ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

NBA 渡邊雄太が5得点!(2019/1/21)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 卓球・全日本選手権 】

男子シングルス決勝は、29歳の水谷隼が準決勝で前回優勝の張本智和を下した大島祐哉に4-2で勝ち、2年ぶりで最多優勝記録を更新する10回目の優勝を決めました。試合後、水谷選手は「全日本への出場はこれが最後だ」と話しています。
女子シングルスの決勝は、伊藤美誠が史上最年少優勝に挑んだ中学2年生の木原美悠と対戦し、4-1で勝利。女子史上初の2年連続3冠(シングルス・ダブルス・混合ダブルス)を達成しました。


第2位【 錦織圭・大坂なおみ、全豪オープンベスト16進出 】

1、2回戦は苦しんだ錦織、3回戦は3-0と余裕のストレート勝ちで、2年ぶり7度目のベスト16入りを果たしています。
一方、大坂なおみ選手の3回戦は苦しい試合でした。世界ランク27位 台湾の謝選手を相手に第1セットを5-7で落とし、第2セットも序盤は1-4と苦しい展開でした。しかし、そこから5ゲーム連取で第2セットを取ると、第3セットも連取。勝利を手にしました。


第1位【 NBA メンフィス・グリズリーズの渡邊雄太、17分出場で5得点! 】

今日は、こちらの話題をピックアップしました。以下、中西さんのコメントです。



アメリカのプロバスケットボール・NBA メンフィス・グリズリーズと2-WAY契約を結ぶ渡邊雄太選手が、敵地・カナダのトロントで行われたラプターズ戦で第3クオーター途中から出場。自身最長の17分27秒プレーし、最多の5得点を挙げました。今回、7試合目の出場で初の3ポイントシュートを決め、1アシスト、1リバウンドもマークしました。
試合は残念ながら90-119で敗れ、チームは5連敗となりました。


ここで、渡邊雄太選手についてご紹介しましょう。
香川県生まれの24歳で、両親も元バスケットボール選手。小1からバスケットボールを始め、香川・尽誠学園高時代に全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会で2年連続準優勝。2014年にアメリカのジョージワシントン大学に進学し、NCAA1部で1年目から活躍。身長206センチながら、ポイントガードもこなせる俊敏性とテクニックが武器で、大学最後の2017-18シーズンにはカンファレンスの最優秀守備選手にも選出されました。
しかし、6月のNBAドラフト会議での指名はなく、若手の登竜門「サマーリーグ」にブルックリン・ネッツの一員として参戦。全5試合に出場し、1試合平均9.4得点、4.2リバウンドと実力を発揮すると、7月になってメンフィス・グリズリーズが渡邊雄太選手と2-WAY契約を結んだと発表しました。


この「2-WAY契約」というのはNBAで2017-18シーズンから導入された制度で、上限は1チーム2人まで。主に下部のGリーグのチームに所属しながら、レギュラーシーズンの最大45日までNBAのチームに加わることが可能なシステムで、渡邊は下部リーグのハッスルに所属しながらNBAの試合に出場することに。
そして、10月27日のフェニックス・サンズ戦でNBAデビュー。2004年にサンズでプレーした田臥勇太以来14シーズンぶり、2人目のNBAプレイヤーとなりました。


2-WAY契約は最大45日までNBAのチームに帯同できる、とお伝えしましたが、移動日やチーム練習も含まれるので、実質的に出場できるのは20〜25試合くらいと考えられます。仮に45日の契約期間を終えても、再度2-WAY契約を結んだり、トップチームと本契約を結ぶことも可能です。
競争が激しいNBAの世界、渡邊選手には今回のチャンスを活かして、存分にアピールして欲しいですね。


中西さんがサプライズ生登場!【 サッカー日本代表 】をピックアップ!(2019/1/18)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2019年1月18日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。



第3位【 耳をすませば 】

11日、金曜ロードSHOW!で『風の谷のナウシカ』に続いて、ノーカット版が放送され、安定した人気を獲得。安定のジブリですね。





第2位【 市原悦子 】

ドラマ『家政婦は見た!』などで知られる演技派女優 市原悦子さんが、12日、心不全のため死去しました。82歳でした。たくさんの人に愛され続けた方だけに、驚きとお悔やみのツイートが集まりました。



第1位【 地震 】

今週は、地震に関するワードが上位にランクインしました。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、昨日の夜、様々な関連ワードが飛び交っていた【 サッカー日本代表 】です。
今日は、サッカーといえばこの方、クロノスのパーソナリティー 中西哲生さんがなんと生登場してくれます!






◆中西&速水のサッカー談義

速水 いやぁ中西さん、電話でお話を伺うということだったんですけど、なんと来てくれたんですね!電話を繋ごうとしたら、繋がらずちょっと焦ってしまいましたよ。なに来ているんですか!予定外ですよ!!(笑)


中西 スタジオで話をした方がね、速水さんと目を合わせて話をした方がいろんな話が出来るかと思ってね(笑)


速水 では早速いろいろ聞きたいんですけど、昨日のウズベキスタン戦はどう見ました?


中西 昨日は、ほとんどメンバーを入れ替えたんですけど、結果を出したということで選手たちにとっては、ある一定の満足感はあると思います。


速水 これまで1戦目、2戦目では、交代枠を使い切らなかったことに関して、見ている側としても、これはちょっとどういうことなんだろう?と思ったんですけど、今回は、逆に全部といっていいほどの選手を入れ替えた意図は何でしょうか?


中西 とにかく勝ち点3を獲りに行く!ということだったと思います。


速水 勝ちにいったんですか?


中西 もちろんです。今回、もし2位突破だとこの後の移動距離が少なく済んだんですよ。今大会は、7試合戦わなければいけないので優勝まであと4試合残っています。1位突破だと決勝まで1試合ごとに試合会場が変わって、移動距離が500kmくらいあるので、非常に厳しい戦いになるという状況だったのですが、2位突破を狙わずに1位突破で行くぞ!ということを、選手たちに示したんじゃないですかね。


速水 なるほど、でも、ファーストチョイスで行くのではなくて、控えの選手で戦ったけどあれは全力だったと?


中西 いや、これは要するに、7試合戦うというところで、選手を休ませることが出来るのはここしかなかったんですよ。最初の2試合が1週間で2試合という厳しい中で、もし、この3試合目でそれまで出ていた選手を休ませることが出来れば、次の試合まで1週間くらい休ませることが出来るんですよ。そういう意味では、ここでメンバーを休ませるというのは、大きな選択ではあるんですけども、ここでしっかり勝って、しかも選手たちがリフレッシュして戻ってくるので、チームとしては非常にいい状態で決勝トーナメント1回戦に臨むことが出来るんですよ。


速水 休ませる&勝ちいくという両方をとったというわけですね。


中西 そうです、しかも、ちゃんと両方を実現させたというのは、非常に大きかったと思います。


速水 昨日の新しいメンバーの中で、ここで活躍したことによって、今後、活躍する選手も出始めるわけですよね?


中西 1人確実に絶対に必要な選手がいまして、それは武藤選手ですよね。


速水 昨日、点も決めましたね。


中西 昨日の得点もそうなんですけど、それ以外の守備の部分でも活躍してくれて、今、イングランドのプレミアリーグのニューカッスルでプレイしてるんですけども、試合も途中から出てますし、試合勘もありますし、コンディションもいいし、大迫選手が怪我をしていて万全な状態ではないので、ここで武藤選手が1TOPで存在感を示せたのと、ゴールを決めたのは非常に良かったと思います。


速水 確かに大迫のように、あそこでボールが収まる1TOPに武藤選手が代わりに入る可能性は大きいですね!


中西 武藤選手はワントップでボールも収まるし、今言ったように大迫選手と2人を併用して決勝戦までの4試合戦えるようになったのは、これは大きな財産だと思うんですよね。あとは、やっぱり、乾選手ですよね。


速水 乾選手、いい顔してましたね!やる気めちゃめちゃありましたね!


中西 当然ね、やる気には満ちていたんですけど、試合勘の部分で、さっき言った武藤選手と違って、自分が所属する、スペインのチームではあまり試合に出ていないんですよ、昨日、試合に出たことによって、少し試合勘を掴めるようになってきたと思いますし、乾は万全とは言えないんですけど、この後の決勝トーナメントでジョーカーとして、途中から入って流れを変えるという役割を担う可能性が高いですし、ボールを持った時のクォリティーはやっぱり高いですよね。


速水 凄い良いシュート打ってましたもんね。


中西 シュートだったりラストパスだったり、組み立てのところでは少し判断ミスはあったんですけど、彼が持っている力というのは十分活きてくると思います。もう1人は、昨日、決勝ゴールを決めた塩谷選手ですね。


速水 塩谷選手ですか!?僕はまだ知らない選手ということろではあるんですけど…。


中西 元々サンフレッチェ広島にいた選手なんけど、日本で活躍した外国人選手ってよく中東のチームに引き抜かれるパターンが多いじゃないですか。


速水 アルアインでしたっけ?


中西 そうです、昨日の試合のスタジアムを普段使っているんですよ。


速水 ということは、完全に地元で試合をしていた感じなんですね?


中西 そうです、去年のクラブワールドカップとか公式戦をしていて、そこで出場もしていたりしていた上での昨日の試合、まさに、彼のホームグラウンドだったわけですよ。今まで日本人が中東で試合するときにホームでやれる選手なんてほとんどいなかったんですよ。


速水 考えられなかったですね。


中西 そういう意味では、日本サッカーの一つの進化というか、今までは、Jリーグから外国人が引き抜かれていたんですけど、日本人選手が中東に引き抜かれて行って、そのチームで活躍していて、その活躍が認められて代表に選ばれて、しかも、自分が所属するチームのホームグラウンドで試合が出来て、その試合でスタメンで出場して、そのいろんなことが重なって昨日の決勝ゴールが生れたと思うんですね。


速水 彼から代表のチームメイトに中東の情報が伝わるということも大事ですよね。


中西 もちろんそういうこともあると思います、中東のいろんな情報も持っていると思いますしね。そういった意味では、いま挙げた3選手、武藤、乾、塩谷は決勝トーナメントに入って優勝という可能性を広げてくれる選手だと思いますし、日本代表としても、ここから、ここからが本番だ!という感じじゃないですかね!


速水 なるほどね!中西さん、今日はスタジオに来ていただいて、朝から濃い話を伺うことが出来て本当に良かったです。また是非、よろしくお願いしますね!


中西 はい、おねがいします!


速水 今回は、中西哲生さんにサプライズ登場していただき、【 サッカー日本代表 】についてお話を伺いました!ありがとうございました。


中西 こちらこそ、ありがとうございました。





◆3連勝で1位通過!







◆リスナーの反応




















『防災を考える本』をピックアップ!(2019/1/17)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


24年前の1995年1月17日、阪神淡路大震災が発生、大都市で起きた震災がもたらした影響は大きなものでした。
この日以降、日本に住む限り、何らかの自然災害の影響を受ける可能性がある、そんなことをに実感した方も多いのではないでしょうか?
では、どうすればいいのか?
最新の防災知識を網羅した本をチェック!というのもその一つです。

今回は、ジュンク堂書店 池袋本店に聞いた
【 『防災を考える本』のおすすめTOP3 】をお送りします!


第3位 永澤義嗣 著『 気象予報と防災 ‐予報官の道 』(中公新書)

第2位 猫びより編集部 編『 決定版 猫と一緒に生き残る防災BOOK 』(日東書院)

第1位 『 自衛隊防災BOOK 』(マガジンハウス)


中西:今日は、防災とボランティアの日です。
改めて、自分の身の回りでどのくらいの備えが出来ているのかを確認してみましょう。
そして、改めて知っておきたいことは本を読んでチェック!
ということで、ジュンク堂書店 池袋本店に『防災を考える本』のおすすめを伺いました。
シチュエーション別に防災を考える3冊をピックアップしてくださいました、そこで、どんな本なのか解説していきます。
まずは、3位の中公新書から発売中の『 気象予報と防災 ‐予報官の道 』。


綿谷:著者の永澤義嗣さんは、長年にわたって気象庁に勤めていた方です。
気象情報や警報をどうみるか、それを実際の行動にどう結びつけるべきか、詳しく書かれています。
やや専門的ではありますが、気象予報官の仕事とはどんなものなのか?気象予報の世界を知る読み物としても楽しめます。


中西:去年の西日本豪雨でも課題になりましたが、『危機をどう伝えるのか?』ということについて、気象予報に携わる方々たちが常に考えている悩みも書かれています。
例えば、ゲリラ豪雨や爆弾低気圧など、インパクトのある言葉が出来ても、人はいずれ慣れてしまう。
情報を伝える側だけではなく、受け取る側の姿勢も慎重かつより深く考えることが課題になりそうですよね。


綿谷:続いて2位の日東書院から発売中、猫びより編集部による『 決定版 猫と一緒に生き残る防災BOOK 』です。
家族同様、大切な存在になっているペット、この本では猫なんですけども、いざ、災害が発生すると守れるのは飼い主だけになります。
この本では、外出時に災害にあったとき、自宅で災害にあったときどうするべきか?あらゆるケースを想定して作られています。イラストも多く、非常に見やすくなっています。


中西:まず、大原則として災害時の心得として『人命が最優先』と書かれているこの本なんですが、しかし、避難生活が長期化するにしたがって、ペットや飼い主が“災害弱者”となる実情についても書かれています。
いろんな“気付き”がこの本にはあり、ペットを飼っていらっしゃる方には特にありますよね。


綿谷:そうですね、猫を連れての避難訓練の方法なども分かりやすく書かれていますし、ひとまず買っておいて間違いないんじゃないかなと思いました。
そして、ジュンク堂書店 池袋本店に聞いた、『防災を考える本』のおすすめ、第1位になったのは、
マガジンハウスから発売中の『 自衛隊防災BOOK 』です。
こちらは去年夏に発行されてから増刷が続いています。
現役自衛官は当然知っているけど、そうではない人は全く知らない、災害に役立つ危機管理のテクニックが100項目で紹介されています。


中西:以前も、紹介したことがありますが、本当に実用的な1冊なんですよね。
子供や高齢者の方と避難するときの方法や、ひとりでけが人を運ぶにはどうすればいいのか?などが具体的に書かれています。
あとは、ツナ缶やバターをろうそく代わりにする方法など、知っておいて損はない知識が詰まっています。
その知識をわかりやすく写真や絵になっていて、文章を読むよりもパッと直感的にどうしたらいいかわかりやすくなっています。
災害への備えというのは、こうした本で得た知識を、シミュレーションして、体感するのも大切になります。
折を見て、アナタの備え、確認なさってみてください。また、折を見て、このような本を開くことも非常に重要になってきます。
今回はジュンク堂書店 池袋本店に聞いた【 『防災を考える本』のおすすめTOP3 】をお送りしました。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 677 | 678 | 679 || Next»