5月2日O.A.「Pop Virus」星野源

平成から令話へと移り変わる今週は、
「音楽から辿る平成から令和」をテーマに
音楽・映画ジャーナリストの宇野維正さんがセレクト!

お届けした楽曲は 星野源「Pop Virus」



【宇野維正さんのコメント】

平成から令和へと移り変わった今週は、「音楽から辿る、平成から令和」というテーマで、
僕・宇野維正がセレクトしています。
今日紹介するのは星野源の「Pop Virus」。
必ずしも海外に出るということ=新しい挑戦ということではなく、
例えば、星野源や米津玄師など、彼らは海外のアーティストの音楽からダイレクトに影響を受けて
それを日本のポップスにどう消化していくのかということに取り組んでいる。
で、その背景には、もちろんそのアーティストの意識もありますが、
若い世代を中心に、耳のレベルで変化が始まっている。
象徴的なのはビートを中心とした音楽というのがメインストリームのど真ん中にあるものになりつつある。
その中でギターとかドラムを中心に音楽を作ってきたアーティストも段々、
そういうビートミュージックに接近している。
そいう動きがいろんなところで表れていると思います。
一回、平成の時代に海外の音楽シーンと日本の音楽シーンって良くも悪くも
離れたなという感覚があったけど、ここにきてまた同期しはじめている。
それは海外に出て行くということだけでなくて、
この日本の音楽シーンの中で新しい世代のリスナーをどう獲得していくかということにも大きく繋がっていると思います。




海外に出て行くことだけでなく、世界の音楽のトレンドを
日本のポップミュージックにどうセンス良く取り入れていくのか。
それがまた、若い世代を中心とした新しい音楽ファンを
魅了していくキーワードのひとつになるかもしれませんね!


そして、「Song of Life」では現在、「新時代!頑張るぞ宣言&リクエストソング」を募集中!
応募フォームからお寄せください。
ご紹介した方には「番組特製JBLスピーカー」をプレゼントします。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

5月2日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2019.05.02

«Prev || 1 || Next»