第252回 バレンタインデーの交通安全

2020/02/14

2月14 日、バレンタインデーです。 
この時期、各地では「愛のこもった運転を」と交通安全イベントが行なわれます。
今日はその1つ、東京都大田区 池上警察署の取り組みを紹介しました。





池上警察署は昨日午後に交通安全イベントを行いました。
イベント名は「チョコチョコ安全確認」!
呼びかけた対象は、二輪車と自転車に乗る人たち。
交通課 課長 木村敏行さんに電話でお話を伺いました。

池上署のバレンタインデー交通安全イベントは6年目。
交通安全の気運を高めるため、地元女子高生にも協力を仰ぎ、行なっています。
今年はオートバイや自転車に乗る人たちに向けて交通安全を呼びかけました。

昨年、池上署管内では年初から自転車の交通事故が増え、秋まで減りませんでした。
また、この時期はオートバイ利用者も厚着などでとっさの動きがしにくくなります。
そこで、自転車利用者には出会い頭の事故を防ぐために交差点での一時停止を
オートバイ利用者にはスピードの出し過ぎ注意を呼びかけました。





今年はどんなことをしたのかというと。
交通量が多い環状8号線の矢口渡交差点近くで
日本体育大学荏原高校チアリーディング部とダンス部の生徒と一緒に
交通安全の思いを込めたチョコレートを配ったそうです。





参加した日本体育大学荏原高校の生徒にも話を聞いたところ
渡そうとしたチョコレートは多くの人が忙しい中
「ありがとう」と言って受け取ってもらえたとのこと。

「同じ高校生や中学生に交通安全について伝えたいことは?」という質問には、
『交通事故は被害者も加害者も辛い思いをします。
私たちからゆずり合う優しい心を広めて一緒に交通事故を減らしましょう』と
頼もしい言葉を伝えてくれました。

そして、池上警察署 交通課 課長 木村敏行さんは、
「全国で多くの人が出勤中の車の中で聴いている時間です。
ドライバーの皆さんに交通安全のメッセージをお願いします」と促したところ
「スマートフォンをいじったり、イヤホンをしながらの運転は大変危険です。
交通ルールを守り、大人もヘルメットを被りましょう。
交通事故全体では歩行者が交通事故死者数の大きな割合を占めています。
ドライバーが横断歩道での一時停止を心がけて頂くことは勿論、
歩行者の方も横断ルールを守りましょう」と注意を促して下さいました。

バレンタインデー。
交通社会にも思いやりや愛情が溢れていれば、
もっと事故は減らせるはずです。

こうした機会に誰かを思いやる気持ちを集めて
1つでも事故が少くなくなる交通社会を築いていきたいものです。