10月16日O.A.〜Master Piece〜「愛し愛され生きるのさ」小沢健二

この曲は、アルバムのオープニングを飾り、
いつまでも耳に残るとてもキャッチーな言葉とメロディーが印象的です。

お届けした楽曲は、小沢健二「愛し愛され生きるのさ」

今週は「Song Of Life〜Master Piece〜」
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、秋にもおすすめな1枚、1994年にリリースされた
小沢健二さんのアルバム『LIFE』を特集します!

このアルバムは、ソロとして2枚目にリリースした1枚で、
これまでの路線とは異なり、そのほとんどがラブソング。
ただその中にオザケン的哲学が盛り込まれつつも、
よりポップに仕上げられた秀作です。

このアルバム『LIFE』の意味を「継続していくこと」とし、
生きていく意味をラブソングにのせて提示した作品とも
いえるのではないでしょうか。
    
「愛し愛され生きるのさ」は、未来に向け、
人生を共に歩んでいくのに必要なのは「愛」であると
表現しつつ、成長の過程を様々な言葉で綴っています。
恋人だけでなく、家族や友人にまで広がる大きなラブソングに
なっています。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

10月16日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2019.10.16

«Prev || 1 || Next»