network
リポビタンD TREND NET

今、知っておくべき注目のトレンドを、ネットメディアを発信する内側の人物、現代の情報のプロフェッショナルたちが日替わりで解説します。

21.07.27

風水害への備え

null

ネットニュースの内側にいるプロフェッショナルが、注目のニュースを読み解きます。
今日は「BuzzFeed Japan News」副編集長の神庭亮介さんにお話を伺いました。神庭さんが注目した話題はこちらです。


【風水害への備え】


吉田:静岡県熱海市は昨日、台風8号に備え、大規模土石流で被災した伊豆山地区に避難指示を出しました。一方、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は昨日、台風8号の影響に関し、今日行われる競技は既に日程が変更されたボートとアーチェリー以外は、予定通り実施の方針と明らかにしましたが、変更があれば、できるだけ早くお知らせしたいとしています。


ユージ:日本では近年、水害が多いと思っていましたが、世界的にも風水害が目立つような気がしますね。


神庭さん:そうですね、相次いでいますよね。中国での1000年に1度とも言われる記録的な豪雨では、60人以上が死亡し、1100万人以上が被災されたと言われています。ドイツやベルギーでの洪水では216人が亡くなっています。
これらの豪雨災害が気候変動によるものかどうかはまだ分からないんですけれど、影響している可能性はあると言われていて、ナショナル・ジオグラフィックはドイツの洪水について、降雨量の増加と、暴風雨の動きの遅さという2点が影響を与えたとする科学者の分析を紹介しています。日本周辺の台風も、温暖化が進むことで、スピードが遅くなる恐れがあると指摘されているんですね。「ゆっくりなら怖くない」と思うかもしれませんが、逆で、長い時間、同じ箇所にとどまればそれだけ被害は大きくなってしまいます。
お二人は風水害への備えについて、考えたり、家族で話し合ったりしたことはありますか?


吉田:多摩川が氾濫した時に、わりと家から近い所だったのでそれを機に家族で話すようになりましたね。身近な所でそういったことが起きると自分の問題意識になるんだなと実感しました。


ユージ:僕はあまり風水害については話してこなくて、地震についての備えはしてあるんですけども。風水害については自分のエリアは比較的大丈夫なのかなとちょっと甘くみていた部分があって、まだできていないのが現状です。
水害への備えとして指針みたいなものはあるんですか?


神庭さん:BuzzFeed では《台風8号が上陸へ。備えは大丈夫?「8つの対策」をチェックリストで確認》という記事で、台風前に備えておくべくチェックリストをまとめているので、ぜひ参考にしていただければと思います。
・物干し竿や植木鉢を家の中に入れる
・雨戸やシャッターを下ろす
・スマホやモバイルバッテリーを充電しておく
・断水に備えお風呂に満タンの水をため、飲料水も準備しておく
・ボンベ式コンロや懐中電灯、非常食など非常用品を確認しておく
・・・などといったことですかね。
地震と違うのは台風はこれから来るのが分かっているのであらかじめ準備できるというのが違うところかなと思います。


吉田:あと、今から何を準備しておけば良いかについてなんですが、凄く迷いますよね。


神庭さん:朝日新聞が昨年の熊本豪雨の被災者に取材した「なくて困ったもの」のリストがとても参考になります。一番最初に出てくるのが「現金」です。停電してしまうと、クレジットカードや電子マネーなどが使えなくなってしまうかもしれないので、いざという時のために現金は一定額、準備しておくといいですね。他には、「水切りワイパーと泥かき用のスコップ、バケツ」ひどい状況になってしまった時の掃除に必要ですね。「ガスコンロ」「スマホの充電器」「乾電池」「ブルーシート」も必要です。あって役立ちましたと言っています。


ユージ:授業とかでも取り入れていいんじゃないかと思いました。地震や風水害に対する備え、日本は災害が起こる国ですから。避難訓練とかは学校でありますが、それはあくまでも学校内で起こった時にどう避難するかということなので、家に帰った後もためになるような家族でこういうふうにしてくださいと改めてやっていく必要があるのかなと思います。


神庭さん:とても大事ですよね。子供のうちから学んでいくのは良いと思います。
それと万が一、被災してしまった場合ですが、がれき類をきれいに整える前に一度被害の状況を写真にきちんと撮っておいてください。保険をもらったり、罹災証明書をもらうときのために、なかなか写真まで気が回らないかもしれませんが、記録しておくのも大事なのでその辺りも注意していただきたいなと思います。


ユージ:これはためになりますね。その後のことも考えないといけないんですね。その時の避難方法だけではなく、その後、家を建て直す方法だったり、保険の事だったり復興に向けての資料として写真や動画を撮影しておくことも考えなくてはいけないんですね。



そして、今日の #ユジコメ はこちら。





過去の #ユジコメ を音声でCHECK!!

  • ツイッター
  • Facebook
  • LINE
Top