7月15日O.A.〜Master Piece〜「Englishman In New York」Sting

この曲「Englishman In New York」は、
ポリス時代から得意とするレゲエのリズムと、洗練されたジャズの
エッセンスを織り交ぜたクールな1曲。

お届けした楽曲は、Sting「Englishman In New York」

今週は、「SONG OF LIFE〜Masterpiece〜」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1987年にリリースされたスティングの名盤
『ナッシング・ライク・ザ・サン』を特集します。
    
『ナッシング・ライク・ザ・サン』は、本国イギリスや日本はもちろん、アメリカのチャートでも
TOP10入りし、アメリカだけで200万枚ものセールスを記録した ベストセラーアルバムです。
    
「Englishman In New York」はスティングの歌に加え、
ブランフォード・マルサリスのサックスがとても印象的です。
実はチャートアクションはそれほど振るわなかったものの、
のちにリミックスが話題になったりと、結果的にスティングの代表曲となりました。

スティング自身はこの曲について、
「これは部分的には僕自身について、部分的にはクエンティンについての曲です。
僕は曲のメタファーとなる人物を探していました。クエンティンは僕のヒーローであり、親しい人です。
彼はゲイで、しかも歴史上、ゲイであることが危険だった時代にゲイだった。
彼は毎日のように攻撃され、その攻撃を世間は容認した。それでも彼は彼自身であり続けた。
…自分自身であり続けること、決して長いものに巻かれないこと、それがこの歌のテーマです。」
と話しています。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月15日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2020.07.15

«Prev || 1 || Next»