7月1日O.A.〜Music Maestro〜「あとひとつ」FUNKY MONKEY BABYS

この曲は、2010年にリリースされたシングルで、
現在ニューヨーク・ヤンキースに所属している田中将大投手のジャケットが印象的。
様々な野球関連の番組に使用された代表曲のひとつです。

お届けした楽曲は、FUNKY MONKEY BABYS「あとひとつ」

今週は「Song Of Life〜Music Maestro〜」
音楽を仕事にする職人をピックアップしていますが、
今回は、J-POP黄金期を支えてきた名プロデューサーのひとり、島田昌典さんに注目しました。

この曲をアレンジしたのが島田昌典さん。
印象的なピアノサウンドはもちろんですが、
「FUNKY MONKEY BABYSは、勢いだったり、
気持ちだったり、歌に想いを込めることが大事で、
そうすることで人に伝わる歌になると思うから、
そこをジャッジする必要があった」と話しています。

メンバーだったファンキー加藤さんは、「例えるなら島田さんは
名捕手。ひとつの楽曲をより輝ける方へとリードしてくれます。
僕たちには華麗な変化球など無く、ただ歌声を真っ直ぐ
投げるだけ。しかも球速すらそんなに無い。なのに島田捕手は、
しっかりと「あとひとつ」を勝てる作品へ導いてくれました。」とコメントしています。

まさに息のあったバッテリーから生まれた奇跡の1曲。
心に届く名曲ですね。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月1日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2020.07.01

«Prev || 1 || Next»