ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

NBA 渡邊雄太が5得点!(2019/1/21)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 卓球・全日本選手権 】

男子シングルス決勝は、29歳の水谷隼が準決勝で前回優勝の張本智和を下した大島祐哉に4-2で勝ち、2年ぶりで最多優勝記録を更新する10回目の優勝を決めました。試合後、水谷選手は「全日本への出場はこれが最後だ」と話しています。
女子シングルスの決勝は、伊藤美誠が史上最年少優勝に挑んだ中学2年生の木原美悠と対戦し、4-1で勝利。女子史上初の2年連続3冠(シングルス・ダブルス・混合ダブルス)を達成しました。


第2位【 錦織圭・大坂なおみ、全豪オープンベスト16進出 】

1、2回戦は苦しんだ錦織、3回戦は3-0と余裕のストレート勝ちで、2年ぶり7度目のベスト16入りを果たしています。
一方、大坂なおみ選手の3回戦は苦しい試合でした。世界ランク27位 台湾の謝選手を相手に第1セットを5-7で落とし、第2セットも序盤は1-4と苦しい展開でした。しかし、そこから5ゲーム連取で第2セットを取ると、第3セットも連取。勝利を手にしました。


第1位【 NBA メンフィス・グリズリーズの渡邊雄太、17分出場で5得点! 】

今日は、こちらの話題をピックアップしました。以下、中西さんのコメントです。



アメリカのプロバスケットボール・NBA メンフィス・グリズリーズと2-WAY契約を結ぶ渡邊雄太選手が、敵地・カナダのトロントで行われたラプターズ戦で第3クオーター途中から出場。自身最長の17分27秒プレーし、最多の5得点を挙げました。今回、7試合目の出場で初の3ポイントシュートを決め、1アシスト、1リバウンドもマークしました。
試合は残念ながら90-119で敗れ、チームは5連敗となりました。


ここで、渡邊雄太選手についてご紹介しましょう。
香川県生まれの24歳で、両親も元バスケットボール選手。小1からバスケットボールを始め、香川・尽誠学園高時代に全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会で2年連続準優勝。2014年にアメリカのジョージワシントン大学に進学し、NCAA1部で1年目から活躍。身長206センチながら、ポイントガードもこなせる俊敏性とテクニックが武器で、大学最後の2017-18シーズンにはカンファレンスの最優秀守備選手にも選出されました。
しかし、6月のNBAドラフト会議での指名はなく、若手の登竜門「サマーリーグ」にブルックリン・ネッツの一員として参戦。全5試合に出場し、1試合平均9.4得点、4.2リバウンドと実力を発揮すると、7月になってメンフィス・グリズリーズが渡邊雄太選手と2-WAY契約を結んだと発表しました。


この「2-WAY契約」というのはNBAで2017-18シーズンから導入された制度で、上限は1チーム2人まで。主に下部のGリーグのチームに所属しながら、レギュラーシーズンの最大45日までNBAのチームに加わることが可能なシステムで、渡邊は下部リーグのハッスルに所属しながらNBAの試合に出場することに。
そして、10月27日のフェニックス・サンズ戦でNBAデビュー。2004年にサンズでプレーした田臥勇太以来14シーズンぶり、2人目のNBAプレイヤーとなりました。


2-WAY契約は最大45日までNBAのチームに帯同できる、とお伝えしましたが、移動日やチーム練習も含まれるので、実質的に出場できるのは20〜25試合くらいと考えられます。仮に45日の契約期間を終えても、再度2-WAY契約を結んだり、トップチームと本契約を結ぶことも可能です。
競争が激しいNBAの世界、渡邊選手には今回のチャンスを活かして、存分にアピールして欲しいですね。


サッカーアジア杯、決勝トーナメント進出決定!(2019/1/14)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 稀勢の里、痛い初日黒星 】

大相撲初場所初日。進退のかかる横綱・稀勢の里は小結の御嶽海に押し出され、黒星スタート。昨年の秋場所千秋楽から、不戦敗を除いて6連敗。厳しい状況が続いています。


第2位【 フェルナンド・トーレス、鳥栖と契約更新 】

J1鳥栖は昨日、元スペイン代表のFW フェルナンド・トーレスとの契約更新を発表しました。フェルナンド・トーレスは昨年7月に加入し、公式戦19試合で4得点。クラブを通じて「新シーズンを楽しみにしている。みんなで頑張ると最強になる」とコメントを発表しています。


第1位【 サッカーアジア杯、日本は2連勝で決勝トーナメント進出決定! 】

今日は、こちらの話題をピックアップしました。以下、中西さんのコメントです。



昨日の夜行われた、アジアカップ1次リーグ F組第2戦 日本 vs オマーン戦は、日本が1-0で勝ち、2連勝で決勝トーナメント進出を決めました。
日本は前半28分に原口選手が倒されてPKを獲得。それを原口選手が自分で決め、その1点を守っての勝利となりました。


ただ、昨日の試合は、観ていてストレスが溜まった方も多いかもしれませんね。前半はチャンスが結構ありました。特に南野選手が素晴らしくて、ボールを蹴るところの抜け出し方だったり、守備も良かったんですけれど、彼の素晴らしいプレーから何度か決定的なシュートもありました。
が、昨日は南野選手のシュートのタイミングがキーパーとすごく合ってしまっていて、全てのシュートを防がれてしまいました。こういうときの技術的な解決方法としては、タイミングを外すシュートがひとつあれば決まる確率もあったかな、と思うんですが、昨日は結構強めのシュートが多かったので、そのあたりは改善点かと思います。ただ、南野選手は素晴らしかったですし、堂安選手も代表の中ではかなり自信を持ってやれていますし、彼がいないとちょっと厳しいかな、という存在になっていますね。


で、逆に日本は前半45分に左サイドからクロスを入れられて、中央からシュートを打たれたんですけれど、長友が良い角度でブロックに入ってシュートを止めたんですが…これは手でしたね(苦笑)当たったところが。これ、ワールドカップでも採用された「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)」があればPKでしたね。逆に日本のPKもPKにはならなかったかもしれない?!そういう意味では助けられた部分もあるかもしれませんが、そうなったら逆に得点がもっと入ったかもしれないので、何とも言えないですけれどね。
ちなみにVARについては、今後決勝トーナメントの準々決勝から導入されます。


で。このあとどうなるかというと、日本とウズベキスタンが連勝で、ウズベキスタンは日本が3-2で勝ったトルクメニスタンに4-0で勝っているので、日本は次のウズベキスタン戦で引き分け以下だとグループ2位通過となります。グループを1位で通過するとカタールかサウジアラビアのどちらかと対戦することになり、2位通過だとヨルダン、あるいは最終戦で対戦するオーストラリア・シリアのいずれかと対戦することになります。


そして、ひとつ気になっていることがありまして…。実は、今大会はリーグでイエローカードをもらったときに2枚目でもう次の試合への出場が停止になってしまうんです。すでに酒井宏樹、権田、堂安、南野、と一番抜けちゃいけなさそうな人たちがイエローをもらっていまして、この累積がいつか来そうで怖いなぁ、という風に思っています。


で、もうひとつのポイントが乾の起用です。前回の試合も昨日の試合も左サイドがあまりうまく機能していなくて、そこには(本来)乾がいるんですけれど、乾が入った方が長友との連携が良いと思うんです。僕はおそらく、森保監督はあえて乾を出していないと思っていて。ここから先が長いので、まだ手の内は全部見せない、みたいなね。


ブリスベン国際 錦織圭優勝!(2019/1/7)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 Bリーグ・折茂武彦選手、通算1万得点達成! 】

プロバスケットボール、Bリーグのレバンガ北海道でチームの運営会社代表とBリーグ理事も務める48歳、折茂武彦選手が土曜日の試合で6得点を決め、史上3人目、日本人選手としては初めて国内トップリーグ通算1万得点を達成しました。今季は30試合出場で171得点。「まだプロ選手として貢献できる」「2020年の東京オリンピックが目標」と語っています。


第2位【 マリナーズ・菊池雄星投手、入団会見! 】

埼玉西武ライオンズから、ポスティングシステムを利用してMLBシアトル・マリナーズと契約を結んだ菊池雄星投手が、本拠地シアトルで入団会見を行いました。菊池投手は、アメリカのメディアから受けた質問には高校時代から勉強してきたという英語で回答。「来ることが目標ではなく、結果を出すことが目標」と話しました。


第1位【 テニス・ブリスベン国際 錦織圭優勝!大坂なおみは準決勝敗退 】

今日は、こちらの話題をピックアップしました。以下、中西さんのコメントです。


2019年最初のテニスの大会、オーストラリアで開催された「ブリスベン国際」
昨日行われた男子シングルス決勝で、世界ランク9位・日本の錦織圭は、世界ランク16位・ロシアのダニル・メドベージェフをセットカウント2-1で下し、2016年2月のメンフィス・オープン以来、ほぼ3年ぶりとなるツアー通算12勝目をマークしました。
ここまで、ツアー決勝9連敗という長いトンネルをくぐり抜けた錦織選手。久しぶりの優勝に関して「何よりも嬉しいのは、内容を伴ってどれもレベルの高い試合が出来たこと。そこで優勝できたことが自信になる。ただ、これ以上ないスタートだけれど、これがゴールではない。」とコメントしていました。
今季のツアー開幕戦を最高の形で終えた錦織選手、ぜひメジャー制覇も目指して欲しいですね。


一方、世界ランク5位の大坂なおみ選手は、準決勝で世界ランク27位・ウクライナのレシア・ツレンコ選手にセットカウント0-2で完敗。決勝進出はなりませんでした。
サーブで精彩を欠き、力んでミスを連発。格下で、昨年の全米オープン準々決勝では57分で勝利した相手に「勝たないといけない」という気持ちがプレッシャーになったようです。
試合後は「ある意味、優勝するより良い経験を積めた。価値あるレッスンだった」と語った大坂選手。昨シーズンが終わったあとは、肉体面の強化に取り組んできたということで、メンタルをさらに成長させて、今シーズンはさらに活躍してほしいですね。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 134 | 135 | 136 || Next»