2019/12/22
今年も残すところあと2回の放送となりました。
今日は、今年届いた『オモシロメール』の中から、特に面白かったメールをセレクション!
『爆笑メールリターンズ』をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Wonderful Christmastime / ポール・マッカートニー
◇アヴェ・マリア / 江原啓之


Q★ご紹介したお便り


「『おと語り』を聴き始めてから、1年2ヶ月になりました。去年の9月に人間関係で疲れ、胆振東部地震が重なり、53年の人生の中で、かなりキツイ毎日を過ごしていました。そんな時に『おと語り』に出会い、江原さんの爆笑で救われ、たくさんの方のメールを聴き、江原さんのお話しを聴き、勇気や幸せ等、私の心にいただきました。しかし、この数ヶ月また落ち込んでしまい、必要以外は自宅に居る毎日。人と話すのはほぼなく、なんとなく1日が終わってしまいました。ずっと、江原さんの声聞いていなかった!とふと思い、久しぶりに聞いた、10月の放送…猛烈!江原さん爆笑で、また元気をいただきました。もちもちもっちーさん、最高です。話が進まないのに、凄い笑い声の影響でメールの内容が分からないけど、つられて、私も爆笑です。先に笑い過ぎて、メールの内容が分かった頃には、笑い疲れていた私でした。今は、江原さんの笑顔を思い出すと、クスクスっとなってしまう私です。また、江原さんの笑い声を楽しみにしています!」というメールをいただきました。

A江原さん
「私、思い出しました。高校時代、笑いながら話すと、よく友達に“オマエ、何言っているのかよくわからない。まず落ち着いて話せ”と言われていました(笑)!」

Q★ご紹介したお便り


「私は今年1月8日に主人を亡くしました。病名は食道がんでした。私は人を恨み、ボロボロでしたが、たくさんの知人に支えてもらい、あたたかく見守ってもらいました。ありがたいと思いながらもなかなか立ち直れず、お盆がすぎた頃、愛犬が16歳で亡くなりました。
家でひとりになり『おと語り』を聞いているうち、私は主人に依存していたんだと気づき、愛されたんだなと思いだし“前をむかなきゃ。自己憐憫はやめよう”と、進むことをきめました。が、時々後退して泣いてしまったりと、前にいったり後にいったりしながら日々をすごしています。11月の『オモシロメール特集』を聞いた時は、江原さんの笑い声を聞いて私も大笑いし、その後のリスナーさんからのお便りでまた大笑いでき、よく笑う自分が戻ってきたような気分になれました。ありがとうございました。どうか『おと語り』が長く放送されることを祈っています。最後にしあわせの鈴をできたらたくさんお願いします」というメールをいただきました。

A江原さん
「悲しみよ、飛んでいけ(鈴)!!笑いは最高のお祓いですよね」


Q★リターンズメール


「私のうんこの夢(2回分)も共有させていただきたく、投稿しました。1回目は、1年位前に『うんこ体操』の夢を見ました。ベッドがたくさん並んでいる部屋で、インストラクターのような人が『うんこ体操』を教えています。私もベッドの中でインストラクターの真似をして『うんこ体操』をしていました。しばらくすると、私の体から大量のうんこが出てきて“先生、うんこが出ました!”とインストラクターに報告すると、一緒に喜んでくれました。臭いは無く、とてもうれしい気持ちになれました。2回目は、お風呂の掃除をしている時に浴槽にうんこをしてしまった夢で、息子か誰かと一緒に“早く水で流しちゃおう”と言いながら、シャワーで必死にうんこを流す夢です。こちらも臭いはなく、楽しくうんこを流していました。うんこの夢を見た後は、何となくスッキリした気分になりますね」というメールをいただきました。

A江原さん
「8月にご紹介したメールですね。覚えています!!“うんこ体操”にはやっぱり笑えますね。“一緒に喜んでくれました”というところもおかしい(笑)!」

Q★リターンズメール


「先日、友人と“旅行って楽しいけれど、布団変わると眠れないよね〜”という話になり、私が“そうそう!特にベッドとか、自分がラップされたみたいになって、苦しいよね〜”と答えると、みんなが“…えっ?ラップ???”となり、辺りにハテナが舞い出しました。なので続けて“だから、あの中に入ると、ビターンッて、身動き取れなくなるでしょ?なんでホテルの人って、あんなに布団、ベッドに張り付けるんだろうね?”と言うと“あんた、それ、はいで寝るんだよ…”と…。その後、みんなで転げ回って笑いました。それにしても、あれで、よく一晩、眠れたものです。まず、布団の中にもぐり込むことさえも、大変でした。たぶん、心情的に“こんなに綺麗にベッドメイキングされているものを壊してしまうなんて、もったいない!”と、感じたのだと思います。しかし次回からは、はいで寝てみたいと思います。きっと、よく眠れますよね♪」というメールをいただきました。

A江原さん
「9月にご紹介したメール。このメールもありましたね!でも今読むと、かなり冷静に理性的に読むことができました(笑)」

Q★リターンズメール


「今日は、誰にでもある言葉の勘違い、昔、何処かの番組でありました!“あ〜勘違い”をお話ししたくて投稿しました。私は、思い出すたび笑いが出てしまいます。海外のお友達が、日本の文化にふれてみたいと言うので、寺院に行くことにしました。私が良く訪れる深川にあるお寺を訪ねました。たまたま1年に1度の大護摩焚とぶつかり、境内は沢山の人で賑わっていました。静寂の中、僧侶が法螺貝の音と共に列をなし、進んで来たその時、境内放送で、“参列の皆様、合掌をお願い致します”といったのです。すると、法螺貝の音に合わせ、ウォーォー ォ!と、唸る友人の声が!私はその時、直ぐに、“合掌”と“合唱”を間違った友達の勘違いに気付き、笑いをこらえながら、小さい声で“合掌は手を合わせることで、日本語には2つの微妙な発音で意味の違うことがあるんだよ”と説明。ある程度の日本語はできるものの、こう言う場面での勘違い、周りの反応も、最初は何処からうなり声が聞こえてくるのかキョロキョロしながら私達のところに視線が集まり、その後クスクス笑いをこらえていました。あの時のことを思い出すと、1人でも笑ってしまいます。江原さんも、笑える勘違いありますか?」というメールをいただきました。

A江原さん
「9月に放送したものですね。これは想像するとおかしい!特にこの不動尊、私のお不動様があってよく行くんです。そこでは法螺貝と共にお坊さんが現れて“合掌ください”と確かに言う。そこで“ウォーォーォ!”と聴こえてきてら、周りもきっと“誰が歌っているんだろう”と思うでしょうね(笑)!日本語って難しいですね」

Q★リターンズメール


「以前、レトルト食品をアダルト食品と言い間違えた母のことをメールさせていただいた者です。相変わらず母の聞き間違いシリーズは続いております。いつも母は仕事帰りの私にメールで、食材の買い物を指示してくるのですが、たまには自分の目で見て、欲しい物を買ったらどうかということでスーパーへ連れて行きました。母は陳列棚を回り、次々と食材を買い物かごに入れていきました。そして、鮮魚コーナーで立ち止まると私の方を見ていいました“このトラウマサーモンたくさん買っていい?”“ここに書いてあるでしょトラウマサーモンだよ”“え?トラウマじゃないの?ほなトラウマって何?”周囲の失笑…この会話がトラウマになるわ…と思いながら、母の大好きな鮭をたくさん買ってあげました。また、私が取り寄せたDVDと母が取り寄せした干物が同時に宅配された日、母が特大の干物を焼いて晩御飯のおかずに出してくれました。“美味しいね〜どこの魚?”私が聞くと“アマゾンのホッケ”と自慢気な母。まざっとるで、か〜ちゃん…。前回江原さんに“お母さん絶対外で言っているよね”と言われましたが、最近母が“私、老人会でも面白い人ねって言われている”と、自分は人気者だと言わんばかりに言ったのを聞き、やっぱりやっちまってる、と思いました。ボケているのか天然なのか分からない母ですが、楽しそうに日々暮らしているので、引き続き見守っていこうと思います」というメールをいただきました。

A江原さん
「このメールが私の中で一番のヒットかもしれません!私の中の名作!11月の放送でしたね。このお母さん、以前“UVカット”を“AVカット”と言ったお母さん(笑)。このメールが私の中で強烈にあったので、Dr.Recellaの協子さんがサングラスをかけていたので“今日もAVカットですね!”って言ってしまったんです(笑)!大笑いし過ぎて笑いと涙で曇ってしまいました(笑)!」


Q★ご紹介したお便り


「今年も“新語・流行語大賞”のノミネートが発表になりましたが、お薦めはありますか?若い人達は自分達の仲間内だけの“造語”でメールのやり取りをしたり、過去には新語・流行語になったこともありましたね。“山姥(ヤマンバ)”“チョベリグ”なんて遠い過去の言葉になってしまいました。先日、娘がディズニーシーに行く時に“今日は地蔵だから…”と言うのですが、意味が理解出来ませんでした。イベント等で、朝からずっと座っている人を“地蔵する”と言うらしいです。“今日はディズニーのショーを観るために場所取りで座り込む”との意味だそうです。他にも“スマホ歩き”は“二の金(二宮金次郎)”で、更に縮めて“ニモ”だそうです。“ニノじゃ無いの?”と思うのですが“フラフラ泳ぐから…目が前方にないから”ファインディング・ニモの“ニモ”だそうです。まるで連想ゲームのようですね。私の個人的な今年の新語大賞は、何と言っても“トラウマサーモン”と“アマゾンの干物”です。とにかく笑えました。あの方に新語大賞を差上げたい程です」というメールをいただきました。

A江原さん
「私も差し上げたい(笑)!“トラウマサーモン”ありがとうございました(鈴)!!」



マタイ受難曲〜山田実 訳・編曲 口語日本語版〜 未来のために忘れてはならないこと
公演日: 2020年3月31日(火) 16:30開場/17:00開演/19:00終演(予定)
会場 : 東京オペラシティコンサートホール
一般発売日 2019年12月23日(月)10:00
詳しくはこちらから
江原さん「3月31日は私にとってとても大切な日である『スピリチュアリズム記念日』。この公演では、トークと演奏会の二部構成。みなさん、ぜひいらしてくださいませ。お待ちいたしております」


『Dr.Recella Presents 江原啓之 おと語り新春スペシャル 〜江原啓之 大いに語る2020』の放送が決定!!
2020年を江原啓之がたっぷり語り尽くします!みなさま、お楽しみに☆
放送日:2020年1月5日 19:00-19:55
※TOKYO FMでのみの放送となります。その他の地域の方はradikoでお楽しみください。
※通常の時間帯の放送もございます。



●12月お誕生日の方、メールお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ、生きること・生まれてきたことに感謝したい。
12月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生日に関するエピソードなど、ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇Dr.Recella奥迫協子さんへのお便りを募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、失敗談など、みなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
奥迫協子さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

●江原啓之 今夜の格言
「笑いの苦しみは、幸せな苦しみです」
「人生のしめくくりでも、笑って終わりにしたいものです」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ 江原さんに聞きたい事
◇ ネガティブなお便り
◇ HAPPYメール
◇ 厄払いのお便り
◇ 不思議な体験・エンジェルさん目撃談
◇ 演じるさんのコーナー
(私はこう演じました。そしたらこんなに変わりました!エピソードのお便り)
◇ あなたが感動した言葉
◇ 若者からのお便り、みなさん、一緒に考えていきましょう!
◇ 『お笑い』エピソードのお便り
◇ あなたの不思議な夢の話
◇ リクエスト
◇ 12月・1月お誕生日の方
◇ Dr.Recella奥迫協子さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから