5月24日O.A.「Smile」Rod Stewart 

今朝の曲は、ロッド・スチュワートの唄う、「スマイル」。
チャールズ・チャップリンの、1936年、映画「モダンタイムス」のための歌で、
多くのアーティストがカバーしている名曲です。
ロッド・スチュワートはカバーシリーズ、「ザ・グレイトアメリカン・ソングブック」の中で、この曲を収録。
注目されました。

この歌にリクエストを下さった、ラジオネーム〔ダンバリン〕さんからは、
こんな「ドライブ」をテーマにこんなメッセージも頂いています。


「思い出のドライブソングは、ロッドスチュワートの『smile』です。
その頃、付き合ってもいない仕事場の先輩が、江ノ島ドライブデートに誘ってくれました。
なんと車はポルシェで、私はルンルンでした。帰りがけに車のラジオからsmileが流れて、
「なんて最高なんだろう」と海辺の景色を助手席で眺めていたら、先輩が「運転変わってくれる?」と!
免許は持っていたけどポルシェなんて無理!と言いました。
先輩は急にお腹が痛くなり、渋滞のポルシェのエンジンの振動が直にお腹に来るようで苦しそうでした。
数分後にコンビニのトイレに飛び込み、私は駐車場で待ちぼうけでした。今では良い思い出です。」

さて「ノエビア Song of Life」では、今月もリクエストとメッセージを募集しています。
テーマは、「ドライブ」。
お気に入りのドライブコースや、思い出のドライブなど、あなたの「ドライブ」にまつわるエピソードを、
思い出の歌や、お気に入りのドライブソングと共にお寄せ下さい。

アクセスは、クロノス・トップページから、「ノエビア Song of Life」のページへ。
メッセージが採用された方には、ランニングやスポーツ時におススメの、
オーディオテクニカ・インナーイヤーヘッドホンをプレゼントします。たくさんのメッセージお待ちしています。
  •      

2013.05.24

5月23日「 If This Is It」 Huey Lewis and The News

今朝は、1983年、いまからちょうど30年前にリリースされた
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのアルバム『SPORTS』から「 If This Is I」。
今週の東京は初夏の陽気ですが、まさに一気に夏気分になれそうなサウンドです!
 

このアルバムは、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースを世界に知らしめた重要な1枚で、
アメリカのアルバムチャートで1位、年間チャートでも、
あのマイケル・ジャクソンの『スリラー』に次いで2位を記録する大ヒットとなりました。
その後、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主題歌になった、
「パワー・オブ・ラブ」は、有名ですよね。

そんなヒューイ・ルイス&ザ・ニュースが、アルバム『スポーツ』リリースから30周年を
記念したツアーを今月からアメリカでスタート。8月いっぱいはアメリカ、その後イギリスに行って、
10月、日本公演も決定しました。

この夏をいっそう熱くしそうなライブ!楽しみですね!
  •      

2013.05.23

5月22日「Tengoku Kara Kaminari」Israel Kamakawiwo’ole」

今朝お送りしたのは、イズラエル・カマカヴィウォオレ、通称 “イズ” の「天国から雷〜
Over The Rainbow/What A Wonderful World 」
          。
この曲、曙・武蔵丸・小錦、という3人のハワイ出身力士の名前が出てくるユニークな曲です。

そのイズは1959年5月20日、ハワイ生まれ。
93年にリリースした「フェイシング・フューチャー」というアルバムがヒットし、
ハワイ以外にも名前が知られるようになります。そのアルバムに収録された、
「オーバー・ザ・レインボー,ホワット・ザ・ワンダフル・ワールド」は、
映画「ジョー・ブラックをよろしく」「小説家を見つけたら」など、
多くの映画や映像作品に使われています。

彼の特徴は、この高音の心地良い歌声と、300キロを超える大きな体!
1997年に38歳の若さで亡くなりますが、死後10数年経つ今でも、
世界中で愛されているアーティストのひとりとなっています。
晴れた、すこし暑い日に“イズ”の歌声、いかがですか?

  •      

2013.05.22

5月21日O.A.NO SURPRISES / RADIOHEAD

今朝お送りしたのは、レディオヘッドです。 「ノー・サプライゼズ」

1997年の今日、5月21日にレディオヘッドの3rdアルバム『OKコンピューター』が発売になりました。
本国イギリスでは初登場1位、アメリカでもロングセールスを記録し、
現在までに世界で850万枚以上を売り上げ、いまもその記録を伸ばしている
レディオヘッドを代表作です。

「90年代のサージェントペパーズ」「UKギターロックがたどり着いた大きな成果」などなど
音楽メディアや刺激を求めていた音楽ファンがこぞって絶賛!
ローリングストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500では、162位に選ばれるなど、
まさに90年代のUKロックシーンを象徴する作品となっています。

非常に前衛的なアルバムですが、この曲は比較的朝にふさわしい1曲です。
このアルバムからのサードシングルにもなっています。 
  •      

2013.05.21

5月20日O.A.「 Manic Monday」 The Bangles 

今朝の曲は、1986年のヒット曲、バングルス、「マニック・マンデー」です。

この曲はプリンスがバングルスに提供した曲。
プリンスはバングルスの大ファンで、バングルスのメンバーが初めてプリンスに会った時に
ファーストアルバムをプレゼントしようとしのですが、すでに彼はそのアルバムを
持っていたそうです。

この曲の他にも、「胸いっぱいの愛」などヒットを飛ばした、バングルス。
80年代を代表するガールズバンドですが、
リックスだけではなく音楽性の高さプリンスも認めていたほど。
      

この「マニック・マンデー」の歌詞は、、、
「6時を過ぎたというのに私はまだ夢の真っ只中。
また月曜日がやってきた、、。日曜日なら良かったのに。
でも遅刻するわけにはいかない・・・お金が貰えなくなるから・・・」

まさに今日、月曜日の気持ちを表現してくれた曲ですよね。
でも、曲調は、前向きな明るさも持っています。

新しい1週間の始まり、この曲のように
気持ちを切り替えて、今週も、楽しみましょう!
      
  •      

2013.05.20

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»