プロジェクト概要

太古の昔より、森は動物や植物などたくさんの命を育み、田畑や海、川にたくさんのミネラルをもたらし、地域と暮らしを守ってきました。 東日本震災では津波でコンクリート堤防や松林がことごとく破壊される中、その森や、昔からその地方に根差す、深く地面深くに根を張った潜在自然植生の木々たちは、津波の勢いを和らげました。 関東大震災や阪神大震災では、大火により建物が燃える被害を食い止め、防災林として大きな役割を果たしました。 この「鎮守の森」をモデルとした森をできるだけ多くつくることは、災害の多いこの国に生きていく私たちが、後世に伝え残さなくてはならない貴重な知恵であり、自然と共生していく教訓でもあります。 番組「いのちの森〜voice of forest~」では、「鎮守の森のプロジェクト」が行う活動をはじめ、日本のみならず世界各地の森を守る活動を行う人や団体にスポットをあて、森の大切さについて考えていきます。


さて今週も、植物が秘めている「色」を取り出し、様々な生地を染めた作品を手掛ける作家さん、コノネンコ真紀子さんのお話です。
きょうのお話は、季節は秋から冬へと移り変わるこの時期に、真紀子さんが染料を取り出す「ある植物」が主役です。


今から季節がセイタカアワダチ草なのですが、セイタカアワダチ草って知ってますか?

〜はい、この番組でも取り上げたことがあります。外来種で根からたくさん毒を出して、周りの植物を殺してどんどん自分の領地を広げていくんですよね。
そうです。もともとは明治時代に観賞用として入ってきました。観賞用としてはよかったんですが、東京オリンピックの時に木材がどんどん入ってきたときに、木材についていた種からいっぱい発芽してしまったと言われているんですね。ススキと同じ場所を好むんですね。お互い外来種どうし、同じ土壌が好きなんでしょうね。アレロパシーという毒を出して周りのススキを枯らしてしまうのですが、その毒で最終的に自分も発芽できなくなって衰えていくんです。そして今はだんだんススキがまた勢力を取り戻してきていますよ。見渡すとよくわかるんですけど、ススキとセイタカアワダチソウが一緒にいたところにだんだんススキが元気になってきている。そういうのって面白くないですか。人間界にも当てはまるなと。毒づいていた人たちが、みたいな。地道に頑張っていたものが最後に微笑む、みたいな(笑)


〜セイタカアワダチソウというとちょっと黄色っぽい花ですよね。
黄色っぽい、三角っぽいお花で、ミモザみたいな感じですね。そして名前の通り背が高い。背が高くて泡が立つんです。毒を振りまくと言いましたが、土の栄養分を吸い取るのがすごく強いんです。デトックスですね。それが人間にも働くといわれていて、アレルギーとかアトピー、皮膚炎にも効果があると民間療法で使われていたりするんですけど、お風呂に入れるとめちゃくちゃ泡が立つんです。染めている間もぶくぶく泡が立ってくるんですね。海外の方の話なんですけど、農薬をまいた後にセイタカアワダチソウの中に入ると体が楽になると言う話もあったりして、デトックス効果が強いと言われているんですね。繁殖力が強いので嫌われていますよね。外来種なので駆除の対象にもなっていて、邪魔者扱いされるし、花粉症の原因なんじゃないかとも言われてます。でも花粉症の原因には彼らはならないんです。ブタクサと間違われちゃう。ブタクサは杉と同じで花粉が風で飛ぶんですが、セイタカアワダチソウは虫媒花、虫が花粉を運ぶんです。だから花粉症の原因にはなっていないのでぜひ花をじっと見てもらいたいですね。花自体にもすごく染める力があって、こんなふうに鮮やかに黄色が染まるんですね。

〜すごいきれいな黄色ですね!流行のニュアンスカラーみたい。
植物で染めた色って、何色と言えないんですよね。セイタカアワダチソウの色なんです。2019年のセイタカアワダチソウの色です。

〜泡を出して染めていくんですか。
泡だらけになって溢れちゃうので、すくって流しちゃうんですけど、染料がまっ黄色なのが出るので、そこに浸します。私なんかベッドシートを染めて、それにくるまっているんです。服用という言葉がありますよね。昔の人って薬がない時には植物の力を借りて、染めたものにくるまって病を癒すということがあって、それから服用といわれたんじゃないかと言われたりもしています。いろんな語源があると思うんですけど、私はそれを支持しています。

〜デトックス効果ありそうですね。
そう思って寝るのも良いですね。お庭にあったらぜひ汚れたふきんでもいいのでやってみてもらいたいなと思います。染め直しと言う意味も含めてね。

〜おうちでもできるんですか。
もちろんです。普通のお鍋でできます。セイタカアワダチソウを細かく鍋に入るようにハサミでチョキチョキして、お花の部分も茎も葉っぱも入れます。ひたひたになる位の水を入れて、20〜30分茹でます。そうするといっぱい泡も出てくるんですが、色も出てきます。泡が溢れないようによく見ながら気をつけてもらって、色が出たらそこに染めたいものを入れます。ちょっとかきませて10分ぐらいおいて、そのままでも染まりますが、もっと定着させたいなら50度くらいに温めたお湯にミョウバンを小さじいっぱいくらい入れて、そこに浸してあげるともっと鮮やかな黄色になるので、浸してもう一回煮だした染料のほうに戻します。そうするともっと定着します。それで終わりです。そんなに手をかけなくても、昔から染めというのは身近に合ったもので、玉ねぎの皮とかコーヒーとかでも染められます。日本だと100年前位は自分たちで綿も育てて、糸を作って、自分たちで染めて着るものを作ったというところがあると思うんですけど、そういうのがなくなっちゃった。でも染めるという所だけだったら気軽にできると思うんですね。スパイスとかをこぼしてシミになっちゃったとかありますよね。それが全部なんだと思ってやってもらえれば。

〜そしたら汚れが取れなくても捨てなくて済みますもんね。
そうなんです。ローレル、月桂樹でも染まるので、お家にあるスパイスでもできます。お肉の臭み消しとかに使われるやつですね。

〜すごいピンクみたいな。葉っぱが緑ですよね。でも染めるとこうなるんですね。
ミョウバンで焙煎するとこの色になりますね。



コノネンコ真紀子さんのお話、いかがだったでしょうか。ポッドキャストでも詳しくご紹介していますので、こちらもぜひお聞きください。

コノマキ染布舎facebookページ→https://www.facebook.com/konomakisenpusha/
コノマキ染布舎インスタグラム→https://www.instagram.com/konomakisenpusha/

【番組内でのオンエア曲】
・Stay (I Missed You) / Lisa Loeb
・やわらかくて きもちいい風 / 原田郁子
さて紅葉のシーズンです。緑だった葉っぱが赤や黄色に染まるシーズン。
どこからあの色が出てくるんだろう。なんて思ったことありませんか。
今週はそんな植物の「色」を魔法のように取り出すお仕事をしているある女性にスポットを当てます。
今回お話伺ったのは、コノネンコ真紀子さん。
宮城県七ヶ浜町にお住まいの女性です。
真紀子さんのお仕事は、自然の植物を使った染め物づくり。
わたしたちの周り、当たり前にある植物たちが、実はその中に秘めている「色」を取り出して、様々な作品を作っています。
その作品は地域のアンテナショップやネットで購入することができるということで今回は東松島にあるアンテナショップで、ご本人にお話伺いました。


〜今日は染め物をいろいろ持ってきてくださったんですが、カラフルで可愛いですね。
これがまさか植物とか自然のものから取れたという感じがちょっとしないかもしれないですが、全部自然の色です。植物の蕾だったり枝だったり茎だったり土だったり。自然を見てきれいだなと感じるときの色に似ているのかなと思います。夕日とか日の移ろいとか草花の揺れる感じとか、ふとしたときの色に似ているのかなと思うんです。


〜このちょっと濃いめのピンク紫というかこれも自然のものから取れた色ですか?
今日お召しの服と同じ色ですね。これは蘇芳と言う植物のチップを煮詰めて焙煎して染めた色なんです。こういう色は普通の白よりも体を温めるの力が5倍強いと言われていてます。きっと今日は寒いから高橋さんは無意識に暖かいものを求めてらしたのかなと思ってました。


〜もともとは木ですか?
花を見たままの色で染まると皆さん想像されると思うんですけど、そのようには染まりません。大体くすんじゃったりとか、時間が経ったら黒くなっちゃったりということがあると思うんですけれども、大体は枝とか根っこなんかを使います。たとえば、桜の枝を切っている方にお願いして染めさせてもらったんですけど、桜が咲く前の枝と桜が咲いた後の枝では色味が違うんですね。煮詰めて染料を取るんですけど、桜が咲く前だと淡いピンクに染まるんです。桜が咲いた後は茶色くそまるんですね。花の中に色があるんじゃなくて、木の中に色が眠っているんだなというのがその時に発見したことで、植物ってすごいなと思いました。


〜今見ているこの明るいピンクも、木を煮出すんですか?
ちょっとオレンジがかった赤になるんです。このまっ白なさらしをできた鍋に浸して、その色を定着させるためにアルミニウムとかミョウバンとか錆びた釘、鉄媒染と言うんですが、反応させて定着させるときに色がガラッと変わるんですね。定着させるのも、私は台所で仕事をしているんです。とにかく口に入っても危なくないもの、子供たちが触れても危なくないもの、排水に流しても安全なものというのを基準に選んでいます。ミョウバンもスーパーでも売られている食品添加物レベルのものをできるだけ使って染めています。植物から力をもらっているので、やっぱり自然を汚すようなものを使って染色するというのは私の中にないんです。負担のないもの、自分にも環境にもみんなに幸せになれるものをやりたいなと思ってやっているんですね。その分、定着が弱いので変化をしてしまうんです。このように色あせるというのがあります。でもこういうのって人間ができることじゃなくて自然に生まれちゃうもの。人のシワとかも私はすごくきれいだなと思うんですけど、こういうのが美しいなと思えると、別に歳をとっても良いじゃんという感じに思えてきたりとかもしますね。

〜おうちの中でやるというのは何か考えがあってのことなんですか?
始めた頃って子供たちが小さかったので、あまり離れたくないというのもあったし、隣で私も好きなことをやっていたいというのがあったんです。それに特に布とかってすごく生活に密着しているものなので、自分が生活から離れてそういうものを作るというのがちょっとリアリティーがないんじゃないのかなと感じていたんです。子供が宿題やったり、ご飯のときとか、生活でガチャガチャうるさいんですけど、そういう音を聞きながらやることで言葉にはないものがこもるんじゃないのかなと思うんです。それでおうちでするようになりました。仕事も、夢も、好きなことも全部一直線上で考えていて、そうすると暮らしながらアイデアが浮かんだりとか、仕事をしながら子育てにつながっていると感じたりして、やってよかったと思うんです。

〜ついつい仕事は仕事、おうちはおうちと考えてしまいますが、そうではなくて、延長線上にあるということなんですね。
お風呂に入りながら下染めしちゃうとか、シチューを煮込んでいる隣で松ぼっくりを煮込んでいたり、「今日はご飯何?」と鍋を子供たちが覗いたら、中に松ぼっくりがあってびっくりということもありましたね。「これ枝じゃん」とか。もうおうちが魔女の家みたいになっちゃってるんです。安全なのでお鍋は変えなくてい良いんですけど、量が違うので、私は変えてやっているんです、そんな感じでやっています。


今週は自然の草木を染料にした染め物づくりをする作家・コノネンコ真紀子さんのお話でした。
コノネンコ真紀子さんの作品は、インスタグラムやフェイスブックでも見ることができます。ぜひ見てみてください!
コノマキ染布舎facebookページ→https://www.facebook.com/konomakisenpusha/
コノマキ染布舎インスタグラム→https://www.instagram.com/konomakisenpusha/

【今週の番組内でのオンエア曲】
・Love Is All Around / LOVE PSYCHEDELICO
・恋のひとこと(SOMETHING STUPID) / 竹内まりや
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 217 | 218 | 219 || Next»

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP