ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

サッカーの話題、まだまだ続きます!(2018/12/10)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 アメリカでアメフト/野球の二刀流選手誕生か!? 】

週末、アメリカの大学フットボール年間最優秀選手賞が発表されました。受賞したのは、オクラホマ大学のQBカイラー・マレー選手。実はマレー選手、外野手として野球もやっています。6月に行われたMLBのドラフト会議で、なんとアスレチックスに1巡目で指名。5億2700万円の契約金で合意済み。今回の記者会見では「可能なら両方の競技をやりたい」と発言。アメリカ・プロフットボール、NFLの来年のドラフトで指名されるか?注目です。


第2位【 鎌田大地、トップと1点差に迫る10得点目 】

ブンデスリーガのフランクフルトから、ベルギーリーグのシントロイデンにレンタル移籍している鎌田大地選手。週末のスタンダール戦に9試合連続スタメン出場すると1ゴール。12試合目で10得点目は、トップに1差です。チームは現在4位。


第1位【 J1ジュビロ磐田、残留決定/浦和、天皇杯優勝 】

今日は、こちらの話題をピックアップしました。以下、中西さんのコメントです。



12月8日の土曜日に行われた「J1参入プレーオフ」は、J1リーグ16位の磐田がJ2リーグ戦6位で、プレーオフを1回戦から勝ち上がった東京ヴェルディに2-0で勝利し、J1残留を決めました。
試合後、磐田の名波監督は「最終節を終えてからは苦しい1週間だった。メンタル的に切り替えるのは難しかったが、選手はシーズンを通じて前を向いてくれたし、頑張ってくれた」と話しています。ただ「負けたら辞めていた」そうで、今後の進退については明言していません。「このゲームに至った責任は全て僕にある。少し時間をもらいたい」と話しています。
磐田は中村俊輔選手も今年で契約が切れるということで、名波監督が獲得した選手ですし今後を心配していらっしゃる方もたくさんいるでしょうね。


一方、11年ぶりのJ1昇格とならなかったヴェルディ。昨日、スペイン人のロティーナ監督の退任を発表しました。ロティーナ監督は就任2年間で、ヴェルディに心打たれるものがあったようで、チームの公式サイトで熱く、長いメッセージを発信しています。
最後は「これは“さよなら”ではなく“またね”です。私は遠くには行きません。どこにいても、偉大な東京ヴェルディファミリーと繋がり続けることを約束します。私の魂の一部は、あなた方と共にあります。」と結ばれています。


そして、今年はアジアカップなどの予定を考慮して、元日ではなく昨日に前倒しして行われた天皇杯決勝戦。J1同士の対決、浦和レッドダイヤモンズ 対 ベガルタ仙台が埼玉スタジアムで行われました。結果は1-0で浦和が勝ち、12大会ぶり7度目の優勝。これによって、鹿島アントラーズ、サンフレッチェ広島、川崎フロンターレ、そして浦和レッズがアジアチャンピオンズリーグへと駒を進めます。ぜひ3年連続の日本勢の優勝を期待したいですね。


速水氏は【 高輪ゲートウェイ 】をちょっとだけ擁護!?(2018/12/7)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年12月7日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。




第3位【 ジャルジャル 】

4640組がエントリーした今年の『M-1グランプリ』で、ラストイヤーとなったジャルジャルに注目が集まりました。





第2位【 霜降り明星 】

M-1グランプリ2018優勝は、霜降り明星でした!
霜降り明星はコンビ結成6年目、25歳と26歳でM-1史上最年少王者となりました。





第1位【 和牛 】

こちらも2日に行われた『M-1グランプリ2018』から。
3年連続2位となった、和牛が2位と2倍以上の差をつけ、ツイートでは断トツの1位となりました。
今週はお笑いの祭典『M-1グランプリ2018』に関するツイートが上位を独占しました。





この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードで14位になった【 高輪ゲートウェイ 】です。2020年に山手線の田町〜品川間に新しく開業する駅の名前が4日、『高輪ゲートウェイ駅』に決まりました。こちら、ネットでも様々な意見が飛び交っていますが、まずは東京の街の声です。





◆街の声

「珍しい名前だけどいいんじゃないの、すごくいい名前だと思います。ゲートブリッジがあるじゃない?そこから取ったのかなと思ったけどね(笑)」(男性)


「商業施設の名前なのかと思いました。ある意味新しいっすね…」(男性)


「目立ちたいのかな?と思いました」(女性)


「英語が入ろうが、日本語、漢字だろうがそれは別にグローバル社会なので、なんでもいいと思います」(男性)


「品川駅に高輪口というのもあって、高輪だけでも良かったんじゃないかとも思いますね」(女性)


「カタカナはいらなかったんじゃないかなと思う。高輪駅が公募で1位だったのに、130位とかのゲートウェイが選ばれるなら公募しない方がよかったんじゃないかな、自分たちで決めればよかったんじゃないかなと思います」(女性)



◆新参者には恐れ多い名前?

速水 ホントですよね、公募しなければよかったんじゃないかと思いますね。一番面白かったのが、男性の街の声の「グローバル社会なので何でもいいです」、これは非常にシニカルでいいコメントでした(笑)。ありがとうございます。ちなみに綿谷さんは、何かありますか?


綿谷 品川駅に高輪口があるじゃないですか。それを英語にすると、高輪ゲートウェイになるんですよね、そうすると、高輪ゲートウェイ駅との区別というか差別化が難しくなるというか、紛らわしいから、駅員さんの教育がすごく大切になってくるんだろうなって。


速水 高輪ゲートウェイのゲートウェイだよ!って言った場合にどっちを示すのかが全然わからないというね。


綿谷 そうそう、一瞬わからないじゃないですか。2つが違うものだということを知っていればわかるけど…。


速水 そもそも、その駅が連絡口になってゲートウェイになったりするわけでもないというところも指摘されています。まぁこうしたラジオ、テレビ、ニュース、新聞でも散々いじられていますね、“ダサい”とかね。ネットでもカタカナ駅名の大喜利が始まっていて、ひょっとしたら、みなさんちょっと食傷気味なんじゃないかなと思います。


僕はちょっと擁護したいかなと思うんですが、高輪で良いじゃないか!というのが街の声及び投票結果で圧倒的なんですけど、品川とか五反田とかね、すでに確固とした歴史もイメージもあるような駅に比べて、ドーンと同格で、高輪駅でござい!って、そんな新しい駅の誕生は偉すぎて乗れないんじゃないかと思っていて、いやぁ、私たち格下なんです〜ってね。僕はこれを駅のセカンドラインだと思っています。どういうことかというと、例えば、コシノミチコだったらミチコロンドンというセカンドラインのブランドがあったり、ジョルジオ・アルマーニに対してエンポリオとかコレッツィオーニとかね、ゲートウェイはエンポリオまではいってないと思うので、コレッツィオーニくらいな感じかと思うんですが。ちょっとそういうセカンドラインで、僕らはみなさんにちょっとずつ、ちょっとずつ追いつきたいので、ドーンといきなり高輪って言っちゃったらちょっと嘘になりますしね…みたいなね、実際に高輪はもうちょっと違う地域だったりするので、そんな、日本的な、なんていうのかな、上からではない遠慮気味な駅名として、ゲートウェイって付きます…みたいな感じなんじゃないでしょうかね(笑)。そう考えると、まぁいいっか、高輪って呼んでやってもいいよ!みたいな感じでね。


このご時世、いま何をやっても文句を言われますしね。大阪万博、ホント?みたいな、東京オリンピック、みんな賛成してる?みたいにね。投票で決めて、そもそも投票では負けてますけど…、何をやっても文句を言われる時代なので、下から行く、しかも、十分話題になったので、これは元を取ったんじゃないですか?という気もしなくもないです。ということで、今日は、ちょっとふざけ気味に高輪ゲートウェイをピックアップしてみました。みなさん、いかがでしょう、セカンドラインとして高輪ゲートウェイ駅、今後、お見知りおきを〜!




◆こんな問題もあっという間に解決!











◆非公式ゆるキャラそして先輩も!?








12月の注目作品はこちら!(2018/12/6)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


いよいよ師走。忙しい日々が続きますが
その先には“冬休み”というお楽しみが!
そこで今回は、12月に公開される注目映画をご紹介。
その前に、まずはいまヒットしている映画をチェック!
興行通信社調べ、先週末12月1日、2日の興行成績トップ3をご紹介!



第3位『 くるみ割り人形と秘密の王国 』(公開1週目)

チャイコフスキーのバレエ作品をベースにしたディズニー映画。18歳のマッケンジー・フォイが演じるヒロイン、クララは透明感がすごい!そして、ディズニーならではの圧倒的な映像美が新たな「くるみ割り人形」の世界を作り出しています。


第2位『 ボヘミアン・ラプソディ 』(公開4週目)

先月このコーナーでもご紹介した「ボヘミアン・ラプソディ」伝説のバンド、クイーンの結成秘話、そして栄光と苦悩を描きます。映画のハイライト「LIVE AID」で実際に行われたクイーンのステージはYouTubeでも観られますが、映画の大ヒットとともに、こちらも1億1千万ビューを突破したそうです!


第1位『 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 』(公開2週目)

「ハリー・ポッター」と同じ世界で展開される「ファンタビ」シリーズの第2弾が公開されました。アメリカの収容施設から脱獄した闇の魔法使い・グリンデルバルドに、主人公・ニュートと若きダンブルドアがともに立ち向かいます。「ハリー・ポッター」シリーズとのリンク具合も楽しめます!



以上、最新の全国映画動員ランキングトップ3でした。
そして、今日は12月に劇場公開される注目の2作品について、映画ライターのよしひろまさみちさんに伺いました。


中西:よしひろさん、おっはー!今回は12月公開の大作、そしてよしひろさんの注目作の2作品をご紹介いただきますが、まず1作目は?


よしひろ:はい。まず最初はレディ・ガガさんの初主演作としても話題の12月21日公開『アリー / スター誕生』です。
こちら、ガガさんが演じるのは“アリー”という歌手を夢見る女性なんですが、ちょっとルックスに自信がないんですよ。で、ちょっと夢を諦めそうになっているときに、有名なカントリー・ミュージシャンのジャクソンと偶然出会って、彼が彼女の才能を見出すんです。で、彼女はどんどんスターダムを駆け上がっていくんですが、一方のジャクソンはちょっと問題を抱えていて、どんどん没落していってしまう…というね。
で、これ実は4度目の映画化なんですが、古い方のバージョンを知っている人も知らない人も、どちらも楽しめる作品に仕上がっていると思います。


綿谷:私もこれ観てきたんですけれど、王道のシンデレラ・ストーリーとも言えるし、それがすごい良くて。書き下ろしの歌も本当に素晴らしくて、最後にふたりが一緒に曲作りをしているところを見せるの、あれずるいです。泣いちゃう〜!


よしひろ:あれは本当にずるいですよね(笑)。しかも、主演のブラッドリー・クーパーが監督も務めているんですけれど、まさかあのイケメンが監督も出来て、歌も歌えるなんて…天は二物も三物も与えるんですね、はいっ!(一同爆笑)


中西:さ、続いての注目作品は?


よしひろ:はい。『彼が愛したケーキ職人』という、先週の土曜日から全国順次公開となっている作品です。
こちらのストーリーは、ベルリンのカフェで働いているトーマスというケーキ職人と、イスラエルから出張でやってくる妻子ある男性・オーレンが恋に落ちます。…なんですが、ある日突然オーレンがトーマスへの連絡を絶ったと思っていたら、彼はイスラエルで交通事故で亡くなっていた、と。傷心のオーレンがエルサレムへ向かうと、そこではオーレンの妻がカフェの営業を再開したところで…というお話です。


綿谷:私これ昨日観てきたんですが、最初はちょっとほのぼのした展開もあるのかな、と思っていたら、全然!ですよね。もう大人向けで、普遍的な感情の移ろいもあるし、ドイツとイスラエルという微妙な国民感情とか、あとは宗教のしがらみや恋愛対象の性別とか、すごく今っぽいトピックも織り交ぜた作品でしたね。


よしひろ:そうですね。これは“LGBTQ”と呼ばれるセクシャル・マイノリティを描いた映画の部類には入るんですが、この映画が描いているのは超絶普遍的な“愛”の映画なんです。最愛の人を失ったとき、人はどうするかっていう…。なので、ひとりでも家族を失った経験のある方がこれを観たら、人ごとではないと思わされる作品です。ちょっとお子様には難しいかもしれませんが、大人の方はぜひ!


綿谷:“ほろ苦い”という言葉がぴったりな映画ですね。


よしひろ:そう、あとケーキ職人が作るケーキが異常にうまそうなんです(笑)。これも結構ポイント!


よしひろさんは年内にもう一度ご登場くださるそうです。次回の作品も楽しみですね!


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 667 | 668 | 669 || Next»