8月23日O.A.「Eternal Flame」Bangles      

今朝の曲は1989年に全米1位を獲得したバングルスの代表曲、
「エターナル・フレーム〜胸いっぱいの愛」。

ボーカルのスザンナ・ホフスと、ヴィッキー、デビーの〔ピーターソン姉妹〕を中心に、
80年代前半から活動を始めたバングルスですが、
デビュー間も無い彼女たちをプリンスが見初めて、86年に「マニックマンデー」を提供。
この曲が大ヒットして、バングルスは一躍スターダムに。
「エジプシャン」、「冬の散歩道」、「イン・ユア・ルーム」と次々ヒットを飛ばし、
89年のこの曲で人気を不動のものにしますが、直後にバンドは活動を停止。
99年の映画、「オースティンパワーズ・デラックス」のサントラで共演した事がきっかけで活動を再開し、
いまも地元のLAを中心に活動を続けています。

この曲にリクエストをくださったラジオネーム〔ワニクニ〕さんは、こんなメッセージ・・・

      
「この曲は、学生時代好きだった女の子に振られ、傷心だった私に立ち直りのきっかけをくれた曲です。
バックのコーラスが非常に良いです。
中西さん高橋さん失恋の経験ありますか?そんなときどんな曲聴きますか?」


音楽はいい時も、悪い時もそばにいてくれます。
この夏、あなたのそばにいてくれた音楽はなんですか?

  •      

2013.08.23

8月22日O.A.「Desafinado」Nara Leão

今朝の1曲は、ボサノヴァ界のミューズ、、、、ナラ・レオンです。

ナラ・レオンは、ボサノヴァ界を代表する名歌手のひとりです。
1950年代の後半、トムジョビンなどによって生み出されたボサノバ。
その軽やかで、独特に憂いを持った響きは人々を魅了し、世界に広まってゆきました。

実は当時、ナラレオンの家には、ギターをもった若者達が毎日のように集まり、
ボサノヴァの父ともいわれる、アントニオ・カルロス・ジョビンとジョアン・ジルベルトも
ここで出会い、ボサノヴァという音楽が誕生したとも言われています。
つまり、ボサノバの「実家」出身なんですね!

その後、ボサノヴァが注目を浴び始めると、彼女もコンサートやフェスティバルで歌うようになり、
歌手デビュー。亡命先のパリでレコーディングした『美しきボサノヴァのミューズ』は、
いまだに名盤として親しまれてます。
まさにボサノバの正統な血を受け継いだナラレオン。
残念ながら1989年にまだ若くして亡くなっていますが、
ボサノバを世界に広めた貢献者の一人として、慕われています。


  •      

2013.08.22

8月21日「Lost In Your Eyes / Debbie Gibson

今日ご紹介したのはデビー・ギブソンです!1989年リリース、「Lost In Your Eyes」

1970年、ニューヨーク・ブルックリン生まれ。幼少期からピアノを習い、作曲の才能も開花させます。
86年、デビュー曲「オンリー・イン・マイ・ドリームス」は、全米チャート4位のヒットを記録、
4枚目のシングル「フーリッシュ・ビート」が全米1位に。
更に、2枚目のアルバム「エレクトリックユース」と、そこからのシングル「ロスト・イン・ユア・アイズ」が
共に1位になるなど、80年代末、爆発的な人気となりました。

そんなデビー・ギブソンですが、人気は長くは続きませんでした。そこで彼女は、
アイドル的イメージを払しょくするため、芸名をデボラ・ギブソンと変えて、
活動の場をミュージカルに移します。「レ・ミゼラブル」「グリース」など有名作品にも出演、
また、2010年には「ミス・ボーカリスト」という、
日本の名曲をカバーしたアルバムをリリースしています。

アイドル時代の華やかなキャリアは長く続きませんでしたが、
音楽と成長し、音楽と一緒にある人生は、彼女にとっては
かけがいのないもの。より成長した彼女の音楽といつかまた
出会える事を期待したいですね。
  •      

2013.08.21

8月20日O.A.「BE MY BABY」THE RONETTES

今朝、お送りしたのは、ザ・ロネッツの「ビー・マイ・ベイビー」です。
   
ロネッツは、二人の姉妹と従妹の3人で結成されたグループで、1961年にレコードデビューしました。
デビュー当初はヒットに恵まれなかったんですが、63年に姉、ロニーの声に興味を持ったフィル・スペクターがロネッツを自身のレーベルと契約、最初のシングル「Be My Baby」をリリースすることになります。

フィル・スペクターがこの曲に賭ける意気込みは相当なもので、ヴォーカル、演奏の録り直しを繰り返し、
OKが出たのは、42回目のテイクだったそうです。

その甲斐あってか、「BE MY BABY」は、全米チャートで最高2位、イギリスでも4位の大ヒットを記録。
フィル・スペクターが作り出したこのサウンドは多くのアーティストに影響を与えました。
そして、この「BE MY BABY」は、いまもフィル・スペクター・サウンドを代表する1曲としていまも歌い継がれています。

夏の朝の青く大きく広がった空をイメージさせてくれる曲ですね。
  •      

2013.08.20

8月19日O.A.「Dreams」The Cranberries

今朝、お送りするのは、クランベリーズ、「ドリームス」です。

クランベリーズは、当初、男性4人バンドでした。
しかし、自分たちの作る曲の世界観が男性ボーカルには合わず、
ドロレス・オリオーダンをボーカルとして迎えます。          
ドロレスの天使のような美しい歌声は、見事にバンドの作りだす曲とマッチし、
すぐに評判となりました。
そして、1992年、デビュー曲となるこの「ドリームス」が大ヒット!
アイルランド出身の代表的なアーティストとなります。
                   
アイルランド出身のアーティストと言えば、
他にも、U2やエンヤがいます。
自然に溢れ、時の流れが穏やかで平和なエメラルドの島。
数々の詩人や芸術家を生み出したのかもしれませんね。

        
この曲もアイルランドの大地の風を届けくれるかのような、
独特の涼しさを感じさせてくれますよね。
残暑厳しい日が続きますが、音楽も活用してで耳からクールダウンしてくださいね!
もちろん水分補給やエアコンの活用等体の対策もお忘れなく!       
        
  •      

2013.08.19

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»