2018/9/23
日常生活で、ふと“これってスピリチュアルな出来事?”と、思うことはありませんか?
「私が一番人生の中で、スピリチュアルって嫌だなと思うのは、相手の嘘がすぐにバレることなんです。細やかでくだらない嘘でも、ちゃんとバレてしまう(笑)。“私の周りでは絶対に嘘がバレるから、お願いね”といつも言っているんです。けれど、みんなで内緒でお菓子を食べたということまで明白になってしまう。
人生を常に分析して、細かく丁寧に生きていると、スピリチュアルなことは分かるものなのです」という江原さん。
今日は『ちょっとしたスピリチュアルなメール』をご紹介しました。

今夜お届けしたナンバー
◇Oh Happy Day / スーザン・ボイル
◇Ave Maria / 江原啓之



「悩んでいることがあります。私の田舎の実家には倉庫があります。両親は既に引っ越しているので、その町には住んでいません。母屋は売却しましたが、倉庫だけ売りませんでした。10年くらい遅れて倉庫を売りに出し、1年くらい経ちますが、未だに買い手がつきません。実は、売りに出す少し前に、妹の夫に倉庫の様子を見に行ってもらいました。そしたら、なんと、倉庫の中に五寸釘を刺した藁人形が置いてあったというのです。写真も送られてきたので、私も見ました。誰が置いたのかは分かりません。何故か父が鍵をかけていなかったので、鍵はずっと開いている状態でした。私は藁人形を処分しないと売れないと思いつつも、父が知り合いに頼み、売りに出したので1年間くらいそのままの状態。欲しくて見に来た人がいたとしても、藁人形を見られたら絶対に買いませんよね?片付けに行った方がいいですよね?藁人形は触ってもいいのでしょうか?処分の仕方はありますか?ぜひご教授ください」というメールをいただきました。

江原さん
「最初に思ったのは、なぜ倉庫だけ売らなかったのかということ(笑)。一遍に売った方が売りやすいのに。そして、私が思うには、この藁人形は他人さんがやったのだと思う。処分に困って置いていったのではないか。なぜ鍵をかけておかなかったのか。この家は隙だらけ。まずここに“隙だらけ”というメッセージがある。そして、やはりそのままの状態で置いておくのはダメ。処分した方がいい。処分の仕方は、お金がかかってしまうが、地元の神主さんを呼ぶ。そしてお祓いをして持っていってもらう。これがまず一番。自力で何とかしたいという場合には、胸元辺りに、どんな鏡でもいいので首から鏡をぶら下げて藁人形を取りに行き、そこにお塩とお酒を撒いて袋にパッといれて、神社さんのお焚き上げに持っていく。なぜ鏡なのかというと、鏡は跳ね返すから。“ご本人に返ります”ということになる。よく私は、鏡は玄関に置いた方がいいとも言いますが、それは念を跳ね返すから。そうすれば大丈夫です。跳ね返せなかったらどうしようなどとは考えない方がいい。そうするとそんな気になってしまう。“人を呪わば穴二つ”。そういうことをした方が悪いんだと思った方が良いのです」


「最近、仲の良い友人が神社のお参りにハマっています。会えば“龍が見える”とか“神様の声が聞こえる”とか、そんな話しばかりです。先日、その友人と一緒に旅行に出かけた際、旅先の大きな神社へお参りに行きました。友人は、道中で見た飛行機雲を“龍神に歓迎されている”と言ったり、単に太陽の光が強い所で撮った写真を、オーブが写ったと信じていて(もしかしたら本当にオーブかも知れませんが)不思議写真を撮りまくっている様子に、正直なところ少し引きました。本人曰く、境内では声が聞こえたり、綺麗な光が見えたりしたそうです。私も神社に行くのが好きで、神様とか目に見えない存在は信じていますが、実際に見たり感じたことがないのでその感覚が分かりません。はじめのうちは“神様を感じる力を持っていてすごいねー”と言っていますが、しつこく自慢されると、もう何て返したらいいのか分からないし、神様を感じることができず、大事な友人に鬱陶しさを感じてしまう自分には、神様のご加護がないのだろうかと、モヤモヤしてしまいます。友人が見えているのは本当に神様なのでしょうか?こんなモヤモヤな自分の気持ちの折り合いのつけ方など、アドバイスいただけたら幸いです」というメールをいただきました。

江原さん
「私もこういう人、すごく苦手(笑)。神様の声が聞こえるなんて、あるわけがない。人間と神様が会話なんてできない。よく“神様がこう言ってくれた”という人もいるけれど、インチキ。もし本当に聞こえたとしても、神様と“直”というのは無理なんです。伝言の伝言の伝言の…という伝言ゲームになってしまう。友達は、思い込みが強いのかもしれませんね。“現実的なことで自分を評価することがないから、こういうところで悦になってしまって気の毒だな。淋しいんだな”と思った方がいい。そして、あなたも悪い。そういう聖域に一緒に行こうというのがいけない。一人で行くものなのです。旅に行って、そういうところに行くとしたら別行動というのが普通。雑念や邪念が湧いて、清らかさがなくなり、行っている意味がない。それに、こういう友達がいるというのも波長の法則なのです。最近バサバサと言うと“江原さん冷たい”と言われることもあるが、愛があるから言うのです」


「7月に父を突発性の病気で亡くしました。亡くなる前に、父が不思議な行動を取っていました。今年の正月に父と2人で銭湯に行ったのですが、行く道中で“最近できた火葬場があるらしいんだけど、ちょっと見に行こう!”と言い出し、私は“なんでそんなとこ見たいんだろう”と思いながらも軽い気持ちで付いていきました。父は火葬場の中まで入っていって“綺麗だなぁ”と関心し、その建物を出ました。父が亡くなり、いざ火葬場に行くとなったら、葬儀場が契約している火葬場が満員で、唯一空いていた場所が父と見に行った火葬場でした。また、死期が近づいている人はお香や、お線香の香りがすると聞いたことがあるのですが、父は亡くなる一週間前に、知り合いから貰ったと毎日お香を焚いていたといいます。さらに母は父の誕生日に『うなぎ』を食べに行こうと父と企画していたそうなのですが、亡くなる一週間前に、急に“美味しい物が食べたいなぁ!うなぎ食べよ!”と、誕生日に行くはずだったうなぎを前倒しして食べに行ったんだとか!死期が近づいている人は自分で何かを予感して、急に変な行動したりするのでしょうか。身近な人の死が初めてなのでご教示頂けましたら幸いです」というメールをいただきました。

江原さん
「こういうことはある。まずこう考えたら楽かな。人間も動物なんです。動物も死が近づくと行動が変わる。また“死”でなくても、妊婦さんは、お産が近くなっていることを自覚していなくても、急に片付けだす。巣作りの本能が働くんです。だから、亡くなる前にこういう行動をとるのは、枚挙に暇なし。むしろ、このお父さんは、良い死だなと思います。また残された者にとってもすごく満足がいく。後になっていたら、うなぎが食べられなかったかもしれない。お父さんは、前倒ししてうなぎも食べたし、自分が見て満足した火葬場で荼毘に付すこともできた。またお香を焚くなど、普段しない行動をとることも多い。懐かしいところに行ってみたり、お墓参りを急にしだしたり。ひとつのサインだけれど、そういうサインがあったからといって、神経質になるのもいけない。後になって考えてみれば…ということがあるのです」


「以前、江原さんがテレビで、コックリさんは、絶対にやってはいけない。と言っていました。私は現在39歳になりますが、子どもの頃、遊び半分で何度もやってしまいました。今は反省していますが、何故、コックリさんをやってはいけないのでしょうか?教えてください」というメールをいただきました。

江原さん
「簡単な降霊術というのは、遊び半分なので“いたずらしてやろう”“脅かしてやろう”などという、ろくでもないのが集まってくるんです。そんなのが憑依すると、ろくでもないことになる。だからやらないこと。けれど今39歳で、子どもの頃にやったこと。もう影響はありません(笑)。気にしないことなのです」


● 歌劇「夕鶴」 ●
江原啓之プロデュース歌劇『夕鶴』チケットを抽選で9組18名様にプレゼント!
応募期間2018年8月10日〜9月28日

↑こちらからご応募ください


『夕鶴』詳細はこちら




●江原啓之 今夜の格言
「実は毎日がスピリチュアルの宝庫なのです」
「奇跡を感じる毎日は、生きる勇気に溢れます」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ 演じるさんのコーナー
(私はこう演じました。そしたらこんなに変わりました!エピソードのお便り)
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 10月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2018/9/16
暑さも和らぎ、秋の気配を感じるようになりましたね。
「秋はなぜか、人恋しくなる季節ですね」という江原さん。
今日は『恋愛特集』をお送りしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Give Me Love / エド・シーラン
◇愛の日 / 江原啓之



「3年半付き合っている彼女がいます。5年ほど前にネットで知り合い、彼女から告白され、付き合いました。彼女とは性格がとても合い、知り合ってすぐなのに、食事など一緒に行ってもツーカーでやり取りでき、今までにないほど気心が通じている仲と感じ、“一生一緒にいてくれたらいいな”と思う人でした。でも唯一、気になってしまうのは“彼女の容姿に関して”です。お世辞にも可愛いとは言えない見た目で、お笑い芸人の“おかずクラブ”二人を足して割って2にしたような見た目です。自分は“性格がいい人と付き合う”という気持ちで付き合ってきましたが、周りの友人の結婚式などで、とても綺麗でスタイルの良い新婦を見たりすると、恥ずかしい気持ちになってしまいます。彼女のことは大好きで愛している気持ちは変わらないのですが、引っかかってしまう自分の気持ちを、江原さんから厳しく指導いただければと思い、メッセージ送りました」というメールをいただきました。

江原さん
「私から厳しいメッセージが来ると分かっている。けれど、私が厳しく指導したところで気持ちは変わるだろうか。“おかずクラブ”の二人、可愛いじゃないですか!美人のお嫁さんを見たら“綺麗でいいな”と思うだろうし、見た目も良い方がいいでしょう。けれど、気が合ってツーカーで分かり合えるというのが、長くやっていくのには一番大事。それに、心がつながっていることも大切。妙に綺麗な奥さんで“浮気するんじゃないか…”“オレは捨てられるんじゃないか…”などと思って生きるよりも、仲良く楽しく。これが一番!そういうお前は男前なのかよー(笑)!」


「私はアメリカ在住で、ダンサーとして活動しているアラサーの女性です。昨年、渡米し、私はこんなにも沢山の人に支えられて生きていたのかということを、毎日実感しています。異国の地では何にもできない自分を思い知る毎日です。そしてそんな私を応援してくれている日本の家族や周りの人たちに、感謝の気持ちでいっぱいです。そんな中、アメリカに来た時からずっと支えてくれていたアメリカ人のボーイフレンドと別れました。英語が喋れなかった1年前から色々なことをサポートしてくれた彼は、私にとって大きな心の支えだったので、今は心の支柱を失ったような感覚です。ただ、私たちの関係は、宗教や文化の違いですれ違う事も多く、そして最後に彼から別れを切り出された時にやっと、彼のことが好きというより、助けてくれる彼の存在に依存していた自分に気づきました。その私の依存心に彼も気づいたからこそ、別れを選択したのだと思います。私は感情と依存で恋愛をしてしまっていました。今は心の傷が本当に痛く悲しいですが、新たな恋が待っていると信じ、頑張りたいと思います。次の恋愛では、もっと自律した恋愛をしたいと思っています。江原さんがいつもおっしゃっている“理性で築き上げる恋愛”“自律した恋愛”をする為に必要な心構えや行動、習慣等をアドバイスいただけないでしょうか?」というメールをいただきました。

江原さん
「気持ちは分かるな。異国の地では、幻を多く見る。例えば、その国に留学していなければ、日本であれば絶対に気が合わない、嫌だという人とも友達になる。それは、依存があるから。留学していた時の友達と、日本に帰ってきても友達という人は少ない。恋愛もそれの延長線。日本にいる時に選んでいないであろう人を選んだりするもの。けれど、それすらにも気付いていない場合もある。そういう意味では、あなたも落ち着いたのでしょうね。理性的で冷静な目を持てるようになったのだと思う。辛いと思うけれど、感謝が大事。また、別れても二度と戻らないとも限らない。一番大事なのは、常に自分が前へ歩いて成長しているかどうか。“類は友を呼ぶ”というが、人は“引き寄せる”ということがある。その“引き寄せる”というつもりが大事。それは、色気を使ったりすることではない。自分が前向きに一生懸命に生きていると、輝く。そうすると、誰もが放っておかない。一生懸命に頑張っている姿が、あなたの文面からも伝わってくる。頑張ってくださいね」


「僕は、今まで彼女ができたことがなく、このままではまずいと思い、とても焦っています。なので、周りの友人や知人に女性を紹介してもらってはいるんですが、中々、自分に合った女性がいません。僕は自分の車を持っている“足”にされることが多く、前までは夜中でも迎えに行ったり送ったりしていましたが、最近はそれを言われると、いいように使われているだけだと思い、なんのメリットもないと感じ、イライラし、ラインもブロックしてしまいます。また、女性を信じられなくなっているほどです。周りは簡単に彼女を手に入れており“なんで僕にはできないんだろう”と、落ち込んでいます。江原さん、どうしたら僕に彼女ができるのでしょうか。真剣に悩んでいます。拙い文章で申し訳ありませんが、どうかアドバイスをお願いします!!!!!」というメールをいただきました。

江原さん
「本当に拙い(笑)。文章もそうですが、内容も拙い。あなたはまだ23歳。焦るんじゃない。それに、グジグジしているし、チャラい。軽い女が寄って来るかもしれないが、グジグジしてラインをブロックなんてしていたら“アイツ、うぜーよ”などとなってしまうんです。足に使われるのが嫌であれば“今日でやめた”と、言えばいい。下心があるからいけない。足にされてもいいけれど、ポイントは“相談される男になれ”。それが他の男との恋愛の話であろうが、聞いてあげられる度量。それがあると、寄ってきたりもするんです。まず、大人になれよ(鈴)!これからいい男になって欲しいな。そうするといい恋愛もいっぱいできるのにな。いい男、いい女は、見かけではなく、度量があるかないか。それがいい恋愛ができるかどうかだと思うのです」


「私は、すぐ嫉妬してしまいます。最近だと、彼氏が家族で出掛ける事に対して“私より楽しいことをしてずるい!”とか“私よりそっちを優先するんだ!”など…。私はあまり家族で出掛けることが少ないので、羨ましい気持ちでいっぱいになるのと、仲がいい様子に嫉妬してしまい、考え過ぎて頭の中がいっぱいいっぱいになり、泣いてしまいます。考えすぎる前に“他人は他人。自分は自分”と言い聞かせますが、うまく切り替えが出来なくなってしまいます…。これは、彼に対して依存心があるのでしょうか?嫉妬とうまく付き合う方法が知りたいです」というメールをいただきました。

江原さん
「淋しがりなんですね。けれど、きりがない。今、愛をいっぱい充電したいのでしょうね。愛の電池切れ。あまりグジグジ言うと嫌われちゃうから“羨ましいな…”なんて彼氏に言って、“可愛いな”と思われる範疇でやめておきましょうね」



● 歌劇「夕鶴」 ●
江原啓之プロデュース歌劇『夕鶴』チケットを抽選で9組18名様にプレゼント!
応募期間2018年8月10日〜9月28日

↑こちらからご応募ください


『夕鶴』詳細はこちら




●江原啓之 今夜の格言
「寂しさを知る人は、愛を知る人です」
「恋愛は心を育てます」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ 演じるさんのコーナー
(私はこう演じました。そしたらこんなに変わりました!エピソードのお便り)
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 9月・10月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
2018/9/9
自然災害が続いていますね。
災害の備えも大切ですし、家族や周りの方との意思疎通も大切ですね。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

「先週はネガティブなメールを紹介しましたので、今日はポジティブに参りましょう!」という江原さん。
今日は『ハッピーメール』をご紹介しました。

今夜お届けしたナンバー
◇Let's Stay Together / アル・グリーン
◇月の伝言 / 江原啓之



「夏休みに家族で北海道旅行をしました。江原さんの『あなたが輝くオーラ旅』(小学館)を片手に、今回は“自然に感謝する旅”という自分のテーマを掲げ、富良野市や、帯広市など、壮大な自然を満喫しました。タクシーの運転手さんと談笑中“冬は本当に厳しい寒さだけれど、その分、春が来る喜びといったらないよ!心からワクワクするんだよ”という言葉がとても印象的でした。震災や、異常気象など、自然の厳しさばかりに目を向けがちですが、美しい森や、神々しい自然に身を置き、その恩恵や、優しさを感じられる癒しの旅となりました。帰りの飛行機の中から“ブロッケン現象”という珍しい虹の輪にも遭遇し、感謝!感激!たくさんパワーを充電したので、それを家族や周りの人に愛情還元出来るように、ただひたすらに、母!妻!仕事!頑張ります!」というメールをいただきました。

江原さん
「ポジティブですね。北海道の人にとって、夏はとても貴重なのでしょう。確かに“厳しさ”の方に目を向けがちですが“感謝”の方に目を向けなくてはいけませんね」


「不思議な嬉しいことがありました。頑張っている仕事で、担当の人の納得いかない言葉に悶々としてランチしていると、隣の席で楽しそうに話している女性二人がいました。しばらくすると、私の故郷の唯一のデパートの紙袋のやりとり。“あっ!同じ故郷だ。話しかけたい!”と思いましたが、ぐっと我慢。すると、隣の方がハンカチを落とされたので、声をかけて一言“○○デパートの袋ですね!”から盛り上がり、帰りに故郷のお菓子を1個いただきました。とてもほんわかした気持ちで、その30分後、お世話になった方にお菓子を買うためにその同じビルの地下へ行きました。お店の方に“手紙を入れたいのですが”と言って差し出すとその方が“この方は○○先生、ですか?私の主人もお世話になっていて”と、知り合いの方の奥様だということがわかりました。初めてお会いしたのですが、私のことはご存知でした。帰りにその店の、店長からと立派なお菓子をナント2個もらいました。その日、モヤモヤ落ち込んでいたのですが、素敵な出会いに嬉しく“頑張れ、負けるな”と、亡き父が、ご先祖が、応援してくれているのかなと不思議な気持ちになりました。こんなことってあるんですね」というメールをいただきました。

江原さん
「色んなところでご縁がつながること、ありますよね。私もしょっちゅうあります。また、お菓子を貰う毎にテンションが上がっていく姿が、可愛いなと思います(笑)。故郷にしかないデパートの袋に出会うと言いたい気持ちも分かります!でも言うと変な人に思われるかもしれない…と思い、グッと我慢する気持ち、ありますよね(笑)」


「私は元より一人旅が好きなのですが『おと語り』を聞く中で“熱海”という言葉が気になり、仕事の帰り、そのままリュックひとつで熱海へ出かけて行きました。すると、どうでしょう。辺りは柔らかい波の音に、湯煙立ち上る町はとてもリラクゼーションを感じることが出来ました。街の方々もとても優しくしてくださって、初めて来た街なのに、初めてではない感覚がありました。温泉から見えた朝日には涙が出そうになる程美しく、思わず手を合わせ拝んでいました。これはまず熱海に行くきっかけをくださった『おと語り』に感謝。熱海の街の人々に感謝。参拝した来宮神社に感謝。たくさんのエネルギーを充電させていただいたので、また次の機会には一人旅で巡った場所を母や友人を連れていけるように、しっかり日々の仕事に専念して参ります。一人旅でささやかですが、HAPPYメールとしてお伝えします。島根のおと語りもとても素敵でした。私もいつか島根も伺ってみたいです」というメールをいただきました。

江原さん
「熱海も熱海人として、喜んでいただけて嬉しいです。また、島根からの放送も、ラジオでどこまで伝わったか心配でしたが、こうやって喜んでいただけて嬉しいな」


「『神話の国・島根“おと”の旅』楽しみに拝聴させていただきました。旅の『音』がイメージとなり、聴いている私の中に、何だか一緒に旅をしている様で、放送後は、とても充実しております。ありがとうございます。『おと語り』、今、私が迷いにある時、その迷いのテーマに沿った内容が不思議と放送されるのです。その度に“あぁ〜。なるほどなぁ〜”“あぁ…そういう事なのかなぁ…”と、内観できる、気付きがある。とてもハッピーな放送。この『おと語り』こそハッピーな出逢い。放送を聴いた後、ファ〜っと幸せな気分で包まれております。聴くことも経験。毎回、ハッピーな放送をありがとうございます」というメールをいただきました。

江原さん
「良かったです!島根の回の放送では“音”がたくさんありましたね。御神楽や、城上神社の鳴き龍の天井の音や、波の音。一緒に旅ができたような感じで本当に良かったです」


「ちょっと聞いてほしいお話です(笑)。三歳の娘が“ママー!口内炎ができたー!”と言ってきたので、“どこにー?”と、口をあけるものだと思っていたら“ここ!”と、指差した場所は足の甲でした(笑)!こんな風に笑わせてくれることが多く、可愛いです。『おと語り』で“子どもは親の映し鏡だ”とおっしゃった江原さんの言葉を聞き、本当にそうだ。と笑ったりもしました。一度だけ本当に腹が立ち“クソガキ”と言ってしまい、それから娘は納得いかないとすぐに“クソガキ”と言います。私の方がちゃんとしなくてはいけないですね、とほほ…」というメールをいただきました。

江原さん
「このオウム返しに反省させられますね。そして今度は、人の前で言われるという反撃もある(笑)。気を付けなくてはいけないですね」


● 歌劇「夕鶴」 ●
江原啓之プロデュース歌劇『夕鶴』チケットを抽選で9組18名様にプレゼント!
応募期間2018年8月10日〜9月28日

↑こちらからご応募ください


『夕鶴』詳細はこちら




●江原啓之 今夜の格言
「感謝のできる人は、幸せに生きられます」
「向上心のある人は、いつもハッピーです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ 演じるさんのコーナー
(私はこう演じました。そしたらこんなに変わりました!エピソードのお便り)
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ リクエスト
◇ 9月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 130 | 131 | 132 || Next»