木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

Flowからのお知らせ

  • みなさ〜〜ん!いっぱいお知らせで〜〜す!!

    ★現在、無料動画配信サービス「GYAO!」では、「 One and Only 」MusicVideo short ver.が公開中です!
    ぜひ、ご覧ください!

    サンセットベンチ」MusicVideo short ver.も絶賛公開中です!
    こちらも、ご覧ください!

    ★「 木村さ〜〜ん!特ば〜〜ん!2 」もチェックお願いします!

    ★さらに、GYAO!では「木村拓哉 特集」ページもあります!
    こちらもぜひぜひ、ご覧ください!

    ★拓哉キャプテンのライブツアーも決定!

    東京大阪ライブツアー
    TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow 」開催決定!

    ■2/8. 2/9 国立代々木競技場 第一体育館
    ■2/19 .2/20 大阪城ホール

    さらに追加公演が決定!

    ■2/11(祝・火)国立代々木競技場 第一体育館


    さて今回のFlowは……

    拓哉キャプテンと“親交”のある方から“はじめまして”な方まで、
    様々なステキなゲストをお迎えしてお送りする「Flow」!

    今月のゲストはアルバム『Go with the Flow』にも参加していただきました、槇原敬之さんが登場!
    槇原さんのトークセッションも今週で最後!槇原敬之さんが選ぶ「人生の1曲」とは!?
    お楽しみに!

    そして!!
    「Flow」と「木村さ〜〜ん!」の番組公式ツイッター「@flowsaaaan」がスタートしました!
    ハッシュタグ「 #フロウさん 」を使って、
    番組の感想や木村さんにやってほしい事などを呟いて、みんなで繋がりましょう!

    そして!そして!
    TOKYO FMをキーステーションに全国38局ネットでお送りしているFlow!
    各局、地方の名物D.Jやパーソナリティーとも電話で「トークセッション」をしたいと思います!
    「うちの地方には、こんな名物ラジオDJがいる!」
    「拓哉キャプテンと是非話して欲しいラジオパーソナリティーがいる!」などなど、みなさんからの推薦も“メール”でお待ちしています!

ON AIR REPORT

2020年01月26日

Flow 第七十八回目「拓哉キャプテン × 槇原敬之」Part3

今月のゲストは、シンガーソングライターの槇原敬之さんです。

槇原さんは、今月リリースされたキャプテンの
ソロアルバム『Go with the Flow』に参加されています!

槇原さんの人生の一曲について伺いました。


槇原:聞きたいことがあるんですけど、木村拓哉は絶対にロックだと思っていたんですよ。
だけど今回の「UNIQUE」、あえてロックではなかったです、大丈夫でしたか?

木村:全然大丈夫ですよ、むしろ、届いたデモテープがゴリゴリのロックだったら
「ちょっと…一回返したほうがいいんじゃないか」って言ってたんじゃないかと思いますけど(笑)。

槇原:良かった、30年やっててもそんなことを気にするんです(笑)。

木村:来ていただいた皆さんに聞いているんですけど、槇原敬之さんの人生の1曲となったら、どんな曲ですか?

槇原:いろいろ思い当たる節があって、「エリーゼのために」もその中の1曲なんですけど…実はYMOなんですね。

木村:ほお!

槇原:ポップスの世界に行こうと思ったきっかけがYMOだったんです。
もともとは、歌うんじゃなくて、インストゥルメンタルでやりたいと思っていたんですけど、そこにオフコースだなんだと…大江千里さんとか日本のポップスも入ってきちゃったので。
「YMOと日本のポップスを合体したみたいな音楽を作りたい」と思って、今に至るんです。
だからYMOが外せなくて、「Nice Age」っていう曲があるんですけど。

木村:ほ〜、なるほど!

槇原:『増殖』というアルバムがあって。僕はピアノをやっていて、だんだんシンセサイザーに興味を持ち始めた頃に、うちのいとこが「おまえ、そんなにシンセサイザーとか好きやったら、YMO聴いたらええねん」って言われて(笑)。
お年玉握って、近所の電気屋さんに買いに行ったら『増殖』っていうアルバムが出たばかりだったんですよ。
針を落とした曲の一曲目がこの曲だったんですけど、“思ってたよりもピコピコしてないけれど、これだ!”と思って、後に「ライディーン」とか行って、“ああ、これね!”ってなるんですけど。
僕にとっては、その記念すべきポップスの世界に入っていくきっかけになった曲ですね。

木村:YMOか〜、すごく納得できましたね。
本当にいいお話をたくさん伺えました。

槇原:すごい長く知ってるわりには、ちゃんと喋ったの初めてですね(笑)。

木村:そうですよね(笑)。


M1.Nice Age/Yellow Magic Orchestra

続きをみる

top_back