テーマ

「ありがとう」を伝える手紙

家族に、友だちに、恋人に、それ以外でも。
面と向かっては少し気恥ずかしい「ありがとう」を手紙で伝えてみませんか?
あなたの手紙を原作にして、あたらしいメロディと歌詞が生まれます。

YOASOBIからのメッセージ

YOASOBI

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、「小説を音楽にするユニット」 。
2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」は公開1か月でYouTube 100万回再生を突破、
2020年4月には1,000万回再生、8月には6,000万回再生を達成。Billboard Japan Hot 100や
オリコン週間合算シングルランキングで1位を獲得し、ストリーミング再生回数は7月に1億回を突破。
第二弾楽曲「あの夢をなぞって」は原作小説がコミカライズ、第三弾楽曲「ハルジオン」は飲料や
映像作品とのコラボレーションを果たし、7月20日に第四弾楽曲「たぶん」をリリース。
原作小説の書籍化も発表し、さらに展開の幅を広げている。

作品

Ayaseコメント

内容は「音楽」に対してのありがとうの手紙でした。
音楽が好きだ、というひたむきな気持ちをストレートに伝えながらも、
「自分が見えるのが音楽だ」ということにはっとさせられました。
また、「音楽は皆に平等だ」「音楽は一人で聴けるから自分の好きなものを聴ける」といった、
当たり前で皆が思い返すことのない”自分にとって音楽とは?”という、
原点のようなものを理解されています。
そのうえで「好きだ、ありがとう」という気持ちが伝わってきました。
これは、はつねさんにしか書けない素晴らしい手紙です。

ikuraコメント

まず、音楽に対して手紙を書こうと思ったことが、
音楽に対して非常に熱い思いがあると感じました。
自分も、高校一年生の時に「なぜ人は音楽を求め続けているのか」
というの作文を課題で書いたことがありました。
その文章を、最近たまたま読んだ後だったので、
リンクする部分もありここまで原点をついてくるのはすごいなと思いました。
言葉選びも学ばせていただきました。

Page top