うちは、この作り方を変えずに55年目ですね。」

null

懐かしくて新しい「宮田織物」の綿入りはんてん。

フリーサイズなので、お父さんやお母さんをはじめ、
おじいちゃんやおばあちゃんへの贈り物にも最適です。

夫婦や親子でペア、というのも、気持ちがほっこりして楽しいですね。

null

VOL.245「土佐山ジンジャーエール」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

高知市北部の山奥に位置する、土佐山地域。
面積の9割が森林というエリアです。

null

急速に過疎化が進むなか、地元の農産物をブランド化し、
付加価値をつけていくことで地域を元気にしたい。

そんな思いで作り始めたのが、
土佐山の活性化に取り組む地域商社・「夢産地とさやま開発公社」が手掛けた、
「土佐山ジンジャーエール」です。

null
null

自社栽培の有機生姜をたっぷりと使った、本物のジンジャーエール。

「土佐山ジンジャーエール」の誕生から10年、
今では全国に知られる特産品になりました。

null

こだわりは、生姜だけではありません。
ブレンドしている柚子やハチミツ、さらには赤唐辛子も、全て土佐山産。

水にもこだわり、「平成の名水百選」に選ばれた、
土佐山の源流域から流れ出す清流・鏡川の水を使っています。

null

「夢産地とさやま開発公社」、理事の大裕一(おおさき・ゆういち)さんに伺いました。

「生姜を収穫して、年中、保管しています。
それも、天然の、昔の、何十メートルも堀った横穴の中に入れて、
眠ってもらっている状態です。
それを、その都度、取り出してきて、薄くスライスして、
鍋でグツグツと煮出して成分を取り出しています。」

null

「生姜を丸ごと味わってもらえるかなと思いますね。
これを飲んでいただくと、お腹の中から身体がポカポカと温かくなりますから、
ぜひ多くの方に飲んでいただきたいです。」

「食べる薬」、として、紀元前から世界中で愛されてきた生姜。
寒くなってきたこれからの季節に、
「土佐山ジンジャーエール」を飲んで、ポカポカしたくなりますね。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 30 | 31 | 32 |...| 151 | 152 | 153 || Next»