5月10日O.A.「ドキドキ」Judy & Mary 

金曜日は月替わりのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。
今月のテーマは、「ドライブ」!
今朝はラジオネーム〔よちゃん〕さん、20代女性の方からのリクエストにお応えします。 
Judy & Mary、「ドキドキ」。1995年の作品です。

1991年、へヴィメタバンドを率いていた恩田快人(おんだよしひと)さんが、映画の撮影で北海道を訪れ、エキストラとして参加していた短大生のYUKIさんと出会って、92年にJudy & Maryを結成。
運命の出会いから4年後の作品という事になります。

この歌にリクエストを下さった、ラジオネーム〔よちゃん〕さんからは、こんなメッセージも・・・

「思い出の「ドライブソング」は、Judy & Maryの、「ドキドキ」です。
車の窓を開けて、彼と、九州・熊本県の、阿蘇をドライブしました。
まだ付き合いたてで、ギコチない雰囲気だったのが、やわらかくなり、
いつの間にか、二人で口ずさんでいました。少し切ない歌詞に、
ポップなメロディーラインが凄くすきです。」

空気を和らげたり、窓から見える景色をより色濃くしたり、音楽はいろいろな役割を務めてくれますよね。この時、〔よちゃん〕さんの胸のドキドキと歌がリンクしていたんでしょう・・・
リクエスト、有難うございました!

さて、今日は東京でも27度を超えるようです。
あなたのドライブの予定は?
「ノエビア Song of Life」では、今月も「ドライブ」をテーマにリクエストとメッセージを募集しています。
お気に入りのドライブコースや、思い出のドライブなど、あなたの「ドライブ」にまつわるエピソードを、
思い出の歌や、お気に入りのドライブソングと共にお寄せ下さい。

アクセスは、クロノス・トップページから、「ノエビア Song of Life」のページへ。
メッセージが採用された方には、ランニングやスポーツ時におススメの、
オーディオテクニカ・インナーイヤーヘッドホンをプレゼントします。
たくさんのメッセージお待ちしています。
  •      

2013.05.10

5月9日O.A.「When You Gonna Learn」Jamiroquai

今朝は、1993年、ジャミロクワイのデビューアルバムから、「WHEN YOU GONNA LEARN」
お送りしました。

1993年にデビューしたということは、今年でデビュー20周年。
この曲も収録されたデビューアルバム『EMARGENCY ON PLANET EARTH』を含めた
初期の3作がスペシャルエディションでリリースされるなど、ファンには熱い1年になりそうです。

デビュー当時のキャッチコピーは「スティービー・ワンダーの声と、ジョン・レノンの心を持つ男」。
フロントマンのJK(ジェイ・ケイ)は、またたくまにスターへと登りつめました。
JKはそのファッションも注目を集めました。

このジャミロクワイのすごいところはクラブファン以外にも受けたところ、、、。
1996年にリリースとなったサードアルバムは日本でも140万枚の大ヒットを記録。
まさにお茶の間でも人気を集めました。
    
  •      

2013.05.09

5月8日O.A.「Get Back」The Beatles

今日の1曲は ザ・ビートルズアルバム「Let It Be」から、「ゲット・バック」。
このアルバムは発売当初イギリスでは8週、アメリカでは4週連続1位を記録するヒットとなりました。

映画のサウンドトラックでもあったアルバム「Let It Be」
リハーサル風景と最後のコンサートを追うドキュメンタリー映画でした。
映画のクライマックスには、有名な、アップル社の屋上でのゲリラ・ライブ、
「ルーフトップ・コンサート」が記録されています。

多くの曲をセッション、レコーディングしましたが、それらはお蔵入りとなったんですが
1年以上経ったあと、ジョンやジョージがプロデューサーに制作を依頼、
アルバム「レット・イット・ビー」は無事完成します。
しかし、リーダー的存在であったポールマッカートニーは、その制作について知らなかったんですよね。
完成品に嫌悪感を抱いたポールは、1970年4月10日、ビートルズ脱退を発表。
事実上ビートルズは解散します。
このアルバム「レット・イット・ビー」、このように複雑な人間関係があった中生まれ、
多くの名曲が入った、名盤となっています。

ポールが脱退を発表したおよそ1か月後、
アルバム「レット・イット・ビー」はリリースされました。
それが5月8日、43年前の今日の事でした。

  •      

2013.05.08

5月7日O.A.「THAT OLD SONG」RAY PARKER JR.

今朝の1曲はあのゴーストバスターズンの主題歌でおなじみ!
レイパーカージュニアです。

1977年にレイディオを結成。後にレイ・パーカーJr.&レイディオとバンド名を変え、
1981年に「ウーマン・ニーズ・ラブ」が全米1位のヒットを記録します。
その後、レイディオを解散しソロとなり、1984年、あの映画「ゴーストバスターズ」の主題歌が
全米1位の大ヒットとなりました。

あのコミカルで切れのいい音楽(!?)とはうらはらで、ご本人はとってももの静かで
礼儀正しい紳士!
ソロ活動だけではなく、同世代のアーティストにも「サポートミュージシャン」
として愛されています。

そのレイ・パーカー・ジュニア、今月、23日、24日にはビルボードライブ東京での来日公演も控えています。大ホールではないより身近にふれあうことの出来る場所で、その人柄に触れてみては
いかがでしょう。

  •      

2013.05.07

5月6日O.A.「Jump」Kris Kross 

今朝の1曲は、1992年のヒット曲!
クリスクロス、「ジャンプ」です。

クリスクロスは、クリス“マック・ダディ”ケリーと
クリス“ダディ・マック”スミスの少年によるラッパー2人組で、
マライア・キャリー、アッシャーなどを手がける
人気プロデューサーのジャーメイン・デュプリによって、デビューを果たしました。

昨日、東京ドームで行われたのが長嶋茂雄さん、松井秀喜さんの国民栄誉賞の受賞式。
この松井秀喜さんが春夏の甲子園をわかしたのがこの1992年です。
翌1993年、読売ジャイアンツに入団、その後の2人の師弟関係や松井さんの
海を越えての活躍はまさに日本人だけではなく、NYなどのメジャーリーグファン、
関係者に感動を与えましたが、同時に昨日は新たな松井秀喜さんの
再スタートの日となりました。

松井さん、今度はどんな道を歩み、どんな感動を私たちに届けてくれるのか。
今から楽しみですね。



  •      

2013.05.06

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»