7月17日O.A.〜Master Piece〜「Little Wing」Sting

この曲「Little Wing」は、スティングが少年時代のアイドル
だったという伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスのカバー。
ただ、原曲とはかなり異なったアレンジが施されていて、
音楽センスの高さがうかがえる1曲に仕上がっています。

お届けした楽曲は、Sting「Little Wing」

今週は、「SONG OF LIFE〜Masterpiece〜」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1987年にリリースされたスティングの名盤
『ナッシング・ライク・ザ・サン』を特集します。
    
スティングはポリス解散後、ジャズに傾倒していく中で、
ファーストソロアルバムが大成功。その流れにプラスして、
様々な大御所ミュージシャンを取り入れつつ、当時ではまだ
少数派だったフル・デジタル・レコーディングによって
完成させたのがこのアルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン』です。

「Little Wing」で、オーケストラの指揮をとっているのは、
ジャズの巨匠・マイルス・デイビスの知恵袋とも言われたギル・エバンス。
マイルス・デイビスが「このアルバムの出来がいいは、ギル・エヴァンスが制作に参加しているからだ」
と発言したことも話題となりました。

ある意味、アルバムのクライマックスとも言える壮大な
アレンジが印象的で、名カバーといえるのではないでしょうか。
ちなみに、スティングはこのアルバムをリリースした後、
ギル・エバンスのバンドとともにツアーを行いました。

コンセプト、センス、サウンド、クオリティー、
レコーディング方法など様々な要素が詰まったアルバム
『ナッシング・ライク・ザ・サン』は、間違いなく80年代の名盤となりました。



過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月17日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2020.07.17

7月16日O.A.〜Master Piece〜「Be Still My Beating Heart」Sting

この曲は、シングルカットもされた1曲で、ポリス時代のメンバーで
ギタリストのアンディー・サマーズが参加していることでも話題となりました。
スティングらしい美しいメロディーが印象的です。

お届けした楽曲は、Sting「Be Still My Beating Heart」

今週は、「SONG OF LIFE〜Masterpiece〜」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1987年にリリースされたスティングの名盤
『ナッシング・ライク・ザ・サン』を特集します。
    
この曲が収録されたアルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン』は、
セールス的な成功はもちろん、イギリス最大の音楽賞「ブリットアワード」で最優秀アルバム賞を受賞、
アメリカのグラミー賞でも最優秀アルバム賞にノミネートされました。

「Be Still My Beating Heart」は、過去に経験したことから、世の中や恋愛などに対して、
同じ過ちを繰り返したくない気持ちを歌いながらも、
「間違いはおかさない。守れない約束はしない。それはまるで
風の中で歌ったり、池の表面に字を書くようなもの」と綴っています。

またこの曲は、受賞は逃しましたが、グラミー賞で「最優秀楽曲賞」と 
「最優秀男性ポップボーカルパフォーマンス賞」にノミネートされ、
大きな評価を得ています。



過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月16日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2020.07.16

7月15日O.A.〜Master Piece〜「Englishman In New York」Sting

この曲「Englishman In New York」は、
ポリス時代から得意とするレゲエのリズムと、洗練されたジャズの
エッセンスを織り交ぜたクールな1曲。

お届けした楽曲は、Sting「Englishman In New York」

今週は、「SONG OF LIFE〜Masterpiece〜」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1987年にリリースされたスティングの名盤
『ナッシング・ライク・ザ・サン』を特集します。
    
『ナッシング・ライク・ザ・サン』は、本国イギリスや日本はもちろん、アメリカのチャートでも
TOP10入りし、アメリカだけで200万枚ものセールスを記録した ベストセラーアルバムです。
    
「Englishman In New York」はスティングの歌に加え、
ブランフォード・マルサリスのサックスがとても印象的です。
実はチャートアクションはそれほど振るわなかったものの、
のちにリミックスが話題になったりと、結果的にスティングの代表曲となりました。

スティング自身はこの曲について、
「これは部分的には僕自身について、部分的にはクエンティンについての曲です。
僕は曲のメタファーとなる人物を探していました。クエンティンは僕のヒーローであり、親しい人です。
彼はゲイで、しかも歴史上、ゲイであることが危険だった時代にゲイだった。
彼は毎日のように攻撃され、その攻撃を世間は容認した。それでも彼は彼自身であり続けた。
…自分自身であり続けること、決して長いものに巻かれないこと、それがこの歌のテーマです。」
と話しています。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月15日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2020.07.15

7月14日O.A.〜Master Piece〜「Fragile」Sting

この曲は、印象的なガットギターのメロディーと
祈るように歌うスティングのボーカルが心の奥深くまで響く1曲。

お届けした楽曲は、Sting「Fragile」

今週は、「SONG OF LIFE〜Masterpiece〜」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1987年にリリースされたスティングの名盤
『ナッシング・ライク・ザ・サン』を特集します。

アルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン』は、スティングのソロとしては2枚目。
本国イギリスで1位を獲得した他、ここ日本のオリコンチャートでも1位を記録しています。
    
『ナッシング・ライク・ザ・サン』は、ソロ2作目にして最高傑作との呼び声も高い名盤。
エリック・クラプトンやマーク・ノップラーといったスターをはじめ
ポリス時代のメンバー、アンディー・サマーズも参加しています。
    
この曲、「Fragile」ニカラグア共和国の戦闘地帯で、村に電力と水を供給するダムで
働いていたとうアメリカ人エンジニアのベンジャミンが、
アメリカの支援する軍に殺害されるという痛ましい事件をもとに
作られたという名曲です。
そもそもは、ファーストソロアルバムの制作時に書き留めていた
歌詞がもとになっていると、後に本人が話しています。

「暴力は何ももたらさず、人というものがどれほど脆い存在か。
ぼくらがどれほど儚い存在か・・・雨は降り続ける」

スティングは、こういったメッセージを発信するとともに、
様々な慈善活動も行っていて、今回の新型コロナに対する支援活動も積極的に行っています。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月14日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2020.07.14

7月13日O.A.〜Master Piece〜「We'll Be Together」Sting

この曲「We'll Be Together」はアルバムからのシングル曲で
全米でもトップ10に入るヒットを記録しました。

お届けした楽曲は、Sting「We'll Be Together」

今週は、「SONG OF LIFE〜Masterpiece〜」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1987年にリリースされたスティングの名盤
『ナッシング・ライク・ザ・サン』を特集します。

アルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン』は、スティングのソロとしては2枚目。
本国イギリスで1位を獲得した他、ここ日本のオリコンチャートでも1位を記録しています。
    
このアルバムのタイトル『ナッシング・ライク・ザ・サン』は、
シェイクスピアの一説で「太陽さえも及びつかないほど美しい」という意味が込められています。
スティングはこのアルバムを「母と母を愛したすべての人へ捧げる」
とライナーノーツに書き記していて、亡くなった母への感謝の気持ちが詰まっています。
また、スティングがツアーで南米を訪れた時の体験も大きな影響を
与えていて、人を愛する気持ち、誰かを思う気持ちが詰まった名盤です。

「We'll Be Together」はもともと、本人も出演して話題となった日本のテレビCM用に
書いたという1曲ですが、全体的にクールなトーンのアルバムの中で
とても印象的なサウンドとなっています。
「一緒にいよう」と歌うラブソングですが、
「大切なものを取っておきたいなら、誰かを愛す、人を愛す、本当に好きなら」と締めくくります。



過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月13日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2020.07.13

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»