森永乳業 presents 平原綾香のヒーリング・ヴィーナス

平原綾香

森永乳業 INFORMATION 詳細はこちら

ON AIR REPORT 毎週ゲストをお招きして、その方ならではのパーソナルな“音楽の世界”を辿ります。

03/04アンガールズと13年ぶりの対談!

2018/3/4 update
平原綾香さん
アンガールズのお2人は、13年前と全く変わらず、
楽しい方たちでした!
毎週ゲストをお招きして、その方ならではのパーソナルな“音楽の世界”を辿らせていただきます。今週のゲストは、アンガールズの山根良顕さん、田中卓志さんです。お2人との出会いは平原さんが20歳ぐらいの時。テレビ番組でアンガールズと対談したいと希望したのがきっかけです。当時、田中さんの趣味である紅茶を淹れてくださったことやトリプルジャンガをやった思い出を語り、久しぶりにお会いしてタイムスリップしたとテンションが上がっていました。ジャンガジャンガはお2人がブレイクしたきっかけでもあるネタで田中さん曰く、当時はすさまじい大旋風ブームを起こしていたんです。

ジャンガジャンガ、今でもわたし大好きなんですけど。
田中さん「今はジャンガジャンガなんて言わないほうがいいですよ。芸能界でやっている人はバナナマンさんだけなんです。やたらあちこちで、いまだにやっているんです。あと、さまぁ〜ずさんもたまにやることがあります。」
山根さん「動きなしでね。“ああ、ジャンガジャンガだね”みたいな。」
田中さん「ぶつかりそうになった時、“いま、ジャンガジャンガだった”とさまぁ〜ずさんは言うんです。実際やっているの、その2組ぐらいなんです。」

ジャンガジャンガはどうやって考えられたんですか?ジャンガジャンガって何ですか?
山根さん「ギターの音なんですよ。」
田中さん「もともと、アンガールズと解散しちゃったんですけど、同じ事務所にギャルソンズというコンビがいたんですよ。合同ライブをやっていまして、ギャルソンズの一人ギターが弾けたので、(ネタが落ちたあとに)ジャンガジャンガ〜って弾いていたんですけど、ギャルソンズが解散しちゃったんですよ。で、せっかくだから2人でやれるネタを山根とやろうかと言っていまして、ギターの人はもういないから、仕方なく口でジャンガジャンガとギターの音を言っていたんですよ。」

“おすわり”というネタ好きです。
田中さん「好きですか?それ相当センスがいいです。あれはジャンガジャンガの中でもスーパーハイクオリティージャンガなんで。あれは僕の実家にいた犬の話なんです。僕のお母さんがおすわりを覚えさせたくて、何回も言うんだけど、しないんですよ。ごはんばっかり見てる犬で。お母さんも夕飯作らなくちゃいけないから、しょうがなく見切りつけて、もう〜って、犬にごはんをあげるっていう。」

それをジャンガジャンガにつなげるというのがすごい!
山根さん「すごく褒めてくれるなぁ。」
田中さん「嬉しいですよ。ジャンガジャンガを褒めていただけて。」

もう一回、広めたらどうですか?わたしもやりますから。
山根さん「確かにいまの幼稚園とか小学生はほぼ見ていないから、新しいものとして発表すれば、いけるような気もするんですよね。娘に“ジャンガジャンガやって”って言われるんです。」
田中さん「山根の娘さんが僕のことをジャンガと呼んでいるらしいです。山根とジャンガが組んでいるコンビだと思っているみたい。僕は自分の名前を連呼していることになるじゃない?!」

田中さんはすごく声が通りますね。誰よりも一番マイクが遠いのに。
田中さん「声帯がすごいんだと思います。田舎なんですよ、僕の実家。近所の家も見えないような。一番近くの家が見えるまで、10分は歩かなくちゃいけないようなところなんです。」
山根さん「『まんが日本昔ばなし』で山の上に一軒だけ家があるみたいな場所だから。」
田中さん「近所のことなんて、気にしたことない。みんな声がでかい。近所迷惑だなという感覚は東京に来て初めて知ったから。小さい頃なんて、家の山の奥に畑があるんですけど、畑から家が遠いんですよ。おじいちゃんが農業しているんですけど、おじいちゃんに電話がかかってきたら、“お〜〜い、おじいさ〜ん、電話よ〜〜!”って叫ぶんです。そこから、電話口まで相手を5分ぐらい待たせる。遠いんです。それが当たり前だったから、全国みんなそうやっていると思っていたら、うちだけだった。」


もっともっとお話ししたいんですが…、最後に今後の夢や目標を教えてください

田中さん「そうですね。コンビで番組を持つというのが夢で、東京に出てきているんです。その辺ですかね。」
山根さん「TOKYO FMでも番組を持ちたいですよね。音楽ばかりかける番組をやってみたいよな。普通のラジオ。芸人同士だとずっとしゃべって、曲あまりかけないんだよね。そうなると曲ばかりかける番組、やってみたくなりますね。曲ばかりかけるやつだったら、俺じゃなくてもいいんじゃないかという疑問もでてくるんだけど。」

そこでちょっとショートコントも入るとか?曲にちなんだコントを考えていただいて。アーティストも自分の曲が取り上げられたら絶対、聴きますから。
田中さん「じゃあ、『Jupiter』で作ろうかな。」

わたしがジャンガをカバーすればいいんだ!
田中さん「カバーできます?ジャンガジャンガジャンガジャンガと言うだけですよ?」
山根さん「俺らがそれにのって動くならいいけどね。」
田中さん「ジャンガジャンガにつながる前後の(曲)を作ってください。」

お〜い、おじいさ〜んって。
田中さん「うちの実家のおじいさん(笑)おじいさ〜ん!電話よ〜って。でも、どういう曲ですか、それ?」

アンガールズの単独ライブがあります!ライブのタイトルは『びしょ濡れの犬のほうが拾いたくなる』です。詳しい情報は アンガールズ オフシャルサイトアンガールズ 田中卓志オフィシャルブログをご覧ください。

皆さんからのメッセージをご紹介♪
ラジオネーム とらぴいさん
「あーや、こんばんは! 突然ですが、聞いてください。あーや大好きな可愛い系おじさんのうちの父が、60うん歳にして、東京ディズニーランドデビューします。正確には再デビューと言いましょうか…、二十数年前に父の会社の社内旅行でディズニーランドに行ってはいるんです。並んで待つのが苦手なため、何にも乗らずに帰って来た父が“また行ってみたい”と言い出したので、家族旅行で行くことになりました。

そんな父ですが、2月18日のヒーリングヴィーナスの放送を聴いて、とんでもない勘違いをしていたことが発覚しました。あーやとゲストのピアニスト 大井健さんが、ミッキーの話題で盛り上がっていると、一言。“ミニーって、ミッキーの妹じゃなかったんだ…”と…。挙げ句の果てに“だって2人とも苗字同じじゃないかっ!?”と一生懸命ごまかしていました。よろしければ、あーやから還暦すぎのおじさんへ、ディズニー旅を楽しむアドバイスをいただけませんでしょうか?」

平原さん
「ミッキーとミニーって恋人同士じゃない?ご結婚はなさっているわけ?恋人同士だよね?ちなみに、ディズニーのキャラクターの中でプーさんだけ出身地が違うんだよね。プーさん一人だけ“さん”が付いているのは、すごく格上の先輩だからというわけじゃなくて、外部から来たからプーさんって付いているんだってね。
ディズニーを楽しむアドバイスは、やっぱり絶叫系に乗らないとね。わたしの場合は絶叫系が好きだからなんだけど!絶叫系に乗らなくても楽しめるのがディズニーですからね。センター・オブ・ジ・アースとか、乗った方がいいと思いますし。ショーも楽しいよね!わたし、ショーの見方がだんだん変わってきて。眉の動かし方とかを意識して観るようにしています。職人の目で観ていますね。本当に楽しい世界ですから、ぜひ、(ミッキーの)耳とかつけて楽しんでください。」

番組では皆さんからのメッセージをお待ちしています!平原さんへの質問や相談、超個人的な近況報告も大歓迎です。何でも大歓迎です。聴くだけで笑顔になれる「スマイルソング」や、明日への活力となる「エナジーソング」のリクエストも大募集中です!曲にまつわるエピソードをそえて、リクエストしてくださいね。
  • mixiでシェアする