yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第百七十一話 自分らしさに気づく -元広島カープ選手・野球評論家 衣笠祥雄-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
FM長野…SAT 18:30-19:00 / FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第百七十一話自分らしさに気づく

今年4月、71歳で亡くなった、野球評論家、衣笠祥雄。
彼は、広島カープの優勝に何度も貢献し、連続試合出場の日本記録を塗り替えた『鉄人』として、多くの野球ファンに愛されました。
今もなお、彼の雄姿を心に刻み、励まされているひとが数多くいます。
彼がなぜ、そこまでひとびとの心をつかんだのか…。
有名な逸話があります。
1979年8月1日。広島対巨人戦。
試合は7対1で巨人リードのまま、7回の広島の攻撃を迎えました。
打席には、連続試合出場記録を更新中の衣笠。
西本は内角に得意のシュートを投げますが、衣笠の左肩にあたってしまいます。デッドボール。
怒った広島の選手たちがベンチから飛び出します。
衣笠に謝ろうと西本が駆け寄るのを、激痛に顔をゆがめながら、衣笠がこう制します。
「危ないからこっちに来るな、ベンチに下がれ、早く!」
結果、乱闘騒ぎになり、試合は中断。
そのときのショックで西本は調子を崩し、結局、試合は8対8の引き分けになりました。
夜、西本が謝罪の電話をすると、衣笠は「大丈夫、心配するな。それより勝てる試合で勝てなくて、損したなあ」と気遣ったといいます。
衣笠は左肩甲骨を骨折していました。
翌日、試合には出ないだろうと誰もが思っていました。
衣笠の連続試合出場記録も途絶えたか…。
しかし、代打衣笠を告げるアナウンスが流れ、球場にどよめきが起こります。
衣笠は、江川の投げる速球に、三球三振。
全てフルスイングでした。
試合後、彼は言いました。
「1球目は、ファンのみなさんのため、2球目は、自分のため、そして3球目は、西本くんのために振りました」
どんなときもまわりに気遣いを忘れない、謙虚な姿勢。
しかし、最初から彼が聖人君子だったわけではありません。
鉄人衣笠は、偶然がつくったものではなく、文字通り血と汗の努力の結晶だったのです。
野球人・衣笠祥雄が、人生でつかんだ明日へのyes!とは?

元広島カープの鉄人・衣笠祥雄は、1947年1月18日、京都市に生まれた。
体は決して大きくなかったが、スポーツが好きな活発な少年だった。
中学に入り、希望した柔道部がないので、仕方なく野球部に入る。
京都出身の野球選手に、阪神の吉田がいた。
吉田は子どもたちのあこがれだった。
新入部員は、みんな吉田と同じ、ショートというポジションを希望した。
衣笠少年も、ショートのポジション争いに参加。ノックの列に並ぶ。
監督の打ったノックの球は、想像より速かった。
うなり声をあげて飛んでくるゴロ。怖い。体が動かない。
ボールは股間を抜け、トンネル。
監督は言った。「衣笠!おまえは、キャッチャーだ!」
気がすすまないポジション、キャッチャー。
ガッカリした。
でも、冷静にまわりを見渡すと、自分がいちばん下手だ。
ポジションをもらえるだけでいい。試合に出られるだけでよかった。
バッティングは、楽しい。特にヒットを打ったときの拍手、歓声がうれしかった。
自分のバットひとつで、あんなにも喜んでくれるひとがいる。
その思いは、プロになっても変わることはなかった。
ただ、中学時代の衣笠はまだ、努力の大切さに気付いていなかった。

衣笠祥雄は、京都平安高校から広島カープに入団した。
入って早々、肩を痛めてしまう。
自慢の強肩でキャッチャーとしてつかんだプロの夢。
無茶な練習をしすぎて、壊してしまった。
鳴かず飛ばずの成績。それなのにオフには、契約金をつぎ込み、球団で誰も持っていないような外車を買い、乗り回す。
何度か事故を起こして叱責されるが、素直に聞く耳を持たなかった。
お酒が飲める年齢になると、飲み歩く。
生活は荒れ、試合でもときどき代打を言い渡されるくらいだった。
そんなある日、球団のひとに呼び出される。
応接室のドアを開けるなり、こう言われた。
「衣笠、このままじゃ、おまえクビだぞ」
頭から冷たい水を浴びたように感じた。
大好きな野球ができなくなる。
その喪失感は、自分でも意外なほど大きく、深かった。
監督にも言われた。
「おまえ、もう野球がやりたくないのか?やりたいんだろう?だったら、自分らしい野球をしてみろ。二軍で自分を見つめなおせ。いいか、一年かけて『衣笠』をつくってこい!」

『衣笠』をつくる。その監督の言葉が胸に刺さった。
今までの自分は、どこか不貞腐れていて、素直ではなかった。
自分を見つめ、自分にしかできない野球を見失っていた。
背も高くない、体も細い、飛びぬけて守備がうまいわけでもない。
そんな自分にできること。
まずは、生活を立て直す。愚直に努力するしかない。
急にうまくなどなれない。
日々の暮らし、毎日の練習こそ、大きな目標への近道だ。
体は柔らかい、バネがある。
フツウでいえば、巧打俊足を目指す。
器用なオールラウンドプレーヤー。
でも、それは自分が考える『衣笠』ではなかった。
「オレは、フルスイングがしたい。どんなにぶざまに三振しても、一振り一振りに、全身全霊を込めたい」
そう、思った。
衣笠は三振のとき、あまりの空振りに倒れ込む。
体制は崩れ、みっともない。かっこわるい。
それでも、フルスイングをやめなかった。
細い体でもホームランを打てる。
それこそが『衣笠』らしさだと確信したからだ。
迷わず、精進していく。
体ができてくれば、自然と心も整っていった。
努力、というと、ひとは大げさな印象を持つ。
でも、本当の努力とはささいなことの積み重ね。
ひとが3周グラウンドを走れば、4周走ってみる。
いつも枕元にバットを置いておき、イメージがわけば跳ね起きて、素振りをする。
自分らしさをつかんだとき、ひとは、最も強くなる。

【ON AIR LIST】
みんなのカープ / ポルノグラフィティ
HIT THE ROAD JACK / Ray Charles
21 GUNS / Green Day
花になる / 奥田民生

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけと鶏肉のレモンバター炒め

今回は、広島の特産物でもある、レモンを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけと鶏肉のレモンバター炒め
カロリー
250kcal (1人分)
調理時間
15分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 100g
  • 鶏もも肉
  • 100g
  • パプリカ
  • 1/2個
  • スナップえんどう
  • 4本
  • 30g
  • 水溶き片栗粉
  • 少々
  • 小麦粉
  • 適宜
  • サラダ油
  • 大さじ1
  • 【A】レモン汁
  • 大さじ1
  • 【A】鶏がらスープ
  • 大さじ1
  • 【A】バター
  • 10g
  • 【A】砂糖
  • 小さじ2
  • 【A】塩・こしょう
  • 少々
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは小房にほぐす。
  • 2.
  • 筍は一口大にスライス、パプリカはスナップえんどうと同じくらいの大きさに切る。
  • 3.
  • 鶏もも肉を一口大にカットし小麦粉をまぶして、油をひいた中火のフライパンで両面に焼き色がつくまで焼く。
  • 4.
  • (3)に(1)(2)を加えて、合わせた【A】を加え、さらに強火で炒める。
  • 5.
  • 水溶き片栗粉でとろみをつけて、器に盛る。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

プレゼント
プレゼントのお知らせ
番組開始時の2015年9月~今までのストーリーが、全3巻のブックレットになりました(非売品)。 番組ではこの限定ブックレットを、番組でメッセージを送ってくれた方の中から抽選で5名様にプレゼントします。
ささやかに、小文字でyes!と自分を肯定した人たちの物語。是非、あなたのプレミアムな時間のお共に。

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

特別版『オードリー・ヘップバーンが教えてくれる、明日へのyes!』
常盤貴子さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。
YESとNOの狭間で。
あなたは、自分に言っていますか?
YES!ささやかに、小文字で、yes!
毎週土曜日、明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語を朗読でお届けしている番組『yes!明日への便り』。 1月8日は、その特別版「オードリー・ヘップバーンが教えてくれる、明日へのyes!」をお送りいたします。
2018年に没後25年を迎える稀代の大女優オードリー・ヘップバーンの波乱万丈な人生―女優になるまでの波乱に満ちた半生、輝かしい女優時代、ユニセフ親善大使として世界中の子どもたちに尽くした晩年までを、 女優の常盤貴子さんが演じます。
長塚圭史は「語り」の部分やオードリーの夫、また彼女の人生に影響を与えた映画監督の役を担当します。女優、オードリー・ヘップバーンが、私たちに教えてくれる、明日へのyes!とは?

閉じる