4月4日O.A. 「どんなときも。」槇原敬之

今朝は、20年前の大ヒット、槇原敬之「どんなときも。」をお届けしました。

1992年の選抜高校野球、入場行進曲はこの曲でした。

1992年というとあのヒーローが生まれた年。
星稜高校 松井秀喜選手。

春の選抜では、星稜 松井が2試合連続3ホームランで当時の大会記録をマーク。
その夏の甲子園では、松井を一躍有名にした伝説の試合がありました。

「松井秀喜5打席連続敬遠」

2回戦の明徳義塾 対 星稜、
明徳が、星稜の4番松井を5打席連続して敬遠する作戦を行なって、
この試合で松井が一度もバットを振らせてもらえないまま星稜が敗退。
試合後、高野連が急遽記者会見を開くなど、社会問題になりました。

今日は選抜決勝!大阪桐蔭 対 光星学院。
大阪桐蔭のなにわのダルビッシュ。そして、光星学院の打線。
こちらも楽しみです!
  •      

2012.04.04

«Prev || 1 || Next»