引き続き、北海道の自然体験レポートをお届けしています。
雄大な知床連山を望む原生林、知床の森。
その中に、ひっそりと水をたたえるのが、「知床五湖」という5つの湖です。
およそ4000年前の火山活動によって、凸凹の地形が形作られ、そのくぼみ部分に地下水が貯まったのがこの知床五湖という湖。
ガイドウォークでは、この湖を取り囲む森の中を2時間半かけて散策しました。

冬になるとこの辺にも積雪が2メートルを超えますが、そうすると、地面のものに手が出せなくなるので、木の皮を食べて飢えをしのぎます。木は皮に近いところで水分や栄養分のやり取りをする管のようなものがあります。数ミリの厚さの皮ですが、ぐるりと剥がされてしまうと立ち枯れて死んでしまいます。一時期、鹿の数が知床半島でもかなり増えて、食害が心配されるようになって、今は鹿を捕獲して頭数調整をしています。ただもともとは狼がいて、狼が鹿を食べることでバランスが保たれていたのですが、100年位前に駆除をしてしまってからは、天敵のような動物は北海道にはいないですね。100年経って予期せぬ影響が長い時間をかけて出てくると言う怖さが、世界遺産の森でも見られるわけですね。
この鳥の鳴き声はアカハラという鳥のものです。サイズはつぐみとかそれぐらいのサイズで、オレンジ色のお腹の鳥です。それでは湖の湖畔に進みます。風がないので、きれいに森が映り込んでいます。森越しに見えているのは知床連山の1500メートル位の山並で、雪が残って山肌には雪が残っていてますね。標高は 240メートル前後なんですが、流れ出して海に注ぐ川がない湖なんですが、地下の水が、くぼんだところにたまって出来上がったんですね。もともとは魚も暮らしていなかった湖です。今いる五湖以外にはフナが住んでいます。開拓で入植した人たちが持ち込んだ魚の1つと言われています。



ガイドをしてくれたのは、知床ナチュラリスト協会「SHINRA」の畑谷雅樹さん。
夏真っ盛りということで、様々ないきものがいました。色んな鳥の声のほか、湖の水面スレスレを飛び、急上昇してまたスレスレを飛ぶブーメランのような形のアマツバメ、鹿の親子・・・
もちろん、周りを覆い尽くす森の植物たちも、多様性にあふれていました。

この森はミズナラのような落葉する広葉樹と、トドマツのような針葉樹が混在している針広混合林なんです。広葉樹の中にはイタヤカエデがあったり、ダケカンバと言う白樺のような木があったりします。秋になって色づくと、ほとんどは黄色くなるものが中心で、ナナカマドという、北海道では街路樹に使ったりする、紅葉する木があります。10月にはそういう赤が入って、モザイク的なパッチワークの色つきになります。北緯44度と高緯度の地域なので、山のほうも9月下旬になると最初の雪が降ります。ですから植物も動物も短い夏の間に子孫を残すそうと躍動するといいますか、活発になります。
こちらが次の四湖です。向こう側に倒木がありますね。昨日までは黄色いキノコがかなりはえていたんですね。このキノコは非常に美味しくて、熊の大好きなきのこです。今日はもうごっそりなくなっているので、昨日から今朝にかけて熊がやってきて食べたのでしょう。昨日はガイドツアーがヒグマと遭遇して中止になっているんですが、もしかするとそのクマがそのままこちらに進んできて、キノコに気づいた食べた可能性もありますね。
地面を見るとムネアカオオアリ、1センチを超える大きなアリがたくさん歩いています。このアリは、土の中にはほとんど巣を作らずに、木の中に巣を作ります。そうすると、木の幹にスカスカの空洞を作ってしまうので倒れやすくなります。そんなアリを主食にしているクマゲラという生き物がいて、体調が45センチを超える天然記念物のキツツキです。オスは赤いベレー帽かぶったような鳥なんです。このトドマツを見ると大きな穴が空いてますが、これはアリを食べるためにクマゲラが空けた穴です。

30センチ〜40センチくらいの縦長の穴が開いています。これは闇雲に空けているわけではなく、クチバシでコンコンと叩いて中に虫が入るかどうかを反響で確認して、いるとなると作業に取り掛かるんです。足だけでなく、尾羽でも支える構造になっていますので、3点で支持して、ノミのようなくちばしを打ち付けて穴を掘ります。最終的にアリのいるところまで到達すると、長い舌先がギザギザ釣り針のかえしのようになっていて、アリクイのように、唾液の接着剤でねばねばしてアリをとってしまうんです。普段はこの長い舌は頭蓋骨の周りを取り囲むように収納されています。これは衝撃吸収剤の役割をしているので、脳震盪をせずに木を叩けるんですね。


今回のお話いかがだったでしょうか。来週も続きをお届けします。来週はついにクマに遭遇?するかもしれません!

【今週の番組内でのオンエア曲】
・Jamaica Song / Booker T Jones
・It Ain't Over 'til It's Over / Lenny Kravitz


パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFN募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP