ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

ベルリンマラソンで男子の世界記録更新!(2018/9/17)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 稀勢の里 2敗目を喫する 】

8場所連続休場からの復活をかける横綱・稀勢の里は、秋場所8日目の昨日、小結・玉鷲に押し出されて2敗となりました。6勝2敗で、後半戦8戦全勝の白鵬と鶴竜を追います。


第2位【 エンゼルス・大谷選手、日本人選手2人目の20ホーマーを記録 】

昨日行われたマリナーズ戦に指名打者で出場した大谷選手は、1回の第1打席で20号となるソロホームランを放ちました。日本人選手のMLBシーズン20本塁打は、松井秀喜さん以来2人目です。


第1位【 ベルリンマラソンで男子の世界記録更新! 】

今日はこちらの話題を取り上げました。



昨日行われたベルリンマラソンの男子で、リオ・デ・ジャネイロ・オリンピックの金メダリスト、ケニアのエリウド・キプチョゲ選手(33歳)が2時間1分39秒の世界新記録で2連覇を果たしました。これまでの記録は、同じケニアのデニス・キメット選手の2時間2分57秒で、なんと1分18秒もの更新。このほか、日本人の中村匠吾選手が2時間8分16秒で4位に入賞しています。


ベルリンマラソンは比較的記録の出やすい大会とは言われていますが、キプチョゲ選手は「このレースに充分備えてきた」というコメント通り、25キロ半ばで3人のペースメイカーが離脱した後も世界記録を上回るスピードが落ちることはなく、終盤ではペースを上げて走り切りました。世界で初めての2時間1分台の記録です。


今回の結果を受けて、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「キプチョゲの世界記録更新は異次元の記録更新。ペースメイカーがついて行けないレースなんて初めて見ました。今日は気温が高かったので、もう少し気候の条件が良ければさらに記録が伸びると思う。」とコメントしていたそうで、中西さんも「これはもしかしたら、東京オリンピックのマラソン競技でまさかの…!?いやでも、暑いから難しいかな…。でも、2時間を切れる可能性は出てきた、ということですよね。」とおっしゃっていました。


また、中西さんは「やっぱり、ここのところ注目されているのは靴ですよね。キプチョゲはいろんな靴を履いているようですが、基本的にはナイキなんです。【ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%】というものすごい靴が出てきて“厚底革命”なんて言われていますが…。今回はどの靴を履いたのかまだちょっと分からないんですけれど【ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント】という靴かもしれませんね。これも結構厚底なんですよ。だからこの“厚底革命”の勢いは止まっていないと思うんですけれど、またこれ、靴が売れますよね。だって、一緒のモデルを履いて走りたいランナーはたくさんいるでしょうし。まぁ、この靴の機能に負けない走り方が出来るか…ということもあるでしょうけど。これはこのあとも楽しみですね!」とおっしゃっていました。


大坂なおみ選手、日本人初のグランドスラム制覇!(2018/9/10)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 村田修一選手、現役引退 】

横浜ベイスターズ、読売ジャイアンツで活躍した村田修一内野手が、BCリーグ栃木ゴールデンブレーブスの最終戦に4番サードでスタメン出場。試合後のセレモニーで現役引退を発表しました。昨年、巨人を戦力外となった村田選手はプロ野球界復帰を目指し、栃木に入団。登録期限の7月31日まで待ちましたが、声はかかりませんでした。


第2位【 エンゼルス・大谷、日本人メジャー1年目最多の19号! 】

日本時間で土曜日に行われたホワイトソックス戦に5番DHで先発出場した大谷選手は、19号となる逆転3ランを放ち、5-2の勝利に貢献しました。これで大谷選手のホームラン数は、2006年にマリナーズに在籍した城島健司選手の18本を抜き、日本人選手1年目の最多記録を更新しています。


第1位【 大坂なおみ選手、日本人初のグランドスラム制覇! 】

今日はこちらの話題を取り上げました。



今日はニューヨークで全米オープンを取材されている、フリーライターの内田暁さんに電話でお話を伺いました。


中西:実際に会場で決勝戦をご覧になった感想はいかがでしたか?


内田さん:そうですね。色んな意味で本当にスゴイものを見せてもらったかな、という印象でした。試合後に現地の記者の方ともお話ししたんですが、本当に色んな意味で記憶に残る試合だったと思います。


中西:現地の方はこの試合についてどんな風におっしゃっていますか。


内田さん:そうですねぇ…いろいろハプニングがあった試合ですが、セリーナ・ウィリアムズという女子テニスの歴史に名を残す名選手が、出産を終えてコートに戻ってきて、地元・ニューヨークの試合で「とにかく勝ちたい!」という、ひょっとしたら彼女にとって最後のグランドスラムになるかもしれない試合で、新しい世代・20歳の大坂選手が勝ったというのが、テニスの新しい時代の幕開けになるかもしれない、という受け止め方も非常に強く感じました。


中西:今回、セリーナはコート上でかなり激しい抗議をしたじゃないですか。それについてはどう思われましたか?


内田さん:実はセリーナは過去にも何回か、全米オープンで熱くなって、審判に抗議をしたり…ということがあったんです。彼女は本当に「とにかく全米オープンで勝ちたい」」という気持ちが強いばっかりにああいう風になるんだろうなぁ、と。それから、大坂選手はセリーナが絶対取りたかったであろうゲームを取ったんですね。彼女自身も絶対にそのゲームはとらなければならないと思っていて、そのゲームに集中した。それに対して、セリーナはそのプレッシャーに耐えられなくなっていた…というのがあるので、アクシデントではあるのですが、大坂選手がそれを引き出したという側面もあるんです。


中西:僕は大坂選手の試合後のインタビューがとても印象的だったんですが、彼女のあのコメントに観衆が惹きつけられたと思いますか。


内田さん:そうですね。まず、会場の観客がブーイングをしていたのは大会の運営サイドに対してだったと思うんですが、それに対してあの大坂選手のあまりにピュアなコメント、それから涙を見て、会場全体が「自分たちは何てことをしてしまったんだ」という空気があの瞬間に流れました。そこからはもう温かい雰囲気になりましたし、私が試合を見ていた前の部分には一般の方が座っていらしたんですが、その方がこちらを振り返って「おめでとう」と言ってくれたりと、あそこを境に会場の空気が変わったというのは感じましたね。


新生日本代表メンバー発表!(2018/9/3)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 ジャカルタ アジア大会閉幕! 】

東京オリンピック前、最後のアジア大会が昨日閉幕しました。今大会、日本のメダルは金「75」銀「56」銅「74」の計「205」。金メダルとメダルの総獲得数は中国に次いで2位。金メダルは1966年バンコク大会に次ぐ数です。なお、今大会のMVPには6個の金メダルを獲得した競泳女子の池江璃花子選手が選ばれています。


第2位【 アジア大会サッカー 女子優勝・男子準優勝! 】

アジア大会のサッカーは、女子が決勝で中国に1-0で勝利。2大会ぶり2度目の金メダルを獲得。U-21で出場した男子はU-23の韓国に1-2で敗れて準優勝。日本は0-0で突入した延長前半に2失点。延長後半で1点を返しましたが、追いつくことは出来ませんでした。


第1位【 ジャカルタでアジア競技大会開幕! 】

今日はこちらの話題を取り上げました。



ロシアW杯が終わって、森保新監督が就任後初の日本代表の試合が、今週末と来週に行われます。
・9月7日(金)チリ戦/札幌ドーム
・9月11日(火)コスタリカ戦/吹田スタジアム
そのメンバーが8月30日に発表されました。W杯ロシア大会の主要メンバーは招集を見送られ、17人のメンバー入れ替えがありました。これに関して、中西さんはこうおっしゃっています。


ヨーロッパのリーグが開幕したところですので、チームが変わったばかりの選手や、もともとある程度実力のある選手は選んでいない、という状況ですね。代わりに海外で活躍する若手が何名も招集されています。例えば、ドイツ ハンブルガーSVのMF 伊藤達哉!彼はサイドアタッカーなんですけれどドリブルに切れ味があって、あわよくば前回のロシア大会で選ばれても…と言われていた選手ですから、ポジション的には中島翔哉選手ともかぶりますが、彼も今回選ばれましたからね。こう見てみると、今回選ばれた選手はW杯ロシア大会であまり出場機会に恵まれなかった選手や年齢的にまだ若い選手、といったところでしょうか。それプラス、W杯にケガなどで出場できなかった選手を救おうと。そんな中で唯一救われなかったのが久保裕也選手だと思うんです。久保選手はドイツのニュルンベルクに移籍したんですよね。移籍したばかりなので、今はまだレギュラーの座をつかみ取るためにチームでの練習が重要な時間となるので、今回はそちらの方を優先した、と僕は見ていますね。


それ以外の若い選手でいうと、オランダ・フローニンゲンの堂安律選手。左利きの選手なんですけれど、フローニンゲンで非常に結果を出していますし、あとはベルギー・シントトロイデンの富安健洋は非常に期待される選手で、今後は吉田麻也選手の跡を継いでいくような選手になっていって欲しいですね。あとは、けが人が出たことによって代わりに入った2人の選手。横浜Fマリノスの天野純選手、この選手も左利きの選手で、いまマリノスで試合に出て非常に活躍していますけれど、フリーキックの質も非常に高いですし、左利きというのはやっぱり武器になると思います。もうひとりの守田英正選手は、中村憲剛選手や大島僚太選手というすごい先輩のもとでプレーしていて、もともとは守備が注目された選手なんですけれど、攻撃的な部分でもボールをつなぐ場面で力を発揮できるので、このふたりの活躍も楽しみですね。


いよいよ指導する森保ジャパン。まずは、金曜日のチリ戦での新生日本代表の活躍を楽しみにしましょう!


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 128 | 129 | 130 || Next»