9月26日O.A.「ひとり」ゴスペラーズ

今朝の1曲は、2001年、オリコン11週連続トップ10入りを果たした大ヒット曲、
ゴスペラーズの「ひとり」でした。

この年、2001年は、「70代横綱」に正式に昇格する日馬富士が
「安馬(あま)」の四股名で、初土俵を踏んだ年。
その初土俵から11年、今日、外国人力士では最も遅い、
所要70場所での昇進となります。

横綱昇進を確実にした、今場所の千秋楽、白鵬との取り組み。
“全身全霊”で闘い、白鵬に下手投げを決めて自分も倒れたあと、
額をそっと土俵につけました。
額についた“土”が印象的でしたが、
あれは、「土俵の神様に感謝の気持ちだった」ということです。

新しい横綱の誕生は、白鵬以来の5年ぶり。
今日の伝達式で述べる口上には、4年前、大関昇進のときにも使った
「全身全霊」の4文字を入れると見られています。
186センチ、133キロと相撲界では決して大きいとはいえない体ですが、
来場所からは白鵬とともに“2人横綱”になります。

11年間、まさに精進し続けた歩み。
それだけ重みのある横綱日馬富士の戦いぶり、そして人としての
生き方、これからも注目してゆきたいですね。
  •      

2012.09.26

«Prev || 1 || Next»