10月26日O.A.〜Lyrical Melody〜「翳りゆく部屋」荒井由実

この曲は、1976年、現在の松任谷由実さんが、荒井由実時代にリリースした
最後のシングルです。
  
お届けした楽曲は 荒井由実「翳りゆく部屋」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今月は、オルガンが印象的な名曲を特集します!
 
松任谷由実さんが高校生の頃に、イギリスのロックバンド、
プロコル・ハルムの「青い影」に衝撃を受け、
クラシカルで教会音楽的な要素を含んだ彼らのサウンドに
「私にもロックができるかもしれない」と背中をおされたそうです。
 
そんなプロコル・ハルムへの影響を色濃く感じる1曲が、この「翳りゆく部屋」。
学生時代に、この曲の原型となった「マホガニーの部屋」という曲が
すでにあり、それを発展させたのがこの曲。
 
イントロの、バロック調のパイプオルガンは、目白にある
東京カテドラル教会で録音されたもので、まさにこの曲のイメージを決定づける
とても壮大で印象的なサウンドになっています。
 
「どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない 私がいま死んでも」
すでに終わってしまった2人の輝かしい日々は、たとえ人生をリセットしたとしても
もう戻ることはない…当時22歳にしてこのメッセージです。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

10月26日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2018.10.26

10月25日O.A.〜Lyrical Melody〜「When A Man Loves A Woman」Percy Sledge

この曲は、1966年リリースされたパーシー・スレッジのデビューシングルで
全米チャートの1位に輝きました。
  
お届けした楽曲は Percy Sledge「When A Man Loves A Woman」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今月は、オルガンが印象的な名曲を特集します!
 
「When A Man Loves A Woman」は、その後も
イギリスや日本でCMのタイアップソングとして使用されてきたほか、
映画『男と女が愛する時』をはじめ、複数の映画のサウンドトラックとしても
使われているまさに名曲です。
 
曲の主役はなんと言っても、パワフルでソウルフルな
パーシー・スレッジの歌ですが、それをより引き立て、
印象的なものにしているのが、イントロから聞こえるオルガンの音色です。
 
もともとは、パーシー・スレッジが自分の失恋を元に書き上げた曲が
ベースになっていて、それをプロデューサーとともに練り上げた後、
デビュー前に在籍していたグループのメンバーがアレンジして
出来上がったもの。    
    
「男が本気で女を愛すると、ほかの事なんか何も考えられなくなるんだ。
彼女のためならどんなことだってできる」
と歌い始め、具体的に何ができるかを説明しつつ、
最後は、「君は僕のすべて」としめくくる、スペシャルラブソング!(笑)
時代が変わっても、この曲が持つ「愛の力」は、まったく色褪せませんね。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

10月25日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2018.10.25

10月24日O.A.〜Lyrical Melody〜「Jolie」Al Kooper

この曲は、1973年リリースされたアルバム『Naked Songs』に収録された1曲で
フリーソウルの名曲として、日本でも人気があります。
  
お届けした楽曲は Al Kooper「Jolie」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今月は、オルガンが印象的な名曲を特集します!
 
アル・クーパーは、ボブ・ディランの名曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」の
オルガン奏者としても有名で、セッション・ミュージシャン、
プロデューサーとしてもその才能を発揮しています。
 
この曲「ジョリー」でも、イントロからアル・クーパー自身が演奏する
オルガンのメロディーが印象的で、この曲のイメージを決定づけるほどの
存在感を放っています。
 
タイトルの「ジョリー」は、当時、恋人だった女性の名前で、
マイケル・ジャクソンの仕事などで知られる名プロデューサー、
クインシー・ジョーンズの娘さんのこと。
 
「君が僕を変えてくれた…君は太陽のように輝いていた」
そして最後は「愛してる」と歌うスペシャル・ラブソング!
結婚式シーズンにもぴったりな1曲と言えます。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

10月24日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2018.10.24

10月23日O.A.〜Lyrical Melody〜「Centerfold」J. Geils Band

1981年の秋にリリースされたこの曲は、じわじわとヒットチャートを上昇し、
翌年の2月に全米チャートの1位になると、6週連続で1位をキープ。
さらに翌年にはイギリスでもヒットし、世界的に注目を集めました。
  
お届けした楽曲は J. Geils Band「Centerfold」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今月は、オルガンが印象的な名曲を特集します!
 
この曲は、メンバーでキーボーティストのセス・ジャストマンが
プロデュースしたアルバム『フリーズ・フレーム』からのシングル曲で、
ギターロックサウンドの中に、印象的なオルガンがとても気持ち良く
とにかくポップセンスが光る1曲です。
 
歌詞の内容もとてもユニークで、
高校時代に憧れていた女の子が主人公。
学校を卒業したあと、ある男性雑誌を立ち読みしてたらその娘のセクシーな写真が!
「僕の思い出が売り飛ばされている・・・」と嘆きつつも、
最終的にはその本を買ってしまうという青春ストーリー。
 
そして、そんなセクシーな格好をした女の子たちが学校の教室で踊る
ミュージックビデオは、80年代に人気だったMTVの初期を代表する作品として
この曲のヒットを後押ししました。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

10月23日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2018.10.23

10月22日O.A.〜Lyrical Melody〜「A Whiter Shade Of Pale」Procol Harm

1967年にリリースされたこの曲は、プロコル・ハルムのデビュー曲にして
最大のヒット曲。イギリスの音楽チャートで6週連続1位になったほか、
アメリカのチャートでも5位を記録しました。
  
お届けした楽曲は Procol Harm「A Whiter Shade Of Pale」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今月は、オルガンが印象的な名曲を特集します!
 
バッハの名曲を彷彿とさせるハモンド・オルガンの音が
とにかく印象的なこの曲は、当時、クラシックからインスピレーションを受けた
ロックソングというのは非常に斬新かつ、芸術的で、高い評価を得ました。
 
さらに、抽象的で文学的な歌詞も魅力のひとつで、
ボーカルのゲイリー・ブルッカーは、のちに、
「各々の解釈で理解すればいい」 とも話しています。
ロックの幅を広げた、歴史的1曲といえるのではないでしょうか。

ちなみに、あのジョン・レノンもこの曲が大好きだったそうで、
「人生のベスト3に入る曲」 と言わしめた名曲です。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

10月22日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2018.10.22

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 344 | 345 | 346 || Next»