2011/5/29
5月も終わりに近づいてきました。
今年は例年より入梅が早いそうなのですがみなさんお体には気をつけてくださいね。

震災以降、一番気になる言葉は“風評被害”という言葉だと思います。
“風評被害”に惑わされないためにどうすればいいのか。
「それは“不動心”です」と江原さんは言っています。
「“感情”か“理性”かで必ず振り分けましょう。感情は何の得もない。“不動心”に必要なのは理性。感情で物を言う人は基本的に“たら・れば”などという観念的な言葉を使う人が多い。
怖いと思うことは、何がどう怖いのか。何がいけないのか。
理性的にきちんと勉強をして答えを出すといたずらに不安だとか怖いということがなくなる。
風評被害で一番いけないのは“怠惰”だと思います」
と。
風評被害に振り回されないためには、自分自身で考え、勉強する努力が必要なのだと教えていただきました。



今夜お届けしたナンバー
◇ 風に吹かれて / ボブ・ディラン
◇ 想いでという名の妖精 / 江原啓之
◇ トゥナイト ウェストサイドストーリーより / バーンスタイン作曲


●あなたが感動した言葉―――
美しい唇であるためには 美しい言葉を使いなさい byオードリー・ヘップバーン

番組ではみなさんが感銘を受けた言葉を紹介していきます。

「お前が早く死んだら、俺がその分幸せに暮らすからね。
 俺が先に死んだら、棺おけにお前の髪を一本でいいから入れて」

(ご主人から真紀さんに贈られた暖かい愛の言葉)

「足るを知る」
(まめぞうさんが、自分の周りには幸せが多くあると震災後に感じた言葉)

江原さんがオーラの泉の際に、美輪さんとよく言っていた言葉があるそうです。
「不幸の数ばかり数えていないで、幸せの数を数えなさい」
震災後、幸せの数を数える人が多くなりました。
不平不満ばかり言っていると自分の周りに不平不満が寄ってくるのだそうです。
“言霊”というのはとても大切なのだと教えていただきました。

たくさんのメールありがとうございました。
これからも「あなたの感動した言葉」をお待ちしております。
大切な人、両親や祖父母、友人、恩師などから贈られた言葉、人生を変えた言葉をエピソードも添えて教えてください。


●いま江原に聞きたいこと―――

やきもちという感情を抑える・静める方法はあるのでしょうかという質問をいただきました。
江原さんは「“やきもち”という感情自体怠惰だと思う」と言っています。
「“やきもち”を妬くことはなんの得もない。妬く前にやることは自分を磨くこと。
それに人をやっかんでいるときの顔は美しくない。ますます悪い方へ引きずられていってしまう。
だからこういうときには努力が大切です」
とアドバイスをいただきました。

また、梅雨から夏に向けて元気が出てオススメの食材を教えてくださいとの質問もいただきました。
江原さんは「日本は四季がはっきりしていて、その季節の食べ物はその季節に合うようになっている。夏の野菜トマトやきゅうりは体を冷やしてくれる効果があり、夏バテ防止にもなる。季節感のある食べ物を」と言っていました。
日本は四季のある美しい国です。ハウス栽培などでいつでも同じ野菜が食べられますが、季節の勉強しながら楽しく食事をすることが大切なのですね。

◇「いま江原にききたいこと」を募集しています。
最近悩んでいること迷っていて相談したいこと。
また、江原さんについての質問などなんでも結構です。
どんどん江原さんに聞いてしまいましょう!
たくさんのメールお待ちしています。


●東日本大震災復興支援チャリティアルバム「おと語り」はただいま絶賛発売中です!
全国のCDショップまたはネット通販ショップでお求めください。

このCDの収益の一部は日本赤十字社を通じて被災者の救済および被災地の復興に役立てて頂くために寄付いたします。

今回のチャリティアルバム「おと語り」の発売に合わせてチャリティコンサートも決定いたしました!!
チャリティアルバムをそのままライブで聴いていただけるコンサートです。
このコンサートの収益の一部も寄付いたします。

東京公演 6月20日(月)21日(火) 浜離宮朝日ホール
大阪公演 7月12日(火) ザ・シンフォニー・ホール

チャリティアルバム・チャリティコンサートの詳細はこちらから
江原啓之 公式サイト
公演に関するお問い合わせ
Zen-A(ゼンエイ) TEL:03-6825-1122(平日11:00〜19:00)


●江原さん交遊録

さだまさしさんと共通の友人の指揮者、佐渡裕さんのお話を伺いました。
佐渡さんは、小澤征爾さんについで日本人で二人目のベルリンフィルの指揮者。
佐渡さんに「これからヨーロッパで活躍します」ということを江原さんがオーラの泉で伝えていたそうです。
その言葉を励みにしていた佐渡さんは、ベルリンフィルで指揮をすることが決まってすぐに江原さんに「叶いました」と連絡したそう。また今回ベルリンフィルで指揮をした直後にも「指揮をしてきました」連絡をくれたそうで、「非常に義理堅い方です」と江原さんは言っていました。


●江原啓之 今夜の格言

「怠惰な土地に花は咲きません」

「自分を信じられるから、自信が持てると言えるのです」


●番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
メッセージの応募はこちらから
2011/5/22
いつもたくさんの応援メッセージありがとうございます。
江原さんは「みなさんの応援やご支援があればあるほど、この番組のパワーは強くなっていきます」と言っていました。
何度も繰り返し聞いてくださる方も多いようで、これからもみなさんの心に寄り添えるような番組をお送りできていければと思っています。



今夜お届けしたナンバー
◇ Candle In The Wind / エルトン・ジョン
◇ 聖フランチェスコの祈り / 江原啓之
◇ 翼をください / 赤い鳥

今夜お送りした『Candle In The Wind』は、先日ロイヤルウェディングをしたウィリアム王子の母、ダイアナ妃の追悼式で有名になった曲ですが、実はこの曲はノーマ・ジーン、すなわちマリリン・モンローを偲んで作られた曲なのです。人間としてのノーマ・ジーン、そして女優としてのマリリン・モンローの“光と闇”その悲劇を歌っているのです。

江原さんはダイアナ妃というと印象深い言葉を思い出すのだそう。
それは『神が私に城にいろと命じられれば、私は城にいます。今私は、スラムに行けと命じられたからスラムにいるのです』という、ダイアナ妃と交流のあったマザー・テレサの言葉。
江原さんは、「ダイアナ妃に向けられた言葉なのではないか」と言っていました。「スラムにいることが全てではない。城にいることをダイアナ妃は不甲斐なく感じているのかもしれないが、城にいることを神が命じたのであれば、城というフィールドを使って世の中のために生きなさいと言ったのではないか」と。
あるときからダイアナ妃は、地雷除去や福祉に対して貢献していました。
ウィリアム王子もチャリティにとても力を注いでいます。
ロイヤルウェディングを見ながら江原さんは「母であるダイアナ妃の思いを継いでいるのではないか」と感じたそうです。
それぞれ自分のフィールドの中で、自分にできることの大切さを教えていただきました。


●あなたが感動した言葉―――

美しい唇であるためには 美しい言葉を使いなさい by オードリー・ヘップバーン

番組ではみなさんが感銘を受けた言葉を紹介していきます。

「あなた、とっても素敵ね」
(永海月さんが知り合いのおばあさまから言われ、人生最高のご褒美と感じた言葉)

「引越しをするので、今日でここに来るのは最後になります」
(コンビニを営んでいるめぐもんさんに、普段無愛想だったお客様から笑顔でかけられた言葉)

たくさんのメールありがとうございました。
これからも「あなたの感動した言葉」をお待ちしております。
大切な人、両親や祖父母、友人、恩師などから贈られた言葉、人生を変えた言葉をエピソードも添えて教えてください。


●いま江原に聞きたいこと―――

江原さんの奥様はどのような方なのかという質問をいただきました。
江原さんと奥様との出会いは、毎週お話をしていただいている交遊録と関係が深く、お二人を引き合わせたのはイルカさん。
江原さんが奥様の相談にのりみたところ、なんと結婚相手にご自分の姿が見えたのだそうです。
そして数年を経て再会し、偶然の出会いを重ね半年で結婚することになったのだそうです。
「奥さんは大変強い人です。どんなことにも動じず、鉄人というあだ名がついている。そんな強い彼女だからこそ一緒にやっていけるのだろう」
と江原さんは言っていました。

◇「いま江原にききたいこと」を募集しています。
最近悩んでいること迷っていて相談したいこと。
また、江原さんについての質問などなんでも結構です。
どんどん江原さんに聞いてしまいましょう!
たくさんのメールお待ちしています。


●江原さんのチャリティアルバム「おと語り」が発売中です!

今回のチャリティアルバム「おと語り」の発売に合わせてチャリティコンサートも決定いたしました!!
チャリティアルバムをそのままライブで聴いていただけるコンサートです。
コンサートの収益全て、日本赤十字社を通じて震災の復興に役立てていただくそうです。

東京公演 6月20日(月)21日(火) 浜離宮朝日ホール
大阪公演 7月12日(火) ザ・シンフォニー・ホール

チャリティアルバム・チャリティコンサートの詳細はこちらから
江原啓之 公式サイト


●江原さん交遊録

前回お話をしたさだまさしさんを直接結びつけた方をお聞きすることができました。
NHK大河ドラマ「利家とまつ」や朝ドラ「おひさま」のテーマソングでもご存知の方も多い作曲家の、渡辺俊幸さん。
江原さんの『いのちの詩』という詩の作曲もしていて、大変親しくしているのだそう。
渡辺俊幸さんは『赤い鳥』というグループのメンバーでドラムを担当していたそうなのですが、
アメリカに留学をして一から音楽を勉強しなおし、作曲家としての道を進んでおられるのだそうです。


●江原啓之 今夜の格言

「人生の学びは光と闇です 闇があるから光がわかるのです」

「よく見わたしてください 闇のときこそ光が見つかるものです」
  
●番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇あなたが感動した言葉
◇いま江原さんに聞きたいこと

メッセージの応募はこちらから
2011/5/15
今夜の放送では、江原さんがいつも言っている「偶然ではなく必然」ということを強く感じさせてくれるエピソードを教えていただきました。

江原さんは先日仙台で講座を行ったそうです。
仙台の講座は今回の震災で開催できるかどうか本当に微妙な状況でした。
しかし仙台の他のホールがダメージを受けていたにも関わらず、
江原さんのホールはただひとつだけ無事。
しかも講座開催直前に新幹線がようやく仙台に開通し、実現しました。
「きっと多くの方が望んでくれたからなのではないか」と江原さんは言っていました。

江原さんが見た仙台の街はごく普通で、そこだけ見ていると前の仙台よりも活気があるのではないかと思うくらいの光景。
けれど、海の近くの方に行けばニュースで流れる被災地。
非常に近い範囲の中で、ごく普通に活気のある街と被災地が共存しているのを江原さんは不思議な気持ちで眺めていたそうです。
そしてまた来場された方はみなとても前向きで笑顔が多かったといいます。
けれど、「家が流された方は?」と聞けばかなりの数の方の手が挙がったそうです。
江原さんは「みなさんの目には生き抜くぞという力とか信念みたいなものがあって、前しか見ていない。前を見て一歩でも前に進むために今回の講座に来たんだ。だからそれにお答えして出来る限りお話をしてきた」と言っていました。
偶然ではなく必然ということを強く感じ、また困難や深い悲しみの中、前を向いて立ち向かっていく人の強さを教えていただきました。



今夜お届けしたナンバー
◇ Overjoyed / スティービー・ワンダー
◇ 旅立ち / 江原啓之
◇ まあるいいのち / イルカ

スティービー・ワンダーは親日家で、今回も日本に対して復興のエールを送ってくれています。
震災後、江原さんはアーティストからメールをよくもらうのだそうです。「コンサートをしたいけれどできない」と。
江原さんは「アーティストの仕事というのは人々に希望を与え、未来をみてもらうこと。そしてそれを伝えること。特に歌というのは祈りなのだから、アーティストは人々に生きる勇気を与える聖職者だということを忘れてはいけない。その意識をなくしてセンシティブで倒れてしまってはダメだよ。こういったときだからこそ伝えなければ。でないと音楽はなんのためになるんだと言われてしまう。このことをみなさん認識してください」

とアーティストのみなさんにエールを送っているそうです。
歌は多くの人に力を与えてくれます。歌から復興の輪を広げていけたらいいですね。


●あなたが感動した言葉―――

美しい唇であるためには 美しい言葉を使いなさい byオードリー・ヘップバーン

番組ではみなさんが感銘を受けた言葉を紹介していきます。

「失敗は決して恥ではない。本当の恥は、そこから立ち直れないことだ」
(一進一退が続く病のはらほれひれはら、ららさんが韓国ドラマで出会った言葉)

「こんな薬を10錠飲むより、心から笑ったほうがずっと効果があるはず」
(震災で落ち込んでいたディアキティさんが、雑誌で目にしたアンネフランクの言葉)

たくさんのメールありがとうございました。
これからも「あなたの感動した言葉」をお待ちしております。
大切な人、両親や祖父母、友人、恩師などから贈られた言葉、人生を変えた言葉をエピソードも添えて教えてください。


●いま江原に聞きたいこと―――

原発の放射能漏れの影響で残された牛や馬を処分するということを知り、どういう思いで動物たちをおくってあげればいいのか教えてくださいとのメールをいただきました。

江原さんから「命を生かしてあげられなかった。これは本当につらいことで、人間全員が反省をしなければならない。人間本位のことばかりではいけない。今回のようなことは私たちが便利を望んだあげくの弊害であると思うので、生かしてあげられなくてごめんなさいという思いを一生懸命伝えることが大切だ」とアドバイスいただきました。

◇「いま江原にききたいこと」を募集しています。
最近悩んでいること迷っていて相談したいこと。
また、江原さんについての質問などなんでも結構です。
どんどん江原さんに聞いてしまいましょう!たくさんのメールお待ちしています。


●5月11日、江原さんのチャリティアルバム「おと語り」が発売されました!!

みなさん、もう手にとっていただけましたか?
江原さんが“癒し”を込めて作ったこのCDの収益の一部は、被災された方々にお役立ていただくそうです。今夜お送りした『旅立ち』も収録されています。

今回のチャリティアルバム「おと語り」の発売に合わせてチャリティコンサートも決定いたしました!!
このアルバムがそのままライブで聴いていただけるコンサートです。
コンサートの収益全て、日本赤十字社を通じて震災の復興に役立てていただくそうです。

東京公演 6月20日(月)・21日(火) 浜離宮朝日ホール
大阪公演 7月12日(火) ザ・シンフォニー・ホール

チャリティアルバム・チャリティコンサートの詳細はこちらから
江原啓之 公式サイト

●江原さん交遊録
今回は今までの人間交遊録をまとめていただきました。
交遊が広がるきっかけとなったそもそもの出会いはTOKYO FMで出会ったイルカさん。
イルカさんと通じて出会ったのが南こうせつさん。そしてそのつながりの中、コンサートで知り合ったのが谷村新司さん。
また、共通の友人のさだまさしさんがいるそうなのですが、直接結び付けてくれた方は別の方なのだそうです。その方は来週ご紹介させていただきます。
みなさんお楽しみに!!


●江原啓之 今夜の格言

「びくびく生きるのはもったいないことです・・・」

「心配の波長はかえって災いを呼びます。未来をポジティヴに創造しましょう」
  
  
●番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇あなたが感動した言葉
◇いま江原さんに聞きたいこと

メッセージの応募はこちらから
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 141 | 142 | 143 | 144 | 145 || Next»