ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

速水さんの【山本“KID”徳郁】さんへの思い(2018/9/21)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年9月21日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。




第3位【 ご冥福をお祈り 】

今週は、ガンとの闘病の末、75年の生涯を終えた、女優 樹木希林さん、そして、『神の子』として格闘技界を牽引した、山本“KID”徳郁さんの死去にたくさんのツイートが集まりました



第2位【 樹木希林 】

亡くなった後も樹木希林さんに関するエピソードや、たくさんの著名人からの追悼メッセージなど、毎日のようにニュースとなっています。



第1位【 地震 】

今週は、地震に関するワードが1位でした。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードで5位にランクされた【 山本 KID 】です。ガンで闘病中だった格闘家、山本“KID”徳郁さんが18日に亡くなりました。41歳でした。総合格闘技は、僕、速水も大好きで、ずっと見ていた選手というのもあり、ガンの告知からこの早さ非常に驚きました。





◆街の声

「けっこう格闘技好きだったので、開始7秒でK.O.したとか見てました。『神の子』って言われていたじゃないですか、カッコ良かったですね。」(男性)


「当時、高校生だったんですけど、大晦日の魔裟斗選手との試合を見てました。「また10年後に…」って言っていたので残念な気持ちでいっぱいです…。自分とそんなに歳も離れていないので、怖い気持ちにもなりました。魔裟斗選手との試合は、また見たかったですね、ホントに…」(男性)


「ガンだという事は聞いていたんですけど、まさかこんなに早く亡くなるとは思っていなかったので…。格闘一家ということもあったので、病気にも打ち勝って、戻ってきてくれると思ってたんですけど、非常に残念です。ずっと頑張っておられたので、今は安らかに休んでいただければなと思います」(男性)



◆KIDらしさ

速水 日本の総合格闘技が、世界の中でトップだったという時代が数年間あったと僕は認識しています。2000年代の半ば、あの時代は、日本の大晦日、夜7時台のテレビのゴールデンタイムに、総合格闘技やK-1とかDynamite!をテレビ局3局がこぞって格闘技を中継していたとかね、そういう時代だったんですよ。その時、3チャンネル合わせて何%だったかなぁ、日本の半分以上が総合格闘技に夢中になっていたと記憶しています。そんな時代があったんですよね。K-1がありPRIDEがありDynamite!があり…。で、当時、僕はファンでして、日本国内だけの盛り上がりだけだと思っていたんですけど、そこから、10年経って15年経って、“あの時、見ていた選手に憧れて…”という選手がアメリカやブラジル、オランダとかね、世界中から、日本の総合格闘技を見て育った選手達が旅立っていくのを見て、UFCとかで戦っているのを見て、日本のK-1やPRIDEは、ちゃんと世界に届いていたんだなと改めて誇りに思った事があります。


日本の総合格闘技の最高峰というと、街の声でもあがりましたけども、魔裟斗選手VS山本“KID”徳郁選手の試合!2004年の大晦日の試合だったと思うんですけど、3ラウンド目だったかな、山本KID選手が右で全然階級が違う魔裟斗からダウンを奪って、そこから魔裟斗選手が本気を出すっていう、あの瞬間はやっぱり未だに映像として覚えているという意味ではあそこを最高峰に、日本の格闘技は正直、落ちていったんですよ…。それも含めて、今、振り返ってあの時代、世界に通用できていた、通用どころではなく、世界に影響を与えていた、そのようなコンテンツを作ってきていた中心にいた選手という評価をしたいと思います。


いろんなエピソードがあって、そのたびに“KIDらしい”よねという話がでてきます。中でも、妹さんのレスリングの山本聖子さんとのエピソード。今、ダルビッシュさんとご結婚していますけど、そのダルビッシュさんのブログがものすごく話題を呼んでいます。かつて、聖子さんと付き合い始めた頃に、「あの子真面目なんで。手出すの辞めてもらっていいかな?」というメールが山本KIDさんからダルビッシュさんの元に来た…。びびりますよね(笑)。ダルビッシュさんといえどもびびると思います。それに対して、ダルビッシュさんは、「お疲れ様です!聖子さんとは仲良くさせて貰っています。自分としては今、凄く大事な人という位置づけであり、真面目に考えてます。」という、返事を返したところ、一気に打ち解けたという、男同士のというか、ヤンキー漫画のようなね、非常に“らしい”エピソードで、こういうエピソードを話していると、本当にその人柄が出てくる時の、山本KIDさんの見てくれの怖さや強さそのままなんだよなっていう感じなんかも含めて、非常にいい人なんだなっていうね。本当に41歳という若さで、僕はショックを未だに隠し切れていません。この前、自分の生放送の番組の中で、涙ぐんでしまいました。今までの生放送ではそんなことはなかったんですけど、やっぱりそれくらい思い入れがある選手で、どう自分が評価しなければいけないか、アメリカの格闘技団体・UFCは、すぐに彼の今までの功績に敬意を表して、webで試合動画を流したり、みんなやれることはやっていて、そんな中、日本のメディアは何が出来るんだろうか?と、今もこれからも含めて、真価が問われていると思います。



◆“らしい”エピソード










◆リスナーの反応











夢を未来から逆算する『逆算メソッド』とは?(2018/9/20)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


9月も下旬になりました。2018年も少しずつ終わりに近づいてきたわけですが、
みなさんの今年の目標達成状況はいかがでしょうか?
今回は、夢を未来から逆算することで実現させる『逆算メソッド』を提唱している、手帳カウンセラーのコボリジュンコさんに【 『逆算メソッド』を実践する上で押さえておくべきポイント トップ3 】を伺っていきます!


第3位 『 建前じゃなく本音 』

第2位 『 Before / After 』

第1位 『 締め切り 』


中西:今回は、『逆算メソッド』を提唱している手帳カウンセラーのコボリジュンコさんにお話を伺います。
コボリさん、よろしくお願いします!
まずはこの『逆算メソッド』、ひとことでいうと、どんなメソッドなんですか?


コボリさん:はーい、よろしくお願いします。
『逆算メソッド』というのは、ビジョン、プラン、アクションの3ステップで夢を実現していくメソッドのことです。


中西:ランキングで伺いました、『逆算メソッド』を実現する上で押さえておくべきポイント トップ3について解説いただきましょう。


綿谷:では、第3位『 建前じゃなく本音 』からお願いします。


コボリさん:大人になるにつれて、本音ではなく建前中心になっていきませんか?
そうすると、自分が本当にやりたい事、望んでいる事が、どんな事かわからなくなってくるんですよ。
例えば、子どもは、やりたい事100個をあっという間に書き出すことが出来るんですね。ところが、大人は、いろんな余計な事を考えちゃうせいか、なかなか書けないんです。しかも、最初に出てくるのは建前ばかり。
夢を未来から逆算する『逆算メソッド』では、本当に自分が望んでいる事をハッキリさせることからスタートします。というのも、やっぱり偽物の夢が叶っても全然嬉しくないですよね。


綿谷:偽物の夢…、確かに!


中西:でも、今やらなきゃいけない事と、自分のやりたい事というのは違いますよね。そこは、ちゃんと分けた方が良いですよね。


コボリさん:そうですね。


綿谷:続いて、第2位の『 Before / After 』。


コボリさん:ダイエットのCMでよくBefore/Afterの写真とかが紹介されていますよね。それと同じように、現状を「Before」、自分にとってワクワクする未来を「After」ということで、紙に書き出してみます。
紙に書いてみると、今と未来のギャップがハッキリします。そのギャップをどう埋めるのか、これを逆算していくわけです。イメージとしては、現在と未来の間に階段を作っていく、これが計画を立てるということです。


綿谷:今と未来のギャップなんですね。そこを逆算すると!


中西:紙に書き出すというのは、書き出したものを張り出したり、手帳などの自分がよく目にするところに書いた方が良いのか、どうなんでしょうか?


コボリさん:なるべく、頻繁に見ていたいので、書いたものを張り出しても良いですし、持ち歩いていつでも見られるようにしておくという方が良いかもしれないですね。


綿谷:さぁでは、第1位の『 締め切り 』です。


コボリさん:「いつまでに実現させたいか」を決めるのが、逆算思考でスイッチをオンにします。お尻が決まらないと、逆算できないんですよね。そして、締め切りというと、ビジネスパーソンの皆さんは嫌な顔をされる方がとても多いんですよね(笑)。でも、「夢の締め切りというのは、自分の夢が実現する日のこと」なんです。全然嫌じゃないですよね?


綿谷:そうですね、嬉しい、楽しみな事ですよね。


コボリさん:ところが、自分のやりたい事を、いつまでにやりたいのかを決めていない方がとても多い。そこをまず、「いつまで」というのを決めて、それを決めるとやっぱり順番に逆算していくことが出来るんですね。


綿谷:そしてコボリさんが提唱しているこの『逆算メソッド』は、もちろん自分のスケジュール帳で進めても良いんですけど、コボリさんは、その名も『逆算手帳』として発売もしているんですよね?10月始まりの理由や、その手帳の特徴とか教えていただけますか?


コボリさん:一般的な手帳というのは、やらなくてはいけない事が書かれています、逆算手帳に書くのは、やりたい事とその実行プランを書きます。
単に、何月何日何時から打ち合わせとか書くのではなく、いつまでにこんな事がやりたい、そのためにはこんな事が必要というような事を書いていきます。
そして10月始まりの理由なんですけども、やりたい事を考えていくというのは時間がかかるので、10月から12月までの3ヶ月間は助走期間という位置付けにしているからです。


綿谷:なるほど、そういうことなんですね。
今回は、『逆算メソッド』を提唱する、手帳カウンセラーのコボリジュンコさんにお話を伺いました。
詳しい情報は、クロノスのホームページに掲載していますので、是非、チェックしてみてください。
コボリさん、今日はありがとうございました。


コボリさん:はい、ありがとうございました。

COUNTDOWN JAPAN 最新チャート トップ5(2018/9/19)

カテゴリー:1112
null

水曜日は「音楽」


今日は、毎週土曜日お昼1時から放送中の『COUNTDOWN JAPAN』の最新チャートをピックアップ!
今、JFN各局で注目されている楽曲はなんでしょうか?【 COUNTDOWN JAPAN 最新チャート トップ5 】をご紹介します!
そして、音楽チャートから番組が1曲をピックアップ!


第5位 Aimer『 Black Bird 』

先週金曜日から公開された映画『累-かさね-』の主題歌となっているこの曲、ビルボード・ジャパンのダウンロードソングスでは1位に輝いています!


第4位 関ジャニ∞『 ここに 』

新体制になってからの新作は、シングルセールスで24万枚以上を売り上げ、オリコンでも、ビルボード・ジャパンの最新チャートでも1位に輝きました!
ちなみに、今作のこの楽曲は、大人気バンド『WANIMA』が楽曲提供しています。


第3位 星野源『 アイデア 』

この曲のミュージックビデオには、これまでの星野源さんが発表してきた作品を連想させるシーンが各所に仕込まれています。
そんなミュージックビデオはYouTubeでの再生回数が1200万回を突破!まだまだ記録は伸びそうですね。


第2位 back number『 大不正解 』

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の主題歌となっています。映画の方は他の作品をはねのけて、興行収入5位にランキングしています。


第1位 sumika『 ファンファーレ 』

来月末からは、この『ファンファーレ』を引っさげてライブツアーがスタート!全国7カ所、11公演が行われます。


ということで、【 COUNTDOWN JAPAN 最新チャート トップ5 】でした。

そして、今回、番組がピックアップする曲は、5位にランクインした、Aimer『 Black Bird 』!
これまであまり顔出しをしないスタイルで活動してきたAimerさんですが、今回の作品では、ご自身のビジュアルを公開して活動しています。
そんなAimerさん、来月には初のフルオーケストラワンマンライブの模様が映像作品として発売されます。こちらも是非チェックしてみてください!

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 648 | 649 | 650 || Next»