7月7日O.A.〜J-POP Memories〜「中央フリーウェイ」荒井由実

この曲は、1976年にリリースされたアルバム『14番目の月』に
収録された1曲で、シングルカットもされていないにも関わらず、
代表曲のひとつとして人気があります。

お届けした楽曲は、荒井由実「中央フリーウェイ」

今週は「Song Of Life〜J-POP Memories〜」
近年、アジアを中心にここ日本でもリバイバルヒットしている
シティー・ポップの世界を特集しています。

ちなみにアルバム『14番目の月』には、山下達郎、吉田美奈子、大貫妙子、尾崎亜美など
まさにシティー・ポップの先駆者たちがコーラスで参加していて、
その他、細野晴臣、鈴木茂、松原正樹、そして松任谷正隆といった超一流のミュージシャンが集結。
「中央フリーウェイ」においては、アメリカのトップミュージシャンを支えてきたベーシスト、
リーランド・スカラーが素晴らしいベースを披露しています。
       
もちろん演奏だけでなく、ユーミン本人が
「奇跡的なコード進行」と振り返る芸術的なアレンジと、単なる高速道路を恋人たちの
デートコースに変えてしまったほどの歌詞も秀逸。
昨年、ソニー損害保険が行った「初めてのドライブデートでかけたい曲」の調査結果で、
この「中央フリーウェイ」が1位になっていて、
リリースから40年以上が経っているにも関わらず、いまだ輝き続ける名曲です。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月7日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2020.07.07

«Prev || 1 || Next»