2月14日O.A.〜J-POP Memories〜「何度でも」DREAMS COME TRUE

この曲は2005年にリリースされたシングル。
ドラマ『救命病棟24時』の第3シリーズの主題歌として使用された他、
映画『Mayu〜こころの星〜』の主題歌、さらには浅田真央さんが
出演した保険会社のCMソングになるなど、世代をまたいで愛されてきた1曲です。
   
お届けした楽曲は DREAMS COME TRUE「何度でも」

今週は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories〜」。
今回は、受験、就活、転職、異動…4月に向けてがんばっている人へ
勇気をもらえるJ-POP特集をお送りします。
 
「何度でも」と何度も繰り返す印象的なサビ、
「1万回だめで へとへとになっても、1万1回目は、
何か変わるかもしれない」 …このフレーズに励まされた方は
たくさんいたのではないでしょうか。
   
「うれしい!たのしい!大好き!」や「未来予想図供廖◆LOVE LOVE LOVE」
「決戦は金曜日」などなど数々の人気曲があるドリカムですが、
ファン投票で1位になっているのは、この「何度でも」です。
 
リーダーの中村正人さんは、
「この曲はビッグヒットじゃなかったし、CDセールスも伸びなかったけど、
長い年月をかけて皆さんが『私のドリカム』にしてくれた」と、
DREAMS COME TRUEの足跡において、
重要な意味を持つ楽曲であることを語りました。

歌の力を改めて感じることができる1曲!
まさに勇気をもらえる名曲ですね!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

2月14日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2019.02.14

2月13日O.A.〜J-POP Memories〜「SOMEDAY」佐野元春

この曲は1981年のシングル。
シングルとしてのセールスは振るいませんでしたが、
翌年、この曲を冠にしたアルバム『サムデイ』がヒットし、
いまでも歌い継がれる代表曲のひとつになりました。
   
お届けした楽曲は 佐野元春「SOMEDAY」

今週は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories〜」。
今回は、受験、就活、転職、異動…4月に向けてがんばっている人へ
勇気をもらえるJ-POP特集をお送りします。
 
この曲は、J-POPの名曲中の名曲としていまだ親しまれている1曲で、
その名曲ぶりを示すかのごとく、矢野顕子、大黒摩季、NOKKO、
ライブなどでは、Bank Band、福山雅治などなど、そうそうたるメンツが
カバーしています。
 
そして、この曲に励まされた方もたくさんいる中、
人気テレビ番組「行列のできる法律相談所」で、
東野幸治さんがチャレンジした
「石垣トライアスロン・プロジェクト」のイメージソングになり、
広い世代に応援歌としても定着。
 
「だからもう一度、きらめないで、まごころがつかめるその時まで」と
歌う歌詞に、「SOMEDAY」=「いつか」という思いが込められたタイトルは、
まさに、新たなチャレンジを応援してくれる名曲です!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

2月13日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2019.02.13

2月12日O.A.〜J-POP Memories〜「Tomorrow」岡本真夜

この曲は1995年のシングル。
田中美佐子さん主演のドラマ『セカンド・チャンス』の
主題歌で、ドラマとともにロングヒットした代表曲のひとつです。
   
お届けした楽曲は 岡本真夜「Tomorrow」

今週は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories〜」。
今回は、受験、就活、転職、異動…4月に向けてがんばっている人へ
勇気をもらえるJ-POP特集をお送りします。
    
この曲は、岡本真夜さんの祖父が書いた手紙がきっかけとなっていて、
「私が高校を卒業して上京した時、祖父からもらった手紙の最後に、
『涙が多いのが人生だよ』と書かれていて、それで「TOMORROW」が
生まれました」と、のちに語っています。
 
さらに、もともとは、バラード曲だったものを、ドラマのプロデューサーから
アップテンポにしてほしいというオファーを受けて、完成したのが
このバージョンで、結果、ミリオセラーの大ヒット。
 
また、1995年は阪神・淡路大震災の年で、
多くの人がこの曲から「勇気をもらった」「元気づけられた」という声も届き、
年末には紅白歌合戦にも出場、さらに、翌年の春の選抜高校野球の
入場行進曲にも抜擢されるなど、国民的1曲となりました。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

2月12日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2019.02.12

2月11日O.A.〜J-POP Memories〜「ルキンフォー」スピッツ

この曲は2007年のシングル。
レコード会社直営(レコチョク)のCMソングで、さらにトヨタ・ミニバン
「アイシス」 のCMソングにもなりヒットしました。
   
お届けした楽曲は スピッツ「ルキンフォー」

今週は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories」。
今回は、受験、就活、転職、異動…4月に向けてがんばっている人へ
勇気をもらえるJ-POP特集をお送りします。
    
2007年は、スピッツにとって結成20周年にあたり、
この曲は、亀田誠治さんをプロデュースに迎え、原点回帰したような
初期のスピッツサウンドを彷彿させるアレンジとなっています。
 
タイトルの 「ルキンフォー」 は、英語の 「LOOKING FOR」、
探すという意味に由来していて、スピッツらしい比喩表現的な歌詞に、
「どこまでも続く、デコボコ道をずっと歩いていこう」 という
ストレートなメッセージも入った、前向きになれる応援歌!
     
結成20周年という節目、そして 「探す」 というタイトルにちなんで
ミュージックビデオでは、これまでのミュージックビデオに登場した
様々なシーンが再現されていて、ファンにはたまらない内容になっていました。
スピッツらしい遊び心ですね。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

2月11日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2019.02.11

2月8日O.A.〜Music Maestro〜「フルサト」夏川りみ

この曲は、槇原敬之さんが作詞、作曲を手掛けたシングルで、
2007年にリリース。ドラマ『浅草ふくまる旅館』の主題歌にもなっています。
 
お届けした楽曲は 夏川りみ「フルサト」
 
今週は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
音を仕事にする職人をピックアップしていますが、
今回は、今年で50歳という節目を迎え、
今月ニューアルバムもリリースするメロディーメイカー、槇原敬之さん。
ご自身の作品はもちろん、数々のアーティストへの楽曲提供もしています。
        
もともと夏川りみさんが、いつかは槇原敬之さんと仕事がしたいと
思っていたところ、その想いが届き実現。
この曲を制作するにあたって食事会が開かれたそうなんですが、
その時に、槇原さんから「沖縄には帰ってますか?」とか、
「沖縄ってどういうところ?」みたいな質問があって話していたところから
この「フルサト」というタイトルにつながったそうです。
     
まさに、マッキー節な1曲でもありますし、
夏川りみさんの優しい歌声が心地よく響く1曲に仕上がっています。
槇原さん自身もコーラスで参加しています。
 
ちなみに、この曲は、槇原敬之さんがのちにセルフカバーし、
日本郵便のCMソングに起用されています。
 
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

2月8日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2019.02.08

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»