9月28日O.A.〜Lyrical Melody〜「Something」The Beatles

この曲は、1969年にリリースされたアルバム『アビイ・ロード』からの
シングルカット曲で、こちらも名曲「カム・トゥゲザー」との両A面で、
アメリカで1位、イギリスでも4位になったヒット曲です。
  
お届けした楽曲は The Beatles「Hotel California」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今週は、秋の入口、泣きのギターが印象的なロックの名曲を特集します!
 
この「サムシング」は、ジョージ・ハリスンの作品で、
ギターはもちろんですが、リード・ボーカルもジョージです。
ちなみに、ビートルズ時代のシングル曲で唯一のジョージ作品でした。
 
楽曲の素晴らしさ、ジョージの歌はもちろんですが、
注目のひとつは、ジョージのリードギターです。
チョーキング、ビブラートといったテクニックを使いつつ、
まさにエリック・クラプトンばりのギターソロは、
「すすり泣く」ようなジョージらしいフレーズとプレイで、
ビートルズ時代の名演と言われています!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

9月28日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2018.09.28

9月27日O.A.〜Lyrical Melody〜「Hotel California」Eagles

この曲は、1976年にリリースされたアルバム『ホテル・カリフォルニア』からの
シングルカット曲で、全米チャートの1位に輝いた代表曲のひとつです。
  
お届けした楽曲は Eagles「Hotel California」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今週は、秋の入口、泣きのギターが印象的なロックの名曲を特集します!
 
この曲は6分30秒にも及ぶ大作の中に、レゲエのリズムと哀愁を感じさせる
メロディー、そして計算され尽くしたようなギターの数々がとても印象的です。
中でも後半のギターソロは見事にシンクロしながら、洗練された「泣きのギター」を
聴かせてくれます。
    
さらにこの曲が名曲とされるのは、その難解な歌詞の世界。
憧れのカリフォルニアを歌ったものでも、ホテルを舞台にしたラブソングでもなく、
当時の様々な社会的出来事への過ちと落胆、厳しい現実への憤りなど、
ロック・スピリットあふれるメッセージが込められています。
 
ちなみに、先月、アメリカレコード協会の発表によると、
イーグルスのベストアルバム『イーグルス・グレイテストヒッツ』が
マイケル・ジャクソンの『スリラー』を抜いて、アメリカで最も売れた
アルバムになりました。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

9月27日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2018.09.27

9月26日O.A.〜Lyrical Melody〜「Daughters」John Mayer

この曲は、2003年にリリースされたセカンド・アルバム『ヘビアー・シングス』
からの1曲で、アメリカ最大の音楽賞、グラミー賞で「最優秀楽曲賞」を受賞した
代表曲のひとつです。
  
お届けした楽曲は John Mayer「Daughters」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今週は、秋の入口、泣きのギターが印象的なロックの名曲を特集します!
 
ジョン・メイヤーは「現代の3大ギタリスト」のひとりと言われていて、
バークレー音楽院仕込みのそのテクニックには定評があります。
サウンドバリエーションもとても豊富で、この曲のように、
シンプルな中に、切なくも優しいギターは、特徴のひとつといえます。
 
「父親たち、女の子は大事にしてあげて。
娘は父親に愛された通りに人を愛するものだから」
と、女の子を育てる責任みたいなものを表現しつつ、
「そんな女の子の優しい心のぬくもりがなければ男は消えてしまう」と歌います。
    
日本では、のちに、映画『八日目の蝉』で挿入歌として使用され
話題にもなりました。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

9月26日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2018.09.26

9月25日O.A.〜Lyrical Melody〜「Europe(Earth’s Cry Heaven’s Smile)」Santana

この曲は、世界を代表するギタリストのひとり、カルロス・サンタナが率いる
ラテン・ロック・バンド、サンタナの1976年の名盤『アミーゴ』からの
シングルカットナンバーです。
  
お届けした楽曲は Santana「Europe(Earth’s Cry Heaven’s Smile)」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今週は、秋の入口、泣きのギターが印象的なロックの名曲を特集します!
 
サンタナといえば、1999年のアルバム『スーパーナチュラル』以降、
様々なボーカリストをフィーチャーしてヒット曲を出していますが、
70年代、80年代にも素晴らしい作品をたくさん残してきました。
 
中でもカルロス・サンタナのギターは、
ブルースを基調とした特徴的なサウンドで人気があり、
「泣きのギター」を代表するギタリストのひとりです!
    
この「哀愁のヨーロッパ」は、イントロから図太くも物悲しい
泣きのギターが堪能できる1曲で、歌のないインストゥルメンタルにもかかわらず、
代表作として人気があります。
「哀愁のヨーロッパ」という邦題は、発明レベルですね!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

9月25日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2018.09.25

9月24日O.A.〜Lyrical Melody〜「Wonderful Tonight」Eric Clapton

この曲は、1977年の名盤 『スローハンド』 からのシングルカットナンバーで、
いまでも、クラプトンのバラードを代表する1曲です。
ここ日本でも人気があり、1992年には、中村雅俊さん主演のドラマ
『しあわせの決断』 の主題歌にもなりました。
  
お届けした楽曲は Eric Clapton「Wonderful Tonight」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今週は、秋の入口、泣きのギターが印象的なロックの名曲を特集します!
 
クラプトン作品の中でも珍しいストレートなラブバラードで、
イントロから、人妻に恋をしてしまった彼の切ない気持ちが
泣きのギターで表現されています。
この思いは、パティに通じ…1979年、2人は結婚しました。
     
ちなみに、「泣きのギター」 とは、
チョーキングと呼ばれるテクニックのひとつで、
ギターの神様とまで言われたエリック・クラプトンの得意技のひとつです。
 
そんなエリック・クラプトンの足跡を描いた映画
『エリック・クラプトン〜12小説の人生〜』 が、11月23日から公開となります。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

9月24日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2018.09.24

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»