1月31日O.A.「Photograph」Def Leppard

今週は、今年、2019年に「ロックの殿堂入り」を果たした
アーティストを特集していきます。
  
お届けした楽曲は Def Leppard「Photograph」
 
毎年発表される「ロックの殿堂入り」は、ノミネートされたアーティストの中から
審査員票に加え、ファン投票も実施。
その中で、今回最も票を集めたのがこのデフ・レパードでした。
     
デフ・レパードはイギリス出身のロックバンドで、本国はもちろん、
アメリカ、ヨーロッパそして日本でも人気がありました。
デビューから25年が経った、2004年に殿堂入りする資格を
得ていましたが意外にも今回が初ノミネートでの受賞。
ちなみにファン投票では54万票を集めたそうです。
 
フロントマンのジョー・エリオットは、
「ガイズ&ガールズ、みんな俺たちに投票してくれてありがとう!
君らが投票してくれたんだから、3月のセレモニーに行くよ。」と、
喜びのメッセージを発表しています。
     
この曲が収録されたアルバム『炎のターゲット』は、1983年の作品。
最終的には1000万枚以上のセールスを記録し、代表作となりました。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

1月31日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2019.01.31

1月30日O.A.「All For You」Janet Jackson

今週は、今年、2019年に「ロックの殿堂入り」を果たした
アーティストを特集していきます。
  
お届けした楽曲は Janet Jackson「All For You」
 
「ロックの殿堂」を管理する財団は、
1983年にアトランティック・レコードの創設者らによって設立。
以来、1986年から毎年、「ロックの殿堂入りするアーティスト」が選ばれ、
授賞式が行われています。
     
この「ロックの殿堂入り」は、必ずしもロックアーティストだけが対象に
なるのではなく、ロックに与えた影響を称える賞であるため、
過去にもマービン・ゲイやスティービー・ワンダーなど様々な
ソウルシンガーも受賞しています。
 
このジャネット・ジャクソンもそんなひとり。
全世界で1億6千万枚以上のレコード・セールスを記録していて、
ポップカルチャーに多大な痕跡を残してきたアーティスト。
その影響力や生き様、スタイルはまさにロックと言えるのではないでしょうか。
 
そんなジャネット・ジャクソンは、ワールドツアーの一環として、
来月、2月10日と11日に日本武道館で来日公演を行う予定です!
武道館公演は,、およそ20年ぶりだそうです!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

1月30日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2019.01.30

1月29日O.A.「Creep」Radiohead

今週は、今年、2019年に「ロックの殿堂入り」を果たした
アーティストを特集していきます。
  
お届けした楽曲は Radiohead「Creep」
 
「ロックの殿堂」は、アメリカ・オハイオ州にある博物館で、
殿堂入りしたアーティストの様々な記録が展示、保存されています。
ちなみに第1回の受賞者は、チャック・ベリー、ジェームズ・ブラウン、
レイ・チャールズ、サムクック、エルビス・プレスリーなど
そうそうたるメンツです。

「ロックの殿堂入り」にノミネートされる条件は、
最初の音源が発売されてから25年以上が経っていて、
ロックの進化と発展に大きく貢献したアーティスト。
今回は15組がノミネートされ、7組が殿堂入りとなりました。

このレディオヘッドは、2018年度にも候補になっていて、
その際、ボーカルのトム・ヨークは、
「ロックの殿堂は、文化的にどうしても理解できない」などと
消極的な発言が話題となっていましたが、2年連続でノミネート。
今回受賞することになりました。

レディオヘッドは1992年にメジャーデビュー。
ロックという枠にとらわれず、先進的な音楽を発信し続け、
ロックの歴史の分岐点ともなった重要なバンドのひとつです。
今回の殿堂入りも納得といったところでしょうか。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

1月29日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2019.01.29

1月28日O.A.「More Than This」Roxy Music

今週は、今年、2019年に「ロックの殿堂入り」を果たした
アーティストを特集していきます。
  
お届けした楽曲は Roxy Music「More Than This」
 
「ロックの殿堂入り」は、財団「ROCK AND ROLL HALL OF FAME
FOUNDATION」が1986年から毎年行っているもので、
ノミネートされたアーティストの中から、およそ1000人程度の音楽関係者と
一般投票によって決定します。
いまではグラミー賞などと並んで、アメリカの4大音楽賞のひとつに
なっています。
 
「ロックの殿堂入り」にノミネートされる条件は、
最初の音源が発売されてから25年以上が経っていて、
ロックの進化と発展に大きく貢献したアーティスト。
今回は15組がノミネートされ、7組が殿堂入りとなりました。
 
そして、初めてノミネートされ、
殿堂入りを決めたのがロキシー・ミュージック。
1972年にデビューしたイギリスのバンドで、
ブライアン・フェリーのカリスマ的な存在と、時代の遥か先をいくような
音楽性でグラム・ロックからアートロックへと音楽シーンを牽引しました。
デビューから45年を経ての殿堂入りは遅いくらいかもしれません。
 
ちなみに授賞式は、3月29日にブルックリンのバークレーズセンターで
開催されます。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

1月28日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2019.01.28

1月25日O.A.〜Lyrical Melody〜「Dear…」西野カナ

この曲は、2009年の作品。
当時は、受験生応援ソングとして大手携帯キャリアのキャンペーンソングとして
ヒットした1曲です。
  
お届けした楽曲は 西野カナ「Dear…」
 
今週は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今回は、寒い冬をあたたかくしてくれるラブバラードを特集します。
 
西野カナといえば、ラブソング・マイスターとして数々のヒット曲を
作っていますが、この曲も、遠距離恋愛をテーマにしつつ、
壁を乗り越えながら愛情を育むことを歌った、切なくも温かいラブソング。
    
西野カナさん自身も、高校生時代に遠距離恋愛を経験していて、
それが自分の中で一番の大恋愛だったとか。
名曲「遠くても」に続く、遠距離恋愛ソングの第2章的な感じで
この曲の歌詞を作ったそうです。
   
そんな西野カナさんは、2月1日から3日に開催する横浜アリーナの公演後、
しばらくの活動休止を発表。期限を決めずにいろんなことに挑戦したいということで
歌以外の活動にも注目が集まります。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

1月25日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2019.01.25

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»