ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

鹿島アントラーズ、悲願のACL優勝!(2018/11/12)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 J1 川崎フロンターレが2連覇 】

J1は第32節が各地で行われ、首位の川崎フロンターレがセレッソ大阪との試合に敗れたものの、2位の広島も仙台に負けたため、2試合を残して優勝を決めました。勝ち点差最大13をひっくり返し、逆転で2連覇達成です。


第2位【 錦織圭、ATPツアーファイナルでフェデラー撃破 】

ロンドンで始まったATPツアーファイナル1次リーグB組、世界ランク9位の錦織圭選手は、世界ランク3位のロジャー・フェデラー選手との第1戦、7-6、6-3のストレート勝ちでスタートを切りました。フェデラー選手に対する勝利は4年ぶり3度目です。第2戦では、世界ランク6位の南アフリカ アンダーソン選手と対戦予定。ちなみに過去の対戦成績は錦織選手の5勝3敗です。


第1位【 鹿島アントラーズ、悲願のACL優勝 】

今日は、こちらの話題をピックアップしました。以下、中西さんのコメントです。



今日は番組で、皆さんが週末一番注目したスポーツについてお伺いしていますが、こんなメールが届いています。
「週末はスポーツの話題が盛りだくさんでしたが、そんな中鹿島アントラーズのACL優勝は素晴らしかったです。アウェーに乗り込んでの試合でしたが、見事なプレーを展開しました。来月のクラブワールドカップでも優勝を目指して欲しいです!」ということで、初メールありがとうございます。


鹿島アントラーズがついにアジアを制覇しました。アントラーズは今回20冠めなんですけれど、国内の3大タイトルの優勝回数を見ても、J1リーグ×8回、Jリーグカップ×6回、天皇杯×5回はいずれも最多記録で、さらに20冠めがアジアチャンピオンズリーグの優勝!サポーターの皆さん、関係者の皆さん、本当におめでとうございます。


まず、今回は日程が本当にタイトだったので、この辺りは今後の課題だと思いますが、よくこの厳しい日程の中、優勝してくれました!
で。これによって、12月にUAEで行われるクラブワールドカップへの出場も決定!ということで、実は僕も試合を生で観ていまして、イランのスタジアムで10万人の相手サポーターがいて、ブブゼラがバンバン鳴っている…という超アウェーな状況の中、選手たちは本当に落ち着いていましたね。


で。優勝が決まって、カップがキャプテンマークを巻いていた昌子選手に授与されたんですけれど、昌子選手はそれを小笠原選手に渡したんですよ!それがもう、素晴らしいなぁと思って。で、クラブレジェンドの小笠原選手がそれを頭上に掲げて…感動しましたね。
スタジアムにいたイランのサポーターたちも、表彰式ではすごく紳士的な対応で、鹿島の選手を称えてくれました。そのことも僕はすばらしい光景だな、と思いましたね。


そして、12月に行われるクラブワールドカップ。鹿島の初戦はメキシコのグアダラハラなんですが、それに勝つと次の相手はレアルマドリード!これもまた楽しみじゃないですか!!


ソフトバンクホークス 2年連続日本一!(2018/11/5)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 畑岡奈紗、米ツアー2勝目! 】

畑岡奈紗選手が、日本で行われた米女子プロゴルフ協会公式戦「TOTOジャパンクラシック」を通算14アンダーで逆転優勝し、6月の「アーカンソークラシック」に続き2勝目を挙げました。米ツアーの同じ年での複数回優勝は、2016年の野村敏京選手以来2人目です。


第2位【 ACL決勝 鹿島アントラーズが先勝 】

アジア・チャンピオンズリーグの決勝、ホームアンドアウェー方式で行われる決勝第1戦が先日行われました。初優勝と、昨年優勝の浦和に続く2年連続で日本チームとしてのタイトルを狙う鹿島アントラーズは、ホームでイランのペルセポリスを迎え、2-0で先勝しました。第2戦は日本時間の11日にテヘランで行われます。


第1位【 ソフトバンクホークス 2年連続日本一 】

今日は、こちらの話題をピックアップしました。



まずは、ソフトバンクホークスファンの皆さんおめでとうございます!そして、選手に監督、スタッフの方々もおめでとうございます。
広島東洋カープとソフトバンクホークスの対戦となった2018年の日本シリーズは、土曜日に行われた第6戦にソフトバンクが2-0で広島を下し、通算4勝1敗1引き分けで日本一となりました。


まぁ本当に激しく競り合った、しびれる日本シリーズだったと言って良いんじゃないですかね。第1戦から延長の末、引き分けでしたから。そのあと広島が1勝を挙げましたが、ヤフオクドームに戻ってからのソフトバンクは強かった!僕が印象的だったのは第5戦、4-4で延長10回にソフトバンクの柳田選手がサヨナラホームランを打ったんですけれど、バット折れてましたからね!


結果、ソフトバンクは2年連続の日本一で、パ・リーグのチームが6年連続で日本シリーズを制覇しています。かつて「人気のセ」「実力のパ」と言われた時代もありましたが、現在もそんな状況なのでしょうか…?
これを牽引しているのはソフトバンク。この10年間で5回の日本一に輝いていて、チーム作りに成功しているということでしょう。


で、工藤監督は就任4年目で3度目の日本一。すごいな、4年で3回!僕は昔、工藤さんと一緒に番組をやっていたので、優勝したときなんかに「おめでとうございます!」ってメッセージを送ると、ちゃんと「ありがとうございます!」って丁寧な返信が来るんです。そういうメッセージをどれだけの人に返しているんだろう、って思いますけれどね(笑)
監督はやっぱり、選手の気持ちを上手く捉えながらやっていかないと難しいところがあって、例えば内川選手に送りバントを指示したときにも、成功した内川選手を帽子を取って迎えていたりとかね。内川選手はソフトバンクに入団してから1度も送りバントをしたことがなかったそうなんですよ。


そして、その前2回のソフトバンクの日本一は、元西武の秋山監督だったんですけれど、やっぱり西武の黄金期はすごかったんですね。今年のパ・リーグ王者、西武の辻監督もやはり元西武ですし、2008年には渡辺久信監督が西武を日本一に導いています。やっぱりあの頃の西武はすごかった!


今回のMVPはソフトバンク、25歳のキャッチャー・甲斐拓也選手。今シーズン盗塁リーグ1位の広島に対して、12球団1位(4割4分7厘)の盗塁阻止率だった甲斐選手は、日本シリーズ記録となる6連続盗塁阻止。
甲斐選手は育成ドラフト6位だったんですよ。やっぱりソフトバンクは3軍まであって、選手を育てるための環境が出来上がっているのが大きいかな、と思いますね。


リポビタンD チャレンジカップ2018 キックオフ!(2018/10/29)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 湘南ベルナーレ ルヴァン杯優勝 】

国内サッカーの三大タイトルの1つ「YRC ルヴァン・カップ」決勝戦が土曜日に埼玉スタジアムで行われ、ベルマーレ湘南が横浜F・マリノスに1-0で勝ち、初優勝しました。湘南は前半36分に杉岡が遠目から左で決めて先制。後半は全員が身体を張って守りきり、チームが湘南ベルマーレとなってから、初のタイトルを手にしました。


第2位【 日本人2人目のNBAプレイヤー誕生 】

アメリカのプロバスケットボールNBAのグリズリーズに所属する渡辺雄太選手が、2004年の田臥勇太選手以来となる、日本人選手2人目のNBAデビューを果たしました。渡辺選手はアウェーのフェニックス・サンズ戦で初めてベンチ入りを果たし、最終第4クオーター残り4分31秒、111-86でコートへ。そのまま試合終了までプレーし、フリースローによる2得点と2本のリバウンドを記録しました。高い守備力とシュート力を持つ、身長203センチの24歳。今後は、田臥選手が果たせなかったNBA定着を目指します。


第1位【 ラグビー国際親善試合 日本 vs ニュージーランド戦、今週末開催! 】

今日は、こちらの話題をピックアップしました。



来年9月20日に始まる「ラグビーワールドカップ 2019」日本大会。開幕まで1年を切りました。
今はチーム作りが進んでいますが、11月3日には「リポビタンD チャレンジカップ2018」日本代表 vs ニュージーランド代表の試合が行われます。そこで今日は、スポーツジャーナリストで日体大准教授、「ラグビーワールドカップ2019」組織委員会広報戦略長も務めた松瀬学さんに、ラグビー日本代表の現在位置について伺いました。


中西:松瀬さん、おはようございます!ジェイミー・ジョセフ氏がヘッドコーチに正式就任してから2年。チーム作りは順調に進んでいますか?


松瀬さん:これは順調でしょうね。


中西:「ジェイミー・ジャパン」は、前回のW杯で世界を驚かせた「エディー・ジャパン」と比較して、どのようなチームになっていますか?


松瀬さん:チーム力、特に個人個人の力はアップしていると思いますね。これはなぜかというと、国内のトップリーグのレベルが上がったことと、日本代表クラスの選手が「スーパーラグビー」という強いリーグで勝負しているということ。これらによって経験値が上がった、というのが非常に大きいですね。


中西:今年のテストマッチは、6月にイタリアと2試合、ジョージアと1試合があって、イタリアには34-17、22-25で1勝1敗、ジョージアには28-0で勝利。そして、先週金曜日には世界選抜と戦い、28-31で敗れています。先週末の世界選抜との試合はどうでした?


松瀬さん:これはですね、1年前に日本代表が世界選抜と試合をしたときは完敗しているんですよ。それが今回は3点差ですから!序盤はやられたんですけれど、後半の追い上げはこれまでにはないもので、これは自信を持っていいところですね。


中西:今回は土曜日のニュージーランド戦に始まり、その後はヨーロッパを遠征してイングランド、ロシアと試合を行います。土曜日に対戦するニュージーランドは、今月発表された最新の世界ランキングで1位。先週金曜日には日本で、世界ランク7位のオーストラリアと対戦しました。こちらは前回のワールドカップ決勝と同じカード。結果は37-20でニュージーランドが勝利しました。いまやっぱりニュージーランドは強いですか?


松瀬さん:強いですねぇ!私も土曜日の試合を観戦したのですが、オールブラックスはベストメンバーでした。で、何が強いかというと、個々のプレーはもちろん抜群なんですが、試合の「先を読む力」というんですか、これはサッカーでも同じだと思うんですが“危機管理能力”とか、個人個人の才能が全てチームプレーに向いているんですよね。次から次へと動いていくので、これはもう“ビューティフル”でした。


中西:日本代表はこのニュージーランド戦、どのようなゲームにしたいでしょう?


松瀬さん:オールブラックスはおそらく、若手主体のメンバーになるかと思いますが、今回はやはり繋いで、繋いでという形になるんじゃないでしょうか。


中西:分かりました!楽しみな試合になりそうですね。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 131 | 132 | 133 || Next»