2014/1/26
早いもので1月も終わりますが、みなさま良い事はありましたでしょうか。
番組には、人間関係のトラブルや、悩みのメールが数多く寄せられています。
今日は、みなさまのお悩みのメールをご紹介しました。

null

今夜お届けしたナンバー

◇You Raise Me Up / ケルティック・ウーマン
◇愛の日 / 江原啓之


「私達家族は、去年の初めから隣人の騒音に悩まされております。やんわりとお話しましたが変わらないので、どれくらいの騒音かを知ってもらいたくて、やられたら同じ事をしていました。倍返しされました。これではいけないと、8つの法則と正負の法則を思い出し、やられっぱなしでも良い、怒らず、気にしないように努めております。このような心境になるのに時間がかかりました。夫は、政府の法則を元に、3年後が楽しみだと、最初から気にしておりませんでした。強い魂です」というメールをいただきました。

江原さん
「ネガティブになり過ぎてしまっている。確かに騒音は辛いですが、他者にあまりにも振り回される時は、自分の中が幸せではない。例えば、喫茶店で楽しく盛り上がっているところは、自分たちの声の音量が分かっていない。一人でお茶をしている時は、そういうのがすごく気になる。しかし、自分が友達と喫茶店に入っていて、話が盛り上がっていると、意外と気になっていない。それと似ている。日々の騒音は大変だが、その分、自分たちが楽しい事をいっぱい考えなければいけないよという事。気にしだすと、どんどん気になるもの。気にしないだけではなく、中身の充実、家族の楽しさ、今日一日一個でも喜びを作る事。“今日はハムカツだよ”なんて、バカを言ってしまうような家族間。そういう事でエネルギーは変わる。中を楽しくしていると、いつの間にか忘れてしまっていたり。そして、こっちの楽しい笑い声が強いと、隣が今度は気にしだすもの。中身の充実も考えられてみたらいいのではないかな」



「1月3日の大切な日に神社を汚しました。大神神社に行き、境内で主人と喧嘩をし“じゃあ。別れようか!”と、捨て台詞まで吐いてしまいました。日頃“世の中の平和”とかなんとか言っているのにも関わらず、こんな自分が情けないし、そんな事で怒ってしまう自分は、なんて未熟なんだと落ち込み、悔しいです。周りに聞こえたでしょうから、周りの人の心も汚しました。ごめんなさい。主人は、私が必死になって話してもあまり何も感じに様で、この人の感性は化石のようです。決して悪い人ではなく、いい人ですが、言葉のキャッチボールが出来なくて、この先、治るとは思えません。私は大神神社に行くと、いつもメッセージをいただくのですが、今回もはっきり分かった事は“感情的にならず、冷静に話し続ける事”です。あまりにも意思疎通が出来ないと、声を荒げてしまいますが、今年はこれを改めます。怒らないように訓練です」というメールをいただきました。

江原さん
「“感情的にならず、冷静に話し続ける事”と、メッセージがきていますよね。絶対に夫婦で言ってはいけない言葉。それは“じゃあ、別れようか”。本当に別れる気になった時に言うべき事。そうでなければ、売り言葉に買い言葉で、取り返しのつかない事になったりする場合もある。旦那さんが化石のようで良かったですね(笑)。思わぬところに利点あり。恋愛でも本気でなければ“じゃあ、別れようか”は絶対に言ってはいけない。そういう事を言えば、気を引く事が出来ると思いがちだが、あだになる。やめましょう。また、声を荒げてしまう人だから、相手が逃げてしまうのではないか。男の人は基本的に、パンパンパンパンと返さない。リスナーさんたち、私が普通だと思ってはいけない。こんなに世の男はしゃべりません(笑)。本当の事を白状すると、私も家に居たら、そんなにしゃべりませんよ(笑)」



●厄払いのコーナー ―――
あなたの災いをお祓いします!

「このところ不幸が続き、一番は10年間可愛がっていた愛猫が、天国へいった事。その2〜3日前に配水管が詰まり、掃除したところ、管に穴が開いてしまい水浸し。愛猫の初七日参りへ行く途中、バイクに当て逃げされ、その帰りに駐車場で、強風で強くドアが開き、隣の車に傷を付けてしまいました。修理は保険でなんとか賄う事が出来ました。この世に偶然はない。何かのメッセージだと感じています。心当たりはあります。職場の人間関係がドロドロしていて、解決したくても、どう解決していいのか。ある試験に私が合格したら、陰で、ズルをしたと根も葉もない噂が流れました。狭量の私は、噂を流した人へ冷たい態度をとり、大人気なかったのも事実です。何より嫌だったのが、自分に非が無く、他者の口車にのせられたと言った事でした。謝罪をしてくれましたが、益々不信感が増しました。人を嫌いになりたくないと思うのと同時に、心がそこから離れず困っています」というメールをいただきました。

江原さん
「まず、お祓いが必要ですね。答えは分かっている。自分のネガティブさ。こういう事は立て続くと言うが、不幸の連鎖ではなく、メッセージがそこにある。愛猫が天国へいったのも、みんないく訳だから、イコール不幸というのは、自分の淋しさから不幸だと思っているだけ。それとこれをつなげてはいけない。配水管等、管が詰まる時は、自分自身の不平不満が多い時。体においても、消化器官が悪くなる時は、不平不満が溜まっている時。不平不満はそういったところに、メッセージとして現れますよ。そういった事を正しなさいという事。正すしかない。やるしかないのです。すべてはエンジェルさんが見守ってくれていますからね。安心していく事です」



●1月生まれの方 誕生日おめでとう!! ―――
1月生まれのみなさんは、アイデアの達人。
アイデアこそ、自分も世界も平和にすることができるのです。

たくさんのメールいただきました!すべての方の名前をご紹介できずに申し訳ありません。
◇ “おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
お誕生日の方に“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。

2月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
2月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなどひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
 スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

●江原啓之 今夜の格言

「問題のすべては、自分の心の映し出しなのです」
  
「悩みは拒めば続き、受け入れれば道が拓けます」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 2月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから






2014/1/19
寒い日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
「毎日、生きている事を実感できていますか?」
という江原さん。
今日は、“幸せ”をテーマに番組をお届けしました。

null

今夜お届けしたナンバー

◇Joyful Joyful / Sister Act2(映画天使にラブソングを兇茲)
◇幸せのみつけ方 / 江原啓之

「去年9月に、国連が世界幸福度報告書2013を発表したようで、1位デンマーク、2位ノルウェー、3位スイスと、北欧が上位を占めています。世界一の経済大国アメリカは17位。経済大国3位の日本は43位。日本でもデンマークの雑貨店がすごく人気で、カラフルで幸せな気分になります。“使いやすいか、かわいいか、幸せな気分になるか”を考えてデザインするそうです。またコンセントの形状を比べてみると、デンマークは可愛らしい笑顔(・▽・)、アメリカは不満顔(・Д・)、日本は無表情(||)。こういう身の回りのちょっとしたところから、幸せの種を蒔いていきたいと思いました」というメールをいただきました。

江原さん
「確かに北欧の物は、平和な物が多いですね。例えばムーミン。ムーミン谷は善悪がはっきりしていて、スナフキンの様な生き方もあり、ミーの様な生き方もある。そして、この世界幸福度報告書の評価基準が奥深い。富裕度、健康度、人生の選択における自由度、困った時に頼れる人の有無。汚職に関するクリーン度、同じ国に住む人々の寛大さ等の要素を考慮しているらしい。日本でいうと、富裕度は確かに豊か。しかし老齢化も含めて格差があり、これから更に、格差が増すと思う。健康度では、東京ではこれから六本木〜渋谷で終夜バスが運行する。健康とはいえず、本来の人としての生き方ではない。人生の選択における自由度では、ありそうでいてないかなと思う。特に若い人は諦めてしまっている感じがある。困った時に頼れる人の有無は、ないんじゃないかな。先日、ニュースを見て、この国は終わったなと思った。それは、男の人が迷子の子に声をかけて保護してあげたくても、自分が犯罪の問われるのではないかと思い、泣いている子がそこにいながら、警察に連絡をしたというニュース。でも、そういう事はあるらしく、見ず知らずの若い子に対して“おはよう、今日は寒いね”と言っただけで、変質者扱いされたりするらしい。病んでいる。完全にコミュニケーション不全大国日本。汚職に関するクリーン度は、最近も色々ありましたからね。同じ国に住む人々の寛大さも、先程話したようにない。これでは確かにこのランキングになってしまいますよね。43位。嘆かわしいですね」



「先月、離婚しました。お互いに円満に離婚したにも関わらず、全くスッキリしません。義理の父母や、お世話になった親類の方に対する気持ちも複雑なものがあります。別れてみて思い知った事は、実は、幸せとは日々のしがらみの事だったと。自分に不都合だと思っていた事が、大切な事だったのだと。自分の幸せさに気付ける人が幸せなのですね。人生は、全てのものに感謝する旅だと、つくづく悟ってしまいました」というメールをいただきました。

江原さん
「深いですね。“実は幸せとは日々のしがらみの事だった”。人間とは、何かの負荷が、生きる気力になったりする。“誰かの為に”というのは、そういう事。自分の為というのは、勇気や力が湧かないもの。私の『誰かのために』の作詞もそうだし、『幸せのみつけ方』も、“迷っているだけで、幸せだと思えなかった”という歌詞があるが、迷える幸せ。迷える選択肢がある。実は、そこで幸せ。みんな、ありもしない事を望んで不満がっている。何もかも手に入ったら、その時、本当に幸せなのか。全部欲しい物が手に入った事を想像してみればいい。そしたら意外と不幸。足りないから幸せ。次に旅行に行きたいね、美味しい物食べに行きたいね等、今度ボーナス入ったら行こうかとか。たまのお休みに、みんなでおにぎりを持って公園に行って食べただけで幸せ等。私の歌は実は多くのメッセージがあって、ちゃんと聴いてくれないのがいけないな(笑)。離婚って辛い事でもあるけれど、これできっとまたステップアップした幸せに挑む事が出来ますよ。応援していますからね」



「家族と那須で新年を迎えようと旅行に行きました。ホテルの対応の悪さ、食事時間の曖昧さ、不手際。部屋の掃除が行き届いていない等、不満を訴えているお客さんもいました。私は心が幸せでした。家族で旅行に来られた事、皆で新年を迎えられる事に感謝していたら、それ以外はどうでもいいと思えました」というメールをいただきました。

江原さん
「あなたのおっしゃる通りの幸せが一番だと思う。しかし“理解されるより、理解する事”と、よく私は言いますが、ネガティブな事でも裏をみると、実は、愛があったりもする。例えば、新年那須に行く為に、その人がパート等しながら、お金を一生懸命に貯めて家族みんなで来たのかもしれない。だから対応の悪さ等に、不満が爆発したり。それが自分自身の不満だけならいいが、もしかしたら、せっかく連れて行った家族に喜んでもらいたいという気持ちが、踏みにじられたような感じがしてしまったのかもしれない。それも裏を返せば愛の表れだったりもする。人間は未熟だから、期待度が、頑張ってくればくる程、不満度も増してしまったりする。ネガティブな言葉だけを聞くと、クレームばかりで嫌だなと思うかもしれないが、すごく楽しみにしていたのかもしれない。お年寄りも一緒に行っていて、これが最後の旅行になるかもしれないと思っていたのかもしれない。人間って、裏の裏の裏を見ないと、表面では分からない事もある。次の段階では、あなたもご自身の幸せと共に、周りの中での表面だけではなく、裏にある愛を汲み取ってあげたり、祈ってあげたりすると、もっと幸福度が増すのではないかなと思います」



●Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

◇1月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
1月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●江原啓之 今夜の格言

「あなたは生きていることを実感できますか?実感できてこそ幸せなのです」
「自分らしく生きる。その自律があれば、幸福な人生が拓けます」

 
番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 1月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー


メッセージの応募はこちらから







2014/1/12
明日は『成人の日』。
成人になられた皆さん、また、その親御さん、おめでとうございます!
「今の時代、大人といえる人はどのくらいいるのでしょうか。特にお母さんは、子どもに甘い。いつまでたっても大人にさせないのは母親のような気がする。お母さんたちはよく“思いやりのある子に育てたい”と言うが、だとすると、放るしかない。転んで痛い目にあったり、喜んだりして、そういう積み重ねで大人になっていく。昔の映画でも、青春物語というのは、だいたい痛い目にあったり、色んな目にあって、大冒険をして、そして大人に成長していく。今までの人たちもそれで生きてきているから、大丈夫。経験と感動。喜怒哀楽が色々とあって、それでようやく大人になっていく。今、経験しないで大人というから、理屈っぽく頭でっかちの中身がまるでない子どもになってしまう。そして、痛みが分からない。それをしてしまうのは、申し訳ないが、親のせいだと思う。放牧が一番。みんな大人になって欲しいですね」
今日は“大人”をテーマに番組をお届けしました。

null

今夜お届けしたナンバー

◇I.G.Y / ドナルド・フェイゲン
◇倉本聰 富良野塾・起草文 / 江原啓之

「以前の放送でお話されていた“年をとってからも格好が良い人の条件”について、考えてみました。ヽ聞イ鬚弔韻討い覆ぁ兵惚れていない)⊆分を見失っていない(謙虚、天狗になっていない)E慘浪箸嚢ゴ饋粥γ亀羶寛∪広せ兩が良いダ況藉兇ある酒・煙草・女(男)・ギャンブルに溺れていないГ修靴董何よりも瞳が澄んで深く温かい。です」というメールをいただきました。


江原さん
「でも、これは全部見かけの問題ですよね。身だしなみ等は確かに注意が必要だが、これで根性が悪かったら意味がない。格好だけつけている人はいっぱいいる。黄色い髪の毛の方が“人の目なんて、当てになりゃしない。好感度No.1という人に限って性格が悪い。みんなに嫌われるNo.1みたいな人に限って、すごくいい人。人の見る目なんてあんなものなのよ”と、よくおっしゃる。深いな!なんて思うのです」


「年をとってもカッコいい!と私が思うのは、マナーと思い遣りに溢れた方です。私は仕事柄、お歳を召された方と(中には104歳の方も)ご縁があり、接する機会が多々あります。その方々の生き方が、顔、雰囲気、行動に表れています。例え認知症になっていても、言動、行動で想像出来ます。自分自身が気を付けようとか、見習わなければ等、日々勉強になります」というメールをいただきました。


江原さん
「本当にそうですね。マザー・テレサもよく“人は生きたように死んでいく”と言っていますよね」


「息子は高校三年生で、就活中です。すでに3社落ちました。就活はこれからも続けていきますが、卒業までに決まるか心配です。主人は落ちる度に、私に怒鳴り散らすので、就職が決まるまでこの状態が続くのか不安です。息子と一緒に江原さんに相談しようと決め、勇気を出し、メールをしました。ご助言お願いします」というメールをいただきました。


江原さん
「素晴らしいメールなんて言うのは失礼だけど、家族の在り方が愛に溢れている。お父さんも怒鳴り散らしたって仕方がないというのは分かっているのだけれど、息子を想ってイライラしてしまうのでしょうね。お母さんはお母さんで不安。息子さんは息子さんで不安。一見、不幸せな家族のようなのだが、ここに愛が溢れていますね。お父さんって、こういう表現しか出来ないのですね。しかし、こういう試練というのを与えてもらっている。雨降って地固まる。すんなり就職出来てしまったら、きっとこのように家族で愛を確認する事が出来ない。お父さんが怒鳴り散らすのだって、お母さんだって分かっている。息子だって分かっている。何事もないという事が良いという事ではない。何かあるから、家族っていいなぁと思う。後で笑い話になる。就職決まるから。ただですら今の時代、就職は少ない。大変だと思う。そこで、あまり拘らない。執着しない。人生は長い。今、全て決めようと思わない事。焦らない、焦らない。充実した人生を送ってください。私は祈っています」



●あなたが感動した言葉―――

美しい唇であるためには 美しい言葉を使いなさいbyオードリー・ヘップバーン
番組ではみなさんが感銘を受けた言葉を紹介していきます。

「ダライ:ラマ14世 『現代の矛盾』
 大きくなった家、少なくなった家族
 便利になって、時間がない
 増える学位、鈍くなる感性
 増す知識、衰える判断力
 増える専門家、増える問題
 増える薬、損なわれる健康
 はるか月まで行って帰ってくる時代
 新しい隣人に会うために道一つ越えられない
 情報を蓄え、複製するためにコンピューターを作り
 真のコミュニケーションは減る
 私達は量を重んじ、質を軽んじるようになった
 ファーストフードと消化不良の時代
 大きな体と狭い心
 伸びる利益、そして薄まる絆
 ショーウィンドーに多くのものが陳列されていて
 倉庫には何もない
 これが我々の時代だ」
(それでも私は生きているさんが、まさにこういう時代だと感じたダライ:ラマ14世の言葉)


●Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
 スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

◇1月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
1月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●江原啓之 今夜の格言

「希望が持てないのは、ただ待っているからなのです」
「あなたの前に道はありません。道は自分で切り拓くのです」

 
番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 1月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから







2014/1/5
明けましておめでとうございます。
今年のお正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。
「今年のメッセージは“お試しの年”。どういう意味かというと、一見平穏な感じ。もちろん自然災害は注意が必要。地球全体が変わっていってしまっている。日本もここ数年変わったとみなさんもお思いでしょう。それ以外に関しては、なんとなくいつも通りに過ごしていっているなと思いがち。基本的には一見、例年通りの様に見えてしまう。けれども、その足元には、昨年やその前から続いている課題がたくさん残っている。学生時代の夏休みの様に、なんとなく華やいでいるが、宿題はどんどん積もっていっていて、やらないといけないという状態。ここでそういった事をしっかりと認識している人と、認識していない人とでは、今後、生き方が分かれていってしまう。そういった意味で“お試し”。自分試し。日本試し。これから日本は近隣諸国ともどうなっていくのか。そういった事も一瞬忘れてしまいがち。なんとなく忘れていってしまうのが日本人の特性。しかし、ここでちゃんと見据えていかなくていけません。これからおと語りでは、今年も色々とみなさんに、これは注意しましょうねという事を伝えて参ります」という江原さん。
今日は、みなさまからいただいたメールを出来る限りご紹介しました。


今夜お届けしたナンバー

◇Go West / ビレッジ・ピープル
◇誰かのために / 江原啓之

「私が仕事をしている業界は男性が多いせいか、挨拶がないのが当たり前の世界です。出勤しても黙って自席につき、帰りも何も言わずに帰る人が殆どですが、私は一つ心がけている事があります。朝は“おはようございます”と夜は“お先に失礼します”“お疲れ様です”と聞こえる様に、その人の目を見て言う様にしています。返答や反応は期待しません。一カ月程すると、一人二人は反応が返ってくる様になります。もちろん反応がない人が殆どですが。多少ですが、職場の雰囲気も変わってくる気がします。最近、言葉をケチる人の多さを感じます。挨拶はシンプルですが、とても力強いことたまですね。一気に事が変わる事はありませんが、ゆっくりですが人の心のコリを取り除いてくれる様です。江原さんはいつも、世界を平和にしたければ、身近なところから平和にしなさいとおっしゃっていますね。私が出来る事はこれくらいしかありませんが、粘り強く続けていきたいと思います。2014年はもっとも身近な家族との平和も心がけたいと思います」というメールをいただきました。

江原さん
「福の神!素晴らしい。しかし、多分みなさん心の中では返答しているんだと思う。それがまだ言葉に出てこない。口開きをこれからしていっていただきたいな。これは、電車の自動改札から始まったと思う。昔は駅員さんが切符を切るリズムを刻みながら“おはようございます”と声をかけていた。以前、金沢で訪れた回転寿司のお店でタッチパネルがあった。タッチパネルではお寿司が様々なカテゴリーに分かれている。玉子が食べたくなったが、玉子のカテゴリーが分からなかった。面倒くさいと思い、目の前の職人さんに玉子をお願いしたところ、ホールの人がやってきてタッチパネルの説明をされた。このタッチパネルでお金の清算もしているのかと思い、重要なのかなと思ったが、最後お皿をピーッとやっての清算で、タッチパネルは関係なかった。何も回転寿司のお店でタッチパネルを学びにやってきたのではなく、お寿司を食べにきた。悲しいなと思いました。マニュアル化は恐いですね。言葉は大事ですからね。今年もご挨拶を大事にしていきましょう!」



「最近、神社に立ち寄る事が多くなり、お願い事も昔に比べ、利己的なものはだいぶ減ってきたように思います。そんな中、ふと“お願い”よりも“お祈り”の方が、神様と向き合う姿勢としてより相応しいのかなと思う様になりました。個人的な考えではありますが、“お願い”はどこか神様任せで“お祈り”は自分も一緒に成し遂げようという心意気が感じられるからです。“お願い”と“お祈り”の使い分け方や考え方について教えてください」というメールをいただきました。

江原さん
「おっしゃる通りです。みなさんもお願い事をするかもしれませんが、通じる訳がありません。努力しなければ無理。お願い事というものをするならば、自分自身が一生懸命努力したものが、100%活かせます様にという事。受験生もそう。受験生もだんだん焦ってきている。しかし突然神頼みをしても勉強をしなければ無理。体調や緊張。焦って、出てくるものが出てこなかったり。こういった時に冷静沈着に、自分がちゃんと勉強してきたものがパッと出てくる様にという波動を貰う。お願い事というのは、100%活かせます様にという心構えや、精神を統一し、発揮出来る様にという事。あとは、私がお願い事をする事があるとすれば他者の事だけ。○○さんのご病気が良い治療や先生に巡り合えて、完治されて癒されていきますようにと。そういった事だけです」



●厄払いのコーナー ―――
あなたの災いをお祓いします!
「私は不思議な体験をしました。寝ていると、耳鳴りの後、金縛りにあい、遠くからチンドン屋のような太鼓と鐘の音、お経のような低い男性の歌が聞こえてきました。私は恐くなって“ありがとう”って波長が高い言葉だって誰かが言っていたぞと“ありがとうありがとう”と念じてみました。すると演奏がピタリと止み、数十名とも思える声が一斉に大笑いしました。これでは、ありがとうなんて言った私はファンみたいですよね(泣)。呆気にとられているとまた演奏と歌が始まったので、今度や“嫌です、止めてください!”と念じると、また演奏が止んでシーンとなり“酷い、恐い”と言われ、金縛りがとけました。まさか幽霊から恐いと言われるなんて(笑)。本当にびっくりしました。厄払いが必要か分かりませんが、恐かったので投稿しちゃいました」というメールをいただきました。

江原さん
「酷い、恐い(笑)。そんな太鼓の音、楽しいじゃない。そしてみんな大笑いするなんて、福の神じゃない!励ましてくれている。何故“霊=悪い”なのか。この番組でもエンジェルさんたちに出会った方々もたくさんいる。これは現代人の被害妄想。何でも悪意に捉える。これはいけない。楽しいものは楽しいのだから、一緒に楽しめばいい。これはお祓いではない。お祓いが必要なのは、なんでも人を悪く思うあなたです」



●Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
 スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

◇1月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
1月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●江原啓之 今夜の格言

「今年のメッセージは“お試しの年”です」
「備えよ、常に。足元をみつめて生きましょう」
 
番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 1月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー


メッセージの応募はこちらから