7月17日O.A.〜Master Piece〜「Little Wing」Sting

この曲「Little Wing」は、スティングが少年時代のアイドル
だったという伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスのカバー。
ただ、原曲とはかなり異なったアレンジが施されていて、
音楽センスの高さがうかがえる1曲に仕上がっています。

お届けした楽曲は、Sting「Little Wing」

今週は、「SONG OF LIFE〜Masterpiece〜」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1987年にリリースされたスティングの名盤
『ナッシング・ライク・ザ・サン』を特集します。
    
スティングはポリス解散後、ジャズに傾倒していく中で、
ファーストソロアルバムが大成功。その流れにプラスして、
様々な大御所ミュージシャンを取り入れつつ、当時ではまだ
少数派だったフル・デジタル・レコーディングによって
完成させたのがこのアルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン』です。

「Little Wing」で、オーケストラの指揮をとっているのは、
ジャズの巨匠・マイルス・デイビスの知恵袋とも言われたギル・エバンス。
マイルス・デイビスが「このアルバムの出来がいいは、ギル・エヴァンスが制作に参加しているからだ」
と発言したことも話題となりました。

ある意味、アルバムのクライマックスとも言える壮大な
アレンジが印象的で、名カバーといえるのではないでしょうか。
ちなみに、スティングはこのアルバムをリリースした後、
ギル・エバンスのバンドとともにツアーを行いました。

コンセプト、センス、サウンド、クオリティー、
レコーディング方法など様々な要素が詰まったアルバム
『ナッシング・ライク・ザ・サン』は、間違いなく80年代の名盤となりました。



過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月17日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2020.07.17

«Prev || 1 || Next»