1月2日O.A.〜Music Maestro〜「West End Girls」Pet Shop Boys

ペット・ショップ・ボーイズは、80年代のエレクトロ・ポップ・サウンドを
代表するデュオのひとつ。そのおしゃれなアレンジ力には定評があり、
エルビス・プレスリーやヴィレッジ・ピープルなどのヒット曲を
エレクトリックなアレンジでカバーし、大ヒットを記録しています。
 
お届けした楽曲は Pet Shop Boys「West End Girls」
 
今週は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
音を仕事にする職人をピックアップしていますが、
今回は、2019年に来日公演を控えるマエストロ達を特集します。
  
この「ウエスト・エンド・ガールズ」は、そんなペット・ショップ・ボーイズの
初期の作品で、1985年に本国イギリスを中心にヒットを記録する中、
86年にはアメリカのチャートで1位になった代表曲。
 
当時は、デュラン・デュランやカルチャー・クラブなどに代表される
ニューロマンティックス的なサウンドが大ブームでしたが、
シンセサイザーを多用し、よりエレクトリックなサウンドを確立した
クリエイターのひとりです。
        
この曲は、商業的なウエストエンドの女性と、
労働者が集まるイーストエンドの男性をモチーフに、
社会に対する若者たちの葛藤ともとれるメッセージをダークかつ、
機械的なサウンドにのせたアートフルな1曲。
 
そんな彼らのエレクトリックな世界を堪能できる19年ぶりの単独来日公演が、
4月に東京と大阪で開催予定です。
 
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

1月2日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2019.01.02

1月1日O.A.〜Music Maestro〜「The A Team」Ed Sheeran

この曲は、2011年にリリースとなったデビューアルバム『+(プラス)』からの
ファーストシングルで、本国イギリスではいきなりUKチャートのTOP5に
ランクインした記念すべき初ヒット曲です。
 
お届けした楽曲は Ed Sheeran「The A Team」
 
今週は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
音を仕事にする職人をピックアップしていますが、
今回は、2019年に来日公演を控えるマエストロ達を特集します。
  
エド・シーランのライブといえば、一人での弾き語りをベースに
いろんなフレーズをサンプリングし、ループしながら演奏するスタイルですが、
この「The A Team」もそんなスタイルを確立させたようなシンプルな
ギターサウンドと歌が中心になっています。
 
歌の内容は、10代の頃にホームレスの保護施設で演奏活動をしていた頃の
体験が元になっているそうで、社会的なメッセージを、
切なくも優しいギターサウンドとメロディーに乗せて歌います。
シンプルなサウンドに引き込まれていきますね!
        
そしてエド・シーランは、4月に東京と大阪でなんと、ドーム公演を行います。
ドームのステージにギターと自分だけで挑む姿は、ぜひ観てみたいですね。
 
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

1月1日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2019.01.01

12月31日O.A.〜Music Maestro〜「Africa」TOTO

この曲は、1982年の作品。
アメリカで最も権威のある音楽賞「グラミー賞」で、
最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞など6部門に輝いた名盤
『聖なる剣』からのシングル曲です。
 
お届けした楽曲は TOTO「Africa」
 
今週は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
音を仕事にする職人をピックアップしていますが、
今回は、2019年に来日公演を控えるマエストロ達を特集します。
  
トトは、一流のスタジオ・ミュージシャンが集まって結成された
スーパーバンドのひとつで、その演奏能力の高さは素晴らしく、
70年代から80年代にかけて注目を集めた、おしゃれでテクニカルな大人のロックを
追求した、いわゆる「AORサウンド」の中心にいました。
 
この曲「アフリカ」は、そんなトトの中でも最大のヒット曲で、
全米1位を記録。まさに洗練された演奏と、全員がボーカルをとれるくらいの
クオリティーの高い歌声は、世界中に衝撃を与えました。
ちなみにメインボーカルは、キーボート担当のデビッド・ペイチです。
    
そしてTOTOは、今年、2018年がデビュー40周年。
その一環として開催中の世界ツアーで、いよいよ2月14日から、
全8都市、8公演の来日公演を行う予定です。
そのスーパーテクニックはもちろん健在!この曲も聴かせてくれるでしょうね。
 
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

12月31日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2018.12.31

12月28日O.A.〜Lyrical Melody〜「キラキラ」小田 和正

この曲は、2002年の作品。
深津絵里、堤真一主演のドラマ
『恋のチカラ』の主題歌として大ヒットしました。
  
お届けした楽曲は 小田 和正「キラキラ」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今月は、コーラスワークが心地いい、男性ボーカルを特集していきます!
 
小田和正さんがドラマの主題歌を手がけたのは、
あの『東京ラブストーリー』以来だったこともあり、当時は話題となりました。
    
コーラスには、シンガーソングライターの坂本サトルさん、
そして元スターダスト・レビューの光田健一さんが参加。
全編を通して、とても印象的な歌声を聴かせてくれています!
 
「キラキラ」とは、「輝く」という意味で、
恋によって輝く主人公を描いたラブソングになっています。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

12月28日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2018.12.28

12月27日O.A.〜Lyrical Melody〜「So Much In Love」Timothy B. Scumit

この曲は、1983年の作品。
映画『リッチモンド・ハイ』のオリジナル・サウンド・トラックに収録され、
スマッシュヒットを記録したほか、日本ではミ二コンポのCMソングに起用。
おなじみの1曲となりました。
  
お届けした楽曲は Timothy B. Scumit「So Much In Love」
 
毎月第4週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今月は、コーラスワークが心地いい、男性ボーカルを特集していきます!
 
ティモシー・B・シュミットは、ベーシストでありシンガーで、
イーグルスのメンバーとして活躍したことをはじめ、
リンゴ・スターのツアーや、TOTO、エルトン・ジョンなどの作品で
バックボーカルを務めるなど職人的アーティストのひとりです。
 
この「So Much In Love」は、1963年にボーカルグループ
ザ・タイムスが歌って全米ナンバーワンになった名曲のカバーで、
「僕らは恋をしている。二人っきりしかここにはいないのさ。」と歌う
スペシャルラブソング。
 
ティモシー・B・シュミットの美しい声が重なることで
より一層、あったかい気持ちになる1曲ですね!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

12月27日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2018.12.27

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 353 | 354 | 355 || Next»