みらい図鑑

VOL.195「足袋のランニングシューズ」

Podcastを再生するradikoで再生する
null
「足袋づくりの街」として、300年以上の歴史を誇る埼玉県行田市。

木綿が採れたことや、江戸から中山道が伸びていて宿場が近くにあったことから、
江戸時代に城下町を中心に足袋づくりが奨励され、
足袋の産地として知られるようになりました。

null
null

この町を舞台にして、老舗の足袋メーカーがランニングシューズを開発する物語が、
テレビドラマでも大ヒットしました。
ですが、これは物語の中だけの商品ではありません。

裸足に近いランニングシューズを作れないか、という熱いラブコールを受けて、
足袋で作ったランニングシューズ、「MUTEKI」が誕生しました。

null

開発したのは、行田市に工場を構える老舗・足袋の館、「きねや足袋」。
3代目・代表の中澤貴之(なかざわ・たかゆき)さんのお話です。

「工場内というか、会社のなかでも、ごく限られた人数でやっていまして、
当時、親父が社長だったんですが、
内緒にして、強い想いで1年半という期間を経て開発しました。
天然ゴムを使っているので、接着剤を使わずに、すべて手縫いなんですね。
その軽さから、今までにない履き心地で、
気持ちがいいという声をいただくことが多いですね。」

null
null

足袋といえば、着物、仕事、、などのイメージがありますが、
中澤さんは、違ったチャンネルで、足袋を役立たせたいと思っていたといいます。

“人間の機能を活性化させる”というコンセプトのもとに作られた、足袋のランニングシューズ、
どんな魅力があるんでしょうか?

「足袋は、あまり知られていなくて日常的にも使われていないんですが、
蒸れにくく、足の匂いを軽減したり、角質が取れて足裏が柔らかくなったりとか、
指を使うので脳に刺激を与えたり、
膝や腰の痛みを軽減する、、、というような魅力があるんですね。
こういった魅力を未来へしっかりとつなげていきながら、
靴やスリッパのように、日常の履物として使ってもらえたら嬉しいなと思っています。」

null

伝統に裏打ちされた高い技術があってこそ発信できる、革新的なアイデア。
足袋のランニングシューズの愛用者は、全国に少しずつ広がっているようです。

null

VOL.194「病院がプラネタリウム」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

本物の星空をなかなか見ることのできない方に、星空を届けたい。
そんな想いで、全国の病院をめぐっているプロジェクトがあります。

「病院がプラネタリウム」。

長期入院している子どもたちや、難病の方のいる施設へ行って、
患者さんも、お医者さんも、看護師さんも、みんなで一緒に星を眺めるんです。

null
null

2014年からスタートしたこのプロジェクト、
これまでに、250箇所ぐらいの病院やその他のいろんな施設をまわり、
のべ2万5千人ぐらいの人が星空を体験しました。

null

「病院がプラネタリウム」の企画運営をしている「星つむぎの村」、
共同代表・高橋真理子さんにお話を伺いました。

「星って、ほんと、世界中どこからでも見られるものですよね。
そして、もうずっと昔から人間のみならず、生命にとって共有の風景だと思うんですね。
自分のことを見つめなおしたり、誰かのことを思い出したり、
初対面なのに、なぜか、自分の気持ちを話したり、外の世界とつながることでもあるし、
同じ気持ちで空を見上げている人たちがいるなって思えたり。
やっぱり一人じゃないというね。」

null
null

学生時代、オーロラの研究をしていて、
次第に人と向き合う仕事や、科学と社会をつなぐ仕事がしたいという気持ちが強くなり、
プラネタリウムに携わったという高橋さん。

プラネタリウムは、星空の疑似体験。
本物の星空を見られない人にこそ意味があると、
長期入院をしている方や難病の方に向けた、この活動を始めました。

null

「実際に病院のなかで、お医者さんとか看護師さんも一緒に見るわけですね。
普段は、治す、治される、という関係性しかないところが、
フラットになって、星空の下ではみんなとても小さいし、
でも、小さいからこそ出逢えたことが愛おしいと思えてくるんですね。」

null

すれ違っても挨拶をする程度だった人が、一緒に星空を眺めたあとは仲間になる。
ここからステキな出会いがたくさん生まれています。

いろんな人たちをつなげる高橋さんたちの挑戦と活動は、これからも続きます。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 30 | 31 | 32 |...| 125 | 126 | 127 || Next»