7月13日O.A.〜Master Piece〜「We'll Be Together」Sting

この曲「We'll Be Together」はアルバムからのシングル曲で
全米でもトップ10に入るヒットを記録しました。

お届けした楽曲は、Sting「We'll Be Together」

今週は、「SONG OF LIFE〜Masterpiece〜」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1987年にリリースされたスティングの名盤
『ナッシング・ライク・ザ・サン』を特集します。

アルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン』は、スティングのソロとしては2枚目。
本国イギリスで1位を獲得した他、ここ日本のオリコンチャートでも1位を記録しています。
    
このアルバムのタイトル『ナッシング・ライク・ザ・サン』は、
シェイクスピアの一説で「太陽さえも及びつかないほど美しい」という意味が込められています。
スティングはこのアルバムを「母と母を愛したすべての人へ捧げる」
とライナーノーツに書き記していて、亡くなった母への感謝の気持ちが詰まっています。
また、スティングがツアーで南米を訪れた時の体験も大きな影響を
与えていて、人を愛する気持ち、誰かを思う気持ちが詰まった名盤です。

「We'll Be Together」はもともと、本人も出演して話題となった日本のテレビCM用に
書いたという1曲ですが、全体的にクールなトーンのアルバムの中で
とても印象的なサウンドとなっています。
「一緒にいよう」と歌うラブソングですが、
「大切なものを取っておきたいなら、誰かを愛す、人を愛す、本当に好きなら」と締めくくります。



過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月13日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2020.07.13

«Prev || 1 || Next»