2019/7/14
だんだん暑くなってきて、食欲が減退してきたという人もいるのではないでしょうか?
「食べることは生きること。“食”は人にとって、もっとも大切なことですよね。私は最近、ちょっと改心を致しまして、なるべく菜食を中心にしている。お魚は頂きますが、お肉や乳製品はちょっとご遠慮させていただいているんです。昔と食の常識は、随分と変わってきている。だから自分でちゃんと考えて、自分で決めていかないとダメだというふうに思うんです」という江原さん。
今日は『食語り』をお送りしました。

今夜お届けしたナンバー
◇フリム・フラム・ソース / ナット・キング・コール
◇スカボロ・フェア / 江原啓之



「私は夫と小学生の娘2人と、4人暮らしをしています。先日、夫の母が目の手術をし、退院する日、せっかくだから新鮮な物を食べて元気になってほしいと、よく行く産直に行き、たくさんの野菜や果物を買ってきました!その産直に行くときは、必ず開店時間すぐに行くようにしているのですが、もう既にお客さんでいっぱい!たくさんの新鮮な野菜や果物たちから、イキイキとした雰囲気やパワーがみなぎっている感じで、ついついいつもテンションが上がり、あっという間に買い物カゴがいっぱいに!こんなに元気で新鮮な野菜や果物を食べたら、どんな人も元気になれるに違いないと思います。それだけでなく、せっかくの新鮮な野菜たちを家に帰ってから料理するのも、いつもより気合が入り、この新鮮さをちゃんと活かさなきゃ!と、実力不足ながら努力し、楽しんでおります。夫から義母に、新鮮な野菜や果物を届けてもらい、夜、義母から“いやぁ〜美味しい野菜や果物をありがとう!!”と、嬉しそうにお礼の電話があり、私も嬉しい気持ちになりました。やっぱり素材の持つ力は本当に素晴らしいと思いますし、産直はまるでパワースポット!そこに売られている野菜や果物は、お守りのように人を元気に、力をくれるものだなぁと。生産者の方々や大地の恵み、食べ物に感謝することができるお買い物となりました!」というメールをいただきました。

江原さん
「産直、いいですね!ただ、水を差すわけではありませんが、なるべくなら農薬を使わない物がいいですよね。生産者さんが“有機だ”と言っているところを、なるべく選ばれるのもよいのではないでしょうか」


「江原さんの“食”に関するお話を聞いて、気が付いたことがあります。それは、人の体は植物のようだということです。秋に植物は、冬に備えて細胞から水分を抜き、冬には身を固く縮めて春を待ちます。暖かくなる春には、水分をため込んで、蕾や葉っぱを膨らませ、夏には日の陽をたっぷり浴びて、エネルギーを蓄えます。人の体も同じく、春になると水分を細胞に蓄え。なんだか体が浮腫んでダルくなったりしませんか?季節の変わり目になると体が変化して、時には体調を崩してしまう人もいます。雑草とはいえ、農薬をかけられたら、野菜だって影響がまったくないわけがない。そう考えると、人も美味しくて安全な水や、添加物や、農薬を使用していない食べ物を食べた方が、体に良いはずですよね。ただし農家の方は、それなりの理由があって使用しているのだと思いますので、全部が全部ダメとは思っていませんし、なるべく実害のないものをとりたいと思うなら、外食をするよりも、自宅で野菜をよく洗ってから料理をすることも大切なのではないかと思います。スマホで夜更かしは、生き物として不自然なことです。規則正しい生活をすることも忘れない。これらが、自分の体を大切にすることにもなるし、自分を守ることにもつながるのではないかなと思いました」というメールをいただきました。

江原さん
「おっしゃる通りですね。そして人間の心も植物と同じ。私は子育ての話をするときにいつも言っているのですが、お母さんや親は、太陽でなければいけない。人というのは太陽に向かっていくのです。そして、あなたはお優しく、バランスのとれた方だと思うのですが、私はもう一歩先に進んで考えるんです。今、添加物や農薬の問題は大きい。“農家の方はそれなりの理由があって”と、あなたは思い遣っている。けれど、食物を大量に作る為の農薬というのは、私は違うかなと思う。良い物は価格も高い。それをみんな“安く!安く!”と言い、みんな贅沢過ぎて、あれもこれもと、全部欲しがる。そうではなく、良い物にはお金をかける。そしてあとは無駄遣いをしない。私は最近、本当に食べ物に気を付けていますが、それは“添加物に気を付けよう!お米を大事に食べよう!”と、ひとつの宣伝活動としてやっている。また“良い物を食べよう”と言うと、みんな“お金がかかる”と言いますが、私はそれには異議ありなんです。私は、本当にお金を使わなくなりました。昔はついついパンを買ってしまったり、どこかに行くと何かを買ってしまったりしていた。けれど今は厳選した物しか買わないし、人に対してプレゼントする時もそうなったので、返ってお金を使わなくなったし、無駄にお店に寄る時間もなくなりました。そして“外食ばかりするよりも、自分で作る”というあなたの言葉も素晴らしい!料理もそうだし、栽培もそう。私も少しでも畑をやりたいなと思っているのです」


「私は食事処に関して、あまり運がないようです。計画して調べていこうとするお店は、店内改装な為、臨時休業。なぜかわからないがお店が開いていない、閉店している、などが多いのです。その都度、インターネットで調べていくのですが、こうなってしまいます。最近では、お店に向かう前に電話をするようにしています。さて、この問題はこれで解決でいいのですが、店員さんに忘れられる、間違えられる問題があります。注文した物が来なかったり、オーダーが通っておらずに待つことが多いのです。付き合って一年になる彼氏には“俺の人生でオーダーを忘れられたのが10年前のことしかないけど、去年一年だけで、君は3〜4回あるよね”と言われます。何でかなぁと思い、そして、彼氏と私の違いについて考えてみました、ひとつ思いついたのが大らかさの違いです。彼はオーダーを間違えられてもイライラしたりしない人間、私はオーダーを間違えられると悲しくなり、イライラする人間です。言い訳させていただくと、毎回の食事やコーヒータイムをものすごく楽しみにしているので、それが叶わないと、とても悲しくなるのです。この食事処の運のなさは、私が心を改めれば、改善していくものなのでしょうか?」というメールをいただきました。

江原さん
「私も食事をすごく楽しみにしているし、それが叶わないとすごく悲しくなる。それなのにあなたがどうして運がないのか。それは中途半端だからじゃないかな。“本当に食べたい!”という思いが、あなたには足りないのではないか。私のオーダーの時の眼力はすごいですからね(笑)。あなたはオーダーをする時、相手の目を見ているかな?相手に伝える!という念力を込めるということをやってみてくださいね」


「4月から大学生になり、初バイトを始めました。うどん屋さんで働いていますが、売れ残りや、賞味期限間近とか、天ぷらやうどん…、とにかくたくさんの食品を捨てます。とても不愉快な気持ちになりますし、遣る瀬無いのです。仕事と割り切って、心を入れない方が良いのでしょうが、この食品ロス…、無関心で本当に良いのでしょうか?江原さん、アドバイスをよろしくお願いします」というメールをいただきました。

江原さん
「大きなチェーン店なのでしょうか?残った物を、働いている人が貰えるなどということはないのかな。昔は働いていると、くれたりしていた。私はそれで高校時代、しのぎました。私の母の遺言は“食べ物屋で働けばくいっぱぐれしない”です(笑)。でも、フードロスのことで国が言い出したのは最近になってから。遅いですよね。今、貧困家庭も多いのに、食品ロスはもったいない!これはあなたがTwitterなどではなく、何かに発信したり、公明正大に行政や厚生労働省に苦情を言ってもいいかもしれない。あなたは問題意識を持っていて偉い!これからも社会を見て、矛盾を正していこう!あなたが未来を創るのだから。あなたの国なのですからね」


●7月お誕生日の方、メールお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ、生きること・生まれてきたことに感謝したい。
7月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生日に関するエピソードなど、ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇Dr.Recella奥迫協子さんへのお便りを募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、失敗談など、みなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
奥迫協子さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言
「カラダに良いものを食べる人は、良い人生になります」
「食べることに前向きな人は、人生も前向きです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ 演じるさんのコーナー
(私はこう演じました。そしたらこんなに変わりました!エピソードのお便り)
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 7月お誕生日の方
◇ Dr.Recella奥迫協子さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2019/7/7
最近、不登校や引きこもり、いじめのニュースが目立ちますね。
子どもだけでなく、大人の引きこもりも社会問題となっています。
「この時代、あっておかしくない問題。鈍感でなければ生きられない。どう乗り越えていくのか。それはスピリチュアルな視点しかないと私は思うんです。自律したら、自立できる。“自律”というのは、自分自身の人生観を哲学すること。必要以上に良いことも悪いことも起きないということを理解することが大切なのです」という江原さん。
今日はみなさんのお悩みのメールをご紹介しました。

今夜お届けしたナンバー
◇Mean / テイラー・スウィフト
◇モズのために / 江原啓之



「私には、中3の息子がおります。今年の1月から、学校に行けなくなりました。初めは、クラスメイトとうまくいかないということでしたが、次第に朝、起きられなくなり“行きたい”と言いながら、学校を休み日が続いています。時折、部活には顔を出します。仲の良い同級生がいて、誘いに来てくれたりすると行きます。ただ、それは続かず、学校は休みます。怖くなったとも言います。スマホのゲームにはまるようになり、夜中も起きていて、ますます朝は起きられません。“ダメだからやめよう”と言って、携帯を預かろうとすると暴れ、先日、とうとう父親とスマホのやり過ぎで口論になり、彼が自分で投げて壊してしまいました。今はスマホのゲームはできないけれど、それでも他のゲームやマンガなどで気を紛らわせています。なんとかこの生活から抜け出させてやりたいと思いながらも空振り。または、返って言い過ぎで、悪化させてしまうことの繰り返しです。カウンセラーや病院の先生も“ただ待つこと”としか言ってくれません。本当にそれしかないのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん
「カウンセラーや病院の先生は、すごく苦労や努力をなさっていると思うけれど、ケースバイケースだと私は思う。カウンセラーの先生を決して否定をしているわけではありません。けれど、以前、金属バットで親御さんを殺してしまった事件。カウンセラーの人たちから“逆らってはいけない”と言われての結果。そういった指導の仕方の誤りは、報道されない。もちろん、悪意があってのことではないので仕方がない。けれど、カウンセラーや病院の先生など、何事であれ、すべてを依存するべきではない。あくまでもそれらを参考に、親御さんたちが考えること。引きこもり・不登校自体を私は悪いとは思わない。なぜかというと、今の時代は陰険・陰湿だから、命に関わる場合がある。命より大切な登校なんてない。だから私は行かなくていいと思うんです。その代わり、規則正しい生活をする。学校に行かないから、ゲームをして、昼夜逆転で良いということはない。最近、小学生の子どもがYouTuberになったという話も話題になりましたが、それも私は反対。学校に行かないのは構わないけれど、YouTuberになる必要はない。ひとつの方法としては良いかもしれないけれど、共感力を失ってしまうと思う。自分の思いや考えを発信するだけで、一方通行。人はどう考えるのかという“共感”というのがなくなってしまって、自己主張ばかりを学んでしまうことになる。学校の大切さは、友達関係や“こういう考え方をする人もいるんだ”“ここは一歩譲った方がいいか”など、そういうことを覚える場でもある。YouTuberをやってもいいけれど、反面のところも作らないと。それで有名になってしまって、自己主張ばかりを学んでしまうと、将来、怖いなと思うんです。あなたの場合、すごく無責任な言い方になってしまうかもしれませんが、まずひとつ。今の葛藤は素晴らしいと思う。この道程がすごく大事。事なかれ主義のこの時代に、お父さんと真剣にケンカをして、スマホを投げた、口論になった。バイオレンスで嫌なことだと思うと思いますが、大事なことだと思うのです。きっと子どもは子どもで“悪いことをした”などと思い、父親は父親で“言い過ぎたかな”など、こういうところが育みなのだと思う。この時間はすごく大事。今は物質的価値観が強いので、インスタントにホップ・ステップ・ジャンプでなんでも解決させようというところがある。無駄の大切さ。この時間が将来の宝になる。親子でもがく、この時間が大事だと思うので、徹底してあきらめず、毎日のように向き合って、お母さんも苦しんだりしながら、泣いてみせたりする。そして学校に行かないにしても、フリースクールなどで勉強をする。中学3年が終われば、大検という道もあるし、定時制の学校もある。人生長いのだから、焦らないでくださいね。私は“ただ待つ”というのはダメだと思う。もがき苦しむという道程が大事。無責任な意見かもしれませんが、ごめんなさいね」


「小学生の3人の子どもたちと一緒に聴いています。昨年、3人とも不登校になり、暗いトンネルに入ってしまったような気分だったのですが“やってはいけない3つのこと(自己憐憫・責任転嫁・依存心)”を意識するようになり、心が楽になりました。不登校になったのはそれぞれ理由があり、上の娘は、仲が良い友達が意地悪をされるようになり、助けようと努力をしたけれど、心が折れてしまいました。長男は、クラスが同じ男の子に何度も階段で背中を押され、ケンカになり、お腹を殴られ、恐怖心でいっぱいになり、登校できなくなりました。末っ子の次男も、男の子同士で叩かれたり“だっせー”など、嘲笑されることに耐えられず、行かなくなりました。それぞれの先生や親と何度もやり取りし、相手の子どもたちとも直接話をしました。10ケ月ほど家で、お絵かきや工作、ゲームや音楽など、好きなことに没頭していました。不安で仕方なく、今でもその白紙期間がどう影響するか心配になります。けれど江原さんの“今は道程である”という言葉を心のお守りに、見守っています。学年が変わったら、3人とも登校し、休みの日には、友達と遊びに行くようにもなりました。時に、余裕をなくして、叱ってばかりの鬼母ちゃんになってしまいますが、『おと語り』を聴いて、リセットしていきたいなと思います」というメールをいただきました。

江原さん
「“白紙期間”ではないと思います。そこに実りがある。仕込みと言ってもいいかな。そんなに恐れる必要はない。今の時代、陰湿で、やることがえげつないけれど、受け身の方は純粋過ぎてしまう。この差が激しい。私が中学生の頃、ズルいことばかりするすごく嫌な同級生がいた。それを担任の女性の先生に言ったんです。すると“それが?だから?”と言われた。“そんなこと、世の中にはいくらでもあること。自分で乗り越えていかなければ仕方がないでしょ。あの子がそうだから、だから何だっていうの?”と言われ、すごくショックでした。小学生の頃は、勧善懲悪というようなところがあったけれど、中学生になり、ズルいことをする人を理解していかなければならないのかと。先生も“それをどうするのかというのが大事だということ”を意図して言っていたのでしょうね。“言いつけたところで、世の中渡っていけるのか”と。それが世の中だということだったのでしょう。それが純粋培養できてしまうと、ショックを受ける。今の若い子たちは“ズルい”とすぐ言う。アニメが流行るのは、善と悪がはっきりと分かれているからかな。理想がそこにあるのでしょうね。現実は違って、そこを乗り越えていかなければならないのです」


「主人のことで相談させてください。主人と私の気持ちの持ち方などを、ご教示いただければ幸いです。実は、主人は小学生時代に、教師からひどいいじめを受けていたそうです。私は聞くたびに、ただびっくり驚き、次は“そうだね。大変だったね”と同調し、その後は“このことは他人には話さない方がいいよ”と話しています。彼の幼少時代の悲しい思いを、解決することはできるのでしょうか?話を聞いていると、私も悲しくなってしまいます。私からは、何かできることはあるのでしょうか?」というメールをいただきました。

江原さん
「なぜ“他人には話さない方がいいよ”なのでしょう?とらえ方によっては“あなたが恥ずかしいよ”と言われているような気がする。いじめられている方は悪くない。あなたがびっくりしたからそう思うのかもしれないけれど、本人が“自分が悪いの?”という気持ちになってしまうから、それは言わない方がいいかな。たくさん話を聞いて“あなたは悪くないよね。その人、先生というよりも、人間性の問題だよね”と言ってあげる方が大事。よくいじめられる方も悪いという話も聞くけれど、それは絶対にあり得ない。いじめている方が悪いのです」



●7月お誕生日の方、メールお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ、生きること・生まれてきたことに感謝したい。
7月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生日に関するエピソードなど、ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇Dr.Recella奥迫協子さんへのお便りを募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、失敗談など、みなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
奥迫協子さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言
「自律できたら、自立できます」
「悲しいのは、視野の狭い人です」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ 演じるさんのコーナー
(私はこう演じました。そしたらこんなに変わりました!エピソードのお便り)
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 7月お誕生日の方
◇ Dr.Recella奥迫協子さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2019/6/30
梅雨の時期はジメジメしていてネガティブになりがちですよね。
「人は分かっていても、どうしてもネガティブに考えてしまうものです。ネガティブ=暗い人と思いがちですが、ネガティブは自分が可愛い人。本当に自分で“ダメだ”と思っていたら、ネガティブにはならない。ネガティブは“こんなはずじゃない”“良い私をみんな見抜いて”というサイン。自分の心がけで、自分自身の人生を変えてしまうこともできるんです。一番は心の清らかさ。心利口の心美人になっていきましょう!」という江原さん。
今日は「ネガティブ特集」をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇The Sound Of Silence / サイモン&ガーファンクル
◇風 / 江原啓之



「ネガティブな私に、どうかよきアドバイスをいただけたら幸いです。私は昔からお金の使い方が悪く、気づけば、常にお金に振り回されて、借金を繰り返す人生です。貯めることができず、あればあるだけ使う…。そんな生活を繰り返してきました。結婚してもそれは変わらず、主人を亡くして11年が経ちますが、まったくお金がなく、あるのは身内などからの借金です。振り返れば、私の使い方が悪く、今の状況に陥ったので、自業自得なのですが…。あの時、きちんと先を考えて使っていれば…。後悔ばかりです。こんな自分が嫌でたまりません。この先、どう返していけば良いか、毎日お金の心配ばかりで気持ちも沈み、苦しくてたまりません。おまけに体調を崩してしまい、仕事も休みがちになってしまいました。なんとか家族3人、笑顔で暮らせたら、それで満足なのです。自分を変えたい。変わりたい。そう思って頑張りたいです。ずっと引きこもりだった息子は、今の住まいに引っ越してきてから明るく前向きになり、少しずつですが、変わりかけています。『喜』のある家庭にしたいです。ご助言お願いします」というメールをいただきました。

江原さん
「あなたは原因も、どうしたら良いのかも分かっている。私のよく言う不幸の三原則。“自己憐憫”“責任転嫁”“依存心”。働くしかないんです。まず“絶対に返さねばならない”がない。“返すのが大変”という思いが先になってしまっている。例えば“あそこまで歩くのが大変…”と思うよりも、今の一歩から。返すしかないのだから、気持ちが沈んでも仕方がない。そういう無駄なことを考えているから体調を崩すんです。お子さんは引きこもりから、明るくなっていっている。良いこと!!『喜』のある家庭にしたいのであれば、スローガンを掲げる。“みんなで借金返すぞー!!エイエイオー!!”というのを朝の挨拶にする。明るく楽しくするのです!もしもどうしようもない借金になってしまっているのであれば、破産するしかない。一から、更地から始めよう!と気持ちを切り替え、身内からの借金は“ごめんなさい!なんとか少しずつでも頑張って返します!”と、繰り上げ返済できるくらいにする。家族3人いたら、みんなで働いちゃえばいいんです。そして“毎月これくらい返したらあと○年で返せるね!”と、計算を立てる。そして返してしまったら、あとは貯金になる。また“返し終わったら何食べたい?”などと、良いことを考える!それくらい楽しくいかなければダメ。頑張ってくださいね」


「人は皆、平等だという言葉を信じられません。美しく生まれるだけでも特別なのに、才能も運も地位も名誉も富も手にしている芸能人を見ると、惨めな気持ちになってしまいます。同級生や、実の妹に対しても、私よりも恵まれている、愛されている、得をしていると、つい思ってしまいます。私は神様に嫌われているのかなと悲しくなったり、幸せにはなれないのかなと、心が折れそうになります。嫉妬で苦しくなってしまうので、テレビもSNSも見ないようにしていますし、妹や友達のことも、なるべく干渉しないようにしています。どっちが上とか下とか、良いとか悪いとか。こんな人生に疲れてきました。正直、誰にも会いたくありません。この感情をどう整理して生きていけば良いのでしょうか。教えてください」というメールをいただきました。

江原さん
「まず言えること。あなたは基本、傲慢なんです。芸能人と比べますか?私は一度も芸能人と比べて、羨ましいと思ったことはない。例えば同じ事務所の城田優君を見ると“うわッ!背が高くて足が長い〜!テレビで見るより本物の方がよりカッコイイ!!”と思ったりする。そして隣をふと見ると、石ちゃんがいてホッとしてみたり(笑)。でもそれでも比べない。その人たちにはその人たちの大変な苦労と悩みもあるんです。こんなに目立って生きているのも辛いだろうなと思ったりする。あなたがなぜ傲慢なのかというと、想像力が足りないから。そちらにばかり目が行くから、自分を磨こうとしなくなってしまうし、“神様に嫌われているのかな”などと幼稚になってしまう。あなた自身が恵まれていることもいっぱいあると思う。そこをもっと磨いていけばいい。まず、競わず、比べないこと。例えば、オーケストラの花形はバイオリンですよね。けれどバイオリンだけの演奏ではつまらない。様々な楽器、トライアングルも必要なんです。全部があって、調和があってオーケストラ。無駄な楽器はひとつもない。すごく地味な打楽器などもありますが、打楽器科は入るのがすごく難しい。打楽器科の人は様々な楽器をしなければならないので、忙しいんです!マリンバなんて神業ですよね。それぞれが素晴らしい才能を持っていることに、早く気付かなければいけない。まず、この焦りやひねくれた気持ちを持つのをやめて、素直に自分を見つめ、上手に良いところを見出し、自分をほめてあげる。せっかくメールをいただいたけれど、敢えて愛情を込めて、厳しいことを言わせてください。あなたは心ブス。見た目や地位の問題ではない。心がおブスなんです。嫉妬や焦燥感などの心が、一番自分を醜くする。自分で自分のことを上手に見出して、愛してあげること。その心から解放されたら、もっと人にも好かれるし、道も拓けてくると思うのです。心美人になってください。これはすぐにできることですからね」


● 6月生まれの方 誕生日おめでとう!! ―――
6月生まれのみなさんは、涙を清める人。
ひとびとの涙を癒しに変えてあげてください。

※たくさんのメールいただきました!すべての方の名前をご紹介できずに申し訳ありません。

●7月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
7月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


◇Dr.Recella奥迫協子さんへのお便りを募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、失敗談など、みなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
奥迫協子さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言
「ネガティブは、本当は自分が可愛い証です」
「ネガティブを克服すること。それは怠惰を克服することです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ 演じるさんのコーナー
(私はこう演じました。そしたらこんなに変わりました!エピソードのお便り)
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 7月お誕生日の方
◇ Dr.Recella奥迫協子さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 144 | 145 | 146 || Next»