7月22日O.A.「It Must Have Been Love」Roxette

この曲は、1990年に公開された映画『プリティー・ウーマン』の
挿入歌として起用され、アメリカのチャートで1位。
映画とともに大ヒットしました。邦題は「愛のぬくもり」です。

お届けした楽曲は、ロクセット「It Must Have Been Love」

今週は、往年のロックバラードの名曲を特集しています。

ロクセットは、北欧スウェーデン出身の男女デュオ。
当時スウェーデンに留学していたミネアポリス出身の学生によって
アメリカに紹介され、ローカルラジオ局を中心に人気に火が付き、
いきなり全米ナンバーワン・ヒットを記録。
その後、世界的な成功を収めました。
    
この曲「It Must Have Been Love」の
オリジナルリリースは、1987年の12月で、
当時の曲名には「クリスマス・フォー・ザ・ブロークン・ハーテッド」
というサブタイトルが付けられていて、
クリスマス時期を意識したラブバラードとなっています。

「水が流れていくように、風が吹いていくように、
そうなることが当たり前の運命の人だったのに・・・」
と切なくも、ぬくもりのある声で歌う名曲です。



過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月22日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2020.07.22

«Prev || 1 || Next»