三協フロンテア presents The Starters(ザ スターターズ)

パーソナリティ 中西哲生 綿谷エリナ20代〜30代の若手起業家をゲストに迎え、
彼らがどんな発想や未来への展望を持ってブレイクスルーを起こそうとしているのかお話を伺います。
高い意識とモチベーションで社会に風穴を開けようと取り組む彼らの話が、
「あなたも、世の中を変えられる!」という、
朝、仕事へ向かうビジネスパーソンのやる気のカンフル剤になることを目指してゆきます。

Guest ゲスト

2018.10.23

つくれるのその先へ

橋田一秀
株式会社ペライチ
代表
橋田一秀
目的の達成できるサイトに!

先週に引き続き、スタジオにお越し頂いたのは、
株式会社ペライチ 代表 橋田一秀さん。
1983年東京生まれ。大学卒業後、新卒でNTTデータに入社。
その後、ベンチャー企業へ転職。ウェブエンジニアを経験したのち、
2014年に会社を辞め、「ペライチ」という、
誰でも簡単に“ぺらいち”のホームページを作成できるサービスで起業。
この「ペライチ」というサービス、今年 夏にはユーザー数10万を突破するなど
注目を集めています。

前回は、サービスの概要について伺いました。
では、実際にどの様にサービスがが使われているのでしょうか?

「通常ホームページやウェブサイトを制作する場合には、
 誰かに発注しなきゃいけないので、
 金額的に最低数万円から数十万円かかってしまうのですが、
 それを誰でも簡単につくれるようにしました。ただ、実際に運営をしていくと、
 いい意味であまり想定していなかった使われ方もしていて、
 外国語のページもつくられたりします。
 例えば、既に日本語版のページはもともとあって、
 英語のページが必要になったと。そうすると元のページに英語を追加するのは、
 中々時間とお金がかかると。なので、そういった方向けに、
 そのページに英語のページを用意して、
 クリックするとペライチのページに飛ぶようなものを
 つくっていただくケースが多いですね。
 この他にも、期間限定のミニプロジェクトで使っていただくこともあります。」

では、この先にはどんなビジョンを掲げているのでしょうか?

「実は創業当初から、『つくれるのその先へ』というビジョンを掲げてまして、
 つまり、簡単に誰でもサイトをつくれると。
 ただ、こういったところは入り口でしかなくて、
 結局、みなさんサイトをつくる目的があるんですね。
 例えば、ミニプロジェクトを成功させたいとか、旅館に集客したいとか、
 そこを達成できないと僕らとしては意味がないよねと。
 なので、今、ようやく追加の昨日で決済をするとか、
 予約フォームを入れられるようになったりしています。
 ソフトの話でいうと、ツールだけではなく、
 結局、つくっていく中でSEOってなんだろうとか、
 広告ってどうやったらいんだろうとか、そういったこともサポートや、
 ユーザーコミュニティでサポートさせていただいています。」

最後に、起業も目指す人へメッセージをいただきました。

「まず、起業をしようと思ったら、
 そういったことを自分の空いている時間で調べてみたり、
 実際にやってみることがいいと思います。
 時間がない中でもアウトプット出来ることがあると思うので。
 もう一つは、やりたことと近い環境の人と接していくということですね。
 環境ですべて決まると思っていて、そ
 の環境にいくためには人との出会いがすごく重要なので、
 そういった人にどんどん出会っていく。
 起業したいのであれば、そういったコミュニティに入っていくとか、
 そういった人に出会い続けるとか、そうすることによって、
 会社員から起業家というキャリアも歩んでいけると思います。」

株式会社ペライチ 代表 橋田一秀さんでした。
ありがとうございました。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 97 | 98 | 99 || Next»
  • Facebook
  • ツイッター
  • LINE

TOP