2011/9/4
9月に入りましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今年の夏はヨーロッパを回り、今浦島太郎のような状態だという江原さん。
江原さんが4週間ほど日本を離れている間に、様々なことが起こりました。
なでしこJAPAN W杯優勝、深刻な集中豪雨、TV局による汚染米テロップ問題。
日本以外では中国高速鉄道脱線事故、ロンドンでも取り上げられていた円高加速。
また、インターネットから火がついた反韓流デモ。

インターネットといえば、江原さんも最近身近な出来事があったといいます。
それはロンドンでの暴動。
日本の報道で、ロンドンの多くの場所が燃えているかのように映ったのではないかという江原さんですが、実は暴動が起きていたのは、ロンドンの北や西の方で、労働者階級の人たちが多く住んでいる場所。
不況で若い人たちが職を持てないという事実はあるものの、それは表面的に言われていることで、現地にいる人たちはそんなにかっこいい反発のデモだとは思ってはいなかったんだとか。
ツイッターが元で煽られ、そこには何のイデオロギーもなく、結局は携帯電話ショップや若者に人気のファッションショップなどばかりが狙われるただの物取り。
江原さんは一切、同情や共感というものが感じられなかったといいます。
「独裁政治が終わりを遂げたなどプラスの面もあるが、なぜインターネットやツイッターなどで煽られ、直接会ったこともない人の言葉を信じる時代がきてしまったのか。ネットやツイッターの情報が正しいのかどうなのか、判断の元は自分自身で見聞きすること。人を信じるには相手と会わなければダメだ」と江原さんは語ってくれました。



今夜お届けしたナンバー
◇ 見つめていたい / ポリス
◇ ピエトレルチナ / 江原啓之
◇ カルメン ハバネラ


●あなたが感動した言葉―――

美しい唇であるためには 美しい言葉を使いなさい by オードリー・ヘップバーン
番組ではみなさんが感銘を受けた言葉を紹介していきます。

「視力を失うということは、乳白色の霧の中にいると思ったらいい。
 真っ暗闇じゃないんだ。私たちは今まで暗闇という光を見ていたんですねぇ」

(コバヒロさんが希望を持って努力したいと感じた小説『解夏』の中の一節)

「ほっぺたが落ちそうなくらい美味しかったです!」
(かなみさんが感動し考えさせられた、被災地で2切れほどのった漬丼を食べた女子生徒の言葉)

たくさんのメールありがとうございました。
これからも「あなたの感動した言葉」をお待ちしております。
大切な人、両親や祖父母、友人、恩師などから贈られた言葉、
人生を変えた言葉をエピソードも添えて教えてください。


●いま江原に聞きたいこと―――

「音には音霊が宿り、言葉には言霊が宿る。それなら絵には絵霊というものはあるのですか?」
というメールをいただきました。

江原さんは、絵にももちろん魂は宿るといいます。
絵が上手・下手ということではなく、描き手がそこに何を宿しているのか。
美術の学校に進学したという江原さん。
美術の学校を受験する時に、特別絵が上手ではなく悩んでいた江原さんに、当時の先生が「上手な絵は誰でも描けるかもしれない。大事なことは味がある絵を描くこと。だから味のある絵を描いてください」と言ってくれたといいます。
「“味”というのはその人の生き様や想いが出てくることだと思う」という江原さんから、ターナーという画家を紹介してもらいました。
「ターナーもスピリチュアルな世界を求めていた人。ターナーの後期の絵には常に奥に光がある。こんな時代だからこそ美しい絵や、音楽などを楽しまなければいけない」と江原さんは語ってくれました。

◇「いま江原にききたいこと」を募集しています。
最近悩んでいること迷っていて相談したいこと。
また、江原さんについての質問などなんでも結構です。
どんどん江原さんに聞いてしまいましょう!
たくさんのメールお待ちしています。


●9月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!―――

9月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
お誕生日の方に“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。


●江原啓之 今夜の格言

「幸せになりたければ、人を幸せにすればよいのです」
  
「想い・言葉・行為が全て自分の環境をつくります」
  

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ 9月お誕生日の方
メッセージの応募はこちらから
2011/8/28
夏の終わり、夏休みの終わり、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

昔は蝉が鳴き始めて、夏の盛りがきて、秋の気配を感じ、涼しくなっていっていたのに、最近は季節感がなくなってきているように感じるという江原さん。
この夏、ヨーロッパで過ごしたという江原さんが一番長く滞在していたのは、もうひとつの心の故郷であるロンドン。
4年ぶりに訪れたヨーロッパは、以前は日差しが強く、木陰に入れば涼しいというように過ごしやすかったのに、以前よりずっと涼しく、寒いという感じが強かったといいます。
ロンドンに行ってまずしたことは、ウールのショールを買ったこと。
ロンドンにいる人も、気候や天候が変わってきたと言っていたといい、江原さんは「自然界が変わってきているのではないか。色んなひずみがきているのかも」と心配されていました。

ヨーロッパに滞在中、ご自身で聖地を巡るツアーに出たという江原さんがまず向かったのは、キリストの聖地であるファティマ。
ファティマ聖母の出現が有名で、その頃の景色を見たいと訪れたものの、大聖堂ができていたりと、昔の景色が感じられなかったことを残念に感じた江原さんですが、考察することも多かったとか。
その後、聖母マリアの出現とルルドの泉で有名なフランスのルルドに訪れた江原さん。
ルルドはカトリックの聖地で、世界中から病にある人などたくさん集まっていて、8000人ほどのロウソクを持った人の行列ができ、とても壮大な雰囲気だったそうで、江原さんも日本の国旗を持って行列に参加したといいます。
江原さんは、今回改めて「宗教について賛否両論はあるけれども、宗教という形を取り除いた部分で、“信仰”というのは大事だと感じた」といい、「大聖堂など現世の物を目にして複雑な心境もあるが、この世の様々な仕組みを取り除いていって、“祈る”“敬う”という心。その前では人は純粋になれる。私たちはちっぽけな存在で、自然界を守っていかなければならない。その中で“生かされている自分”というものを感じるということは、どこの国の人でも、どんな宗教でも絶対に必要なこと」と教えてくれました。



今夜お届けしたナンバー
◇ フール・オン・ザ・ヒル / ザ・ビートルズ
◇ パンタレオン / 江原啓之
◇ さよならの夏 / 森山良子


江原さんととても縁の深い森山良子さんが、偶然TOKYO FMにきていてスタジオに顔を出してくれました。「いつも素敵でとてもパワフルな女性」と江原さんが語る森山さんは、デビュー45周年。45周年記念のアルバム「すべてが歌になっていた」を届けてくれました。


●いま江原に聞きたいこと―――

「夏といえば花火。私は線香花火が好きですが、江原さんはどんな花火が好きですか?」
というメールをいただきました。

江原さんが好きな花火は、時々土台が倒れたりもするけれど、泉のように噴き出す『ドラゴン』。「好きな花火でその人の性格が出るような気がする。線香花火が好きな人はささやかな中で、美しい物が好き。打ち上げが好きな人は短気でせっかち。ドラゴンはせっかちで爆走し、こけやすいタイプで自分にぴったりだと思う」と語ってくれました。

◇「いま江原にききたいこと」を募集しています。
最近悩んでいること迷っていて相談したいこと。
また、江原さんについての質問などなんでも結構です。どんどん江原さんに聞いてしまいましょう!
たくさんのメールお待ちしています。



●8月生まれの方 誕生日おめでとう!!―――

8月生まれの方は、強いエナジーです。真実を照らすエナジーがそこにあります
8月生まれのみなさんは、真実を照らしていつも誠実に正しい道を示していってください。

たくさんのメールいただきました!
すべての方の名前をご紹介できずに申し訳ありません。

◇“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
お誕生日の方に“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。

9月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
9月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなどひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●江原啓之 今夜の格言

「太陽はすべてを照らし、真実を映し出します」
  
「夏の光に、あなたの真実をみつめてみてはいかがですか?」
  

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
これからも「あなたの感動した言葉」をお待ちしております。
大切な人、両親や祖父母、友人、恩師などから贈られた言葉、人生を変えた言葉をエピソードも添えて教えてください。
◇ いま江原さんに聞きたいこと
メッセージの応募はこちらから
2011/8/21
今年も『江原啓之 スピリチュアルトーク&ディナーショー』の開催が決定しました!

江原さんは、昨年のディナーショーが最初で最後だと思っていましたが、実際にやってみると、高齢の方や車椅子の方などがホスピタリティの面でも参加しやすかったり、主婦の方たちが一年の自分身へのご褒美として大変喜んでいただいたことから、今年も開催することを決めたそうです。
他とは全く違うディナーショーで、歌やトークだけでなく、新しい年をいい年で迎えるためのメッセージと、全員の方へお守りとお祓いを用意しています。
お客様の中には江原さんを間近でみて涙ぐむ人も多くみられました
詳しくは江原さんのHPをご覧ください。
江原啓之 公式サイト



江原さんの持ち物をご紹介します!


今夜お届けしたナンバー
◇ スカロボフェア / サイモン&ガーファンクル
◇ 夢の人 / 江原啓之
◇ What a wonderful world / ルイ・アームストロング


●あなたが感動した言葉―――
美しい唇であるためには 美しい言葉を使いなさい by オードリー・ヘップバーン
番組ではみなさんが感銘を受けた言葉を紹介していきます。

「人生はこんなに甘いものはない。何度でもやり直しがきく」
(ラピスブルーさんがテレビ番組で目にした、ある塾の先生の言葉)

「愛を引き寄せるのはたった一つしかありません
 それは“愛”です
 そして“本物の愛”は、あなたから与えなくては受けることができません」

(ラジコで聴いていますさんが感動した、アメリカの成功哲学の祖といわれるナポレオン・ヒルの言葉)

たくさんのメールありがとうございました。
これからも「あなたの感動した言葉」をお待ちしております。
大切な人、両親や祖父母、友人、恩師などから贈られた言葉、人生を変えた言葉をエピソードも添えて教えてください。


●いま江原に聞きたいこと―――

「昔から光田健一さんの大ファンで、江原さんと光田さんが一緒に音楽を作っていることが嬉しいです。出会ったきっかけを教えてください」というメールをいただきました。

世の中に多くの人がいる中、どうしてこんなに世間が狭いと思うことだらけだという江原さん。

あるとき、とあるプロデューサーにインスピのCDジャケットに“氣”という文字を書いて欲しいと頼まれたといいます。それがきっかけで出会ったのが、現在、音楽など一緒に作っている吉田プロデューサー。インスピやラグフェアーのプロデューサーである吉田さんから関係の深い光田さんを、江原さんの音楽活動に光を与えるために、紹介されたのだといいます。

“いい縁”そして“ちょっと苦しい縁”と様々な縁の中で、江原さんは「人との“縁に喜べる人”また、“幸せを感じられる人”がその縁を花咲かすことができるんだと思う。その幸せに気付かないと、ただなんとなく通り越していってしまったりするだけ。その縁を幸せだと感じると、今まさに自分に必要なメッセージがそこにあり、導かれたご縁だったと気付く。人と人は鏡と光の関係。それぞれがみんな鏡で、その鏡から光を反射させる。それによって、自分の世界が広がっていくのではないか。光田さんともお互い光を与え合う関係です」と語ってくれました。

◇「いま江原にききたいこと」を募集しています。
最近悩んでいること迷っていて相談したいこと。また、江原さんについての質問などなんでも結構です。どんどん江原さんに聞いてしまいましょう!
たくさんのメールお待ちしています。


●8月生まれの方 誕生日おめでとう!!―――

8月生まれの方へのおめでとうメッセージは8月28日にまとめて紹介させていただきます。

◇全員の方のメッセージ・お名前をお伝えすることができない場合があります。
たくさんのメッセージありがとうございました!!

◇“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
お誕生日の方に“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。

8月お誕生日の方、9月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
8月・9月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなどひとことメッセージを添えてお送りください。


●江原啓之 今夜の格言

「この余は波長の法則 類は友を呼ぶのです 」
  
「人は人からしか学べず、人からしか喜びを得られないものなのです」
  
番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
メッセージの応募はこちらから

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 141 | 142 | 143 |...| 147 | 148 | 149 || Next»